月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【海外】ジェプチルチルが女子単独世界新で優勝 ー 世界ハーフマラソン選手権


女子単独世界新記録で世界ハーフマラソン選手権を制したジェプチルチル(ケニア)。写真は昨年のさいたま国際マラソン

 10月17日にポーランド・グディーニャで行われた世界ハーフマラソン選手権の女子でP.ジェプチルチル(ケニア)が1時間5分16秒の女子単独レースでの世界記録を樹立して優勝を飾った。
 2016年の世界ハーフマラソン選手権で金メダル、翌年には男女混合レースでの世界記録(1時間5分06秒/当時)を樹立しているジェプチルチルは、序盤から先頭集団でレースを進め、10kmを30分47秒、15kmを46分24秒で通過。20km過ぎまでY.ヤレムゼルフ(エチオピア)やM.Y.ケジェタ(ドイツ)との競り合いを演じたが、ラストスパートで抜け出し、自身が9月に樹立したばかりの女子単独レースでの世界記録(1時間5分34秒)を更新した。男女混合レースを含めた世界記録は今年2月にA.イェシャネー(エチオピア)がマークした1時間4分31秒。
 2位のケジェタは1時間5分18秒、3位のヤレムゼルフは1時間5分19秒など、上位6人が1時間5分台で走るハイレベルなレースとなった。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com