月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【海外】19歳・キプリモが58分49秒の大会新で優勝/世界ハーフマラソン選手権

10月17日にポーランド・グディーニャで行われた世界ハーフマラソン選手権の男子は、19歳のJ.キプリモ(ウガンダ)が58分49秒の大会新記録で優勝。ウガンダにこの大会初のタイトルをもたらした。

キプリモは最初の5000mを14分20秒で通過。15kmから20kmまで13分37秒に上げ、ラストの1.0975kmは2分54秒でカバーし、K.カンディエ(ケニア)との競り合いを制した。

18年のU20世界選手権10000m2位など実績を持つキプリモ。今季は9月のダイヤモンドリーグ・ローマ大会3000mを7分26秒64の今季世界最高で制している。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com