月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【海外】ハッサンが世界ハーフ欠場 今シーズン終了を表明


S.ハッサン(オランダ)が今シーズンの終了を表明した。17日にポーランド・グディーニャで行われる世界ハーフマラソン選手権にもエントリーしていたが、不出場を決意。当初の予定よりも早くオフシーズンに入る。短期間の休養を経て、東京五輪へ向けての準備に入るという。

10000mの欧州記録(29分36秒67=世界歴代4位)、1時間走での世界歴代最高記録(18930m)を樹立した今年のパフォーマンスについて「記録をとても誇りに思っている。これらの結果は、不確実な時期にも、自分の最高のポテンシャルを引き出すことはできるという信念を与えてくれた」と述べ、「今シーズンは短かったが、それまでの道のりは長かった。そのため、来年に向けて少し休憩して集中する。来年の五輪では、心身ともに最高の状態になりたいと思っている」とコメントしている。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com