HOME 駅伝、箱根駅伝

2020.10.17

【駅伝】箱根駅伝予選会 順大スーパールーキー・三浦が日本人トップ!! U20日本最高の快走、拓大・レメティキが全体1位
【駅伝】箱根駅伝予選会 順大スーパールーキー・三浦が日本人トップ!! U20日本最高の快走、拓大・レメティキが全体1位


箱根駅伝予選会で日本人トップを占めた順大の三浦龍司

 冷たい雨の中で行われた第97回箱根駅伝予選会。全体トップは拓大のラジニ・レメティキで1時間0分13秒。第96回大会の2区で区間2位タイと活躍した2年生が、力を見せた。

 外国勢が4位までを占めるなか、日本人トップ争いは白熱。序盤は注目のルーキー・吉居大和、森凪也ら中大勢が中心だったが、残り1周を前に混沌とし始める。後方から追い上げてきた集団に吸収され、大集団となったのだ。

 20kmを過ぎて筑波大の猿橋拓己がスパートする中、吉居とともに反応したのが順大の三浦龍司。猿橋をかわすとそのまま逃げ切り、1時間1分41秒(速報値)の5位でフィニッシュ。マラソンの日本記録を持つ大迫傑(Nike)が早大1年時に出したU20日本記録(1時間1分47秒、2009年)を上回った。

 予選会の1年生の日本人トップは86回大会の東海大・村澤明伸(現・日清食品グループ)以来だった。

 本職は3000m障害で、京都・洛南高校時代には高校記録(8分39秒37)を樹立。大学に入学してからも、7月に日本歴代2位・U20日本新・学生新記録となる8分19秒37をマークした逸材。初めてのハーフマラソンという距離にも見事に対応した。

三浦は「全然実感はないけど、記録が残ったのはうれしいです。初ハーフだけどこういう結果が出たので、これからも自信をもって取り組めそう。日本人トップ集団は見えていたので、最後に追いついていこうと落ち着いて走った。先輩についてリズムを作って走ることができたので、こういう結果がついてきたと思う。これから自分が順大を引っ張れるようにしていきたい」と話した。

箱根駅伝予選会で日本人トップを占めた順大の三浦龍司  冷たい雨の中で行われた第97回箱根駅伝予選会。全体トップは拓大のラジニ・レメティキで1時間0分13秒。第96回大会の2区で区間2位タイと活躍した2年生が、力を見せた。  外国勢が4位までを占めるなか、日本人トップ争いは白熱。序盤は注目のルーキー・吉居大和、森凪也ら中大勢が中心だったが、残り1周を前に混沌とし始める。後方から追い上げてきた集団に吸収され、大集団となったのだ。  20kmを過ぎて筑波大の猿橋拓己がスパートする中、吉居とともに反応したのが順大の三浦龍司。猿橋をかわすとそのまま逃げ切り、1時間1分41秒(速報値)の5位でフィニッシュ。マラソンの日本記録を持つ大迫傑(Nike)が早大1年時に出したU20日本記録(1時間1分47秒、2009年)を上回った。  予選会の1年生の日本人トップは86回大会の東海大・村澤明伸(現・日清食品グループ)以来だった。  本職は3000m障害で、京都・洛南高校時代には高校記録(8分39秒37)を樹立。大学に入学してからも、7月に日本歴代2位・U20日本新・学生新記録となる8分19秒37をマークした逸材。初めてのハーフマラソンという距離にも見事に対応した。 三浦は「全然実感はないけど、記録が残ったのはうれしいです。初ハーフだけどこういう結果が出たので、これからも自信をもって取り組めそう。日本人トップ集団は見えていたので、最後に追いついていこうと落ち着いて走った。先輩についてリズムを作って走ることができたので、こういう結果がついてきたと思う。これから自分が順大を引っ張れるようにしていきたい」と話した。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.26

男子1部は関大がV2! MVP該当者なしも「総合力を発揮し連覇を果たせたことは次につながる」/関西IC

◇第101回関西インカレ(2024年5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都、東寺ハウジングフィールド西京極) 関西インカレのT&Fの部の最終日が行われ、最後まで大激戦となった男子1部は昨年54年ぶりに総合優勝に […]

NEWS 110mH泉谷駿介はバランス崩し13秒33の7位 100m初出場の栁田大輝は8位/DLユージン

2024.05.26

110mH泉谷駿介はバランス崩し13秒33の7位 100m初出場の栁田大輝は8位/DLユージン

世界最高峰のダイヤモンドリーグ(DL)ユージン大会(米国・オレゴン州)が5月26日に行われ、男子110mハードルの泉谷駿介(住友電工)は13秒33(-0.1)の7位だった。 日本記録(13秒04)保持者で、昨年のブダペス […]

NEWS 田中希実が5000mでパリ五輪内定!!自己4番目の14分47秒69で参加標準突破/DLユージン

2024.05.26

田中希実が5000mでパリ五輪内定!!自己4番目の14分47秒69で参加標準突破/DLユージン

世界最高峰のダイヤモンドリーグ(DL)ユージン大会(米国・オレゴン州)が5月26日に行われ、女子5000mに田中希実(New Balance)が出場し、パリ五輪の参加標準記録(14分50秒00)を突破する14分47秒69 […]

NEWS P-T-Sミーティング・女子走幅跳で秦澄美鈴が2位 男子200m西裕大が3位/WAコンチネンタルツアー

2024.05.25

P-T-Sミーティング・女子走幅跳で秦澄美鈴が2位 男子200m西裕大が3位/WAコンチネンタルツアー

世界陸連(WA)コンチネンタルツアーシルバーのP-T-Sミーティングが5月24日、スロバキアのバンスカー・ビストリツァで行われ、女子走幅跳で秦澄美鈴(住友電工)が6m52(+0.3)で2位だった。 日本記録(6m97)保 […]

NEWS 女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

2024.05.25

女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

◇第101回関西インカレ(5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都) 関西インカレのT&Fの部最終日が行われ、競歩の男女混合リレーでパリ五輪代表に内定している柳井綾音(立命大3)が女子10000m競歩で44分21 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top