月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【海外】強豪・ミネソタ大にもコロナ禍の影響 室内陸上は活動プログラム打ち切り


リオ五輪5000m8位のミードらを排出している強豪・ミネソタ大もコロナ禍の影響を受けている

米国・ミネソタ大学は新型コロナウイルス感染拡大の影響による財政難から、いくつかのスポーツ活動プログラムの打ち切りを検討し、陸上競技もその対象であったが、9日の評議員会投票で屋外の陸上競技は存続、室内の陸上競技は打ち切りの決定が下された。体操、テニス、室内の陸上、屋外の陸上(いずれも男子)の4つのスポーツ活動のプログラムが評議会の投票を経て廃止されると発表されていたが、投票の結果屋外の陸上だけは継続されることになった。

現地メディアは「誰も喜ばない妥協の決定」とし、室内の陸上の選手は屋外の選手と重複するため、室内陸上の活動を打ち切ることによるコスト削減の効果はかなり少ないものと批判的に報じている。ミネソタ大学出身で、16年リオ五輪男子1500mに出場し現在はオレゴントラッククラブに所属するB.ブランケンシップも、自身のインスタグラムで遺憾の意を表した。ミネソタ大学は16年リオ五輪に男子5000mで8位入賞したH.ミードなど、1924年のパリ五輪以来多数の五輪選手を輩出している。

タグ:



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com