月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【200m】津田伊万が21秒台連発で初タイトル/全国中学


◇全国中学生陸上(10月16日~18日/神奈川・日産スタジアム)初日

今年最初で最後となる中学生の全国大会である「全国中学生陸上大会2020」が開催され、初日の男子200mは津田伊万(金石中3石川)がただ1人の21秒台となる21秒84(+1.1)をマークして全国初タイトルを獲得した。

津田は予選から21秒97(-0.2)と大会前のベスト22秒09を更新すると、「スタートから思いっ切り走った」という決勝では、コーナーを抜けたところで長谷川輝(新発田一中3新潟)と並び、「最後はリラックスすれば行ける」と、競り合いを制した。大幅自己ベスト更新に「ビックリ」と笑顔を見せる津田。高校でも陸上を続けるようで「3年間で20秒台出したいです」と目を輝かせた。津田は昨年の全中にも100mと200mに出場し、200mでは準決勝に進出している。

2位の長谷川は6月にケガをしていたと話し、「諦めかけた時もありましたが、やってきたことが結果に出てよかった」と充実の表情を浮かべた。

女子200mは磯貝唯菜(浜松笠井中3静岡)が向かい風1.1mの中で24秒68の好タイムで制した。

また、日本選手権リレー・全国高校リレーが併催されており、高校の4×100mリレー予選が行われ、中京大中京(愛知)が男女とも好記録。男子が40秒07、女子が高校歴代7位の45秒46をマークして決勝に進出した。

■男子200m決勝(1.1)
津田 伊万(金石・石川)21.84
長谷川 輝(新発田一・新潟)22.18
田中 昊慈(防府桑山・山口)22.28
渡邉  慧(糸魚川・新潟)22.38
吉田 隼翔(河東・福岡)22.38
岩井 光大(高草・鳥取) 22.49
佐々木悠士(阿見AC・茨城)22.58
藤原 琉成(奥出雲仁多・島根)22.74



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com