HOME 中学

2024.07.06

NEWS
女子100m・三好美羽が11秒57!! 中学記録を14年ぶりに0.04秒更新! 6月の日本選手権では準決勝進出
女子100m・三好美羽が11秒57!! 中学記録を14年ぶりに0.04秒更新! 6月の日本選手権では準決勝進出

24年日本選手権女子100mで準決勝に進出した三好美羽

7月6日、広島市のホットスタッフフィールド広島で第70回全日本中学通信陸上の広島大会が行われ、3年女子100mで三好美羽(神辺西3広島)が11秒57(+2.0)の日本中学記録を樹立した。

従来の中学記録は2010年の全中で土井杏南(朝霞一・埼玉/現・JAL)が樹立した11秒61で、これを14年ぶりに0.04秒塗り替えた。この記録はU18日本歴代でも3位タイで、今季のU18世界ランキングでは19位に相当する。

三好は小学生時代から12秒台をマークし、全国小学生交流大会は2位。中学に進学してからも1年でU16陸上を制したほか、昨年の全中では2位という成績を残している。

24年に入ってからますます勢いが加速し、2月の日本室内陸上大阪大会ではU16の部の60mでU18室内アジア最高となる7秒42で優勝。4月には100mで自己新となる11秒79を出すと、6月末に行われた日本選手権では社会人や大学生を相手に予選を突破し、準決勝進出を果たしていた。

この日は予選で11秒60(+2.6)と追い風参考ながら土井の記録を上回るタイムを出し、風速が公認ぎりぎりの追い風2.0mに収まった決勝で快挙を成し遂げた。

この結果により、三好は8月に福井全中の標準記録を突破。まだ手にしていない中学のタイトルを目指していく。

7月6日、広島市のホットスタッフフィールド広島で第70回全日本中学通信陸上の広島大会が行われ、3年女子100mで三好美羽(神辺西3広島)が11秒57(+2.0)の日本中学記録を樹立した。 従来の中学記録は2010年の全中で土井杏南(朝霞一・埼玉/現・JAL)が樹立した11秒61で、これを14年ぶりに0.04秒塗り替えた。この記録はU18日本歴代でも3位タイで、今季のU18世界ランキングでは19位に相当する。 三好は小学生時代から12秒台をマークし、全国小学生交流大会は2位。中学に進学してからも1年でU16陸上を制したほか、昨年の全中では2位という成績を残している。 24年に入ってからますます勢いが加速し、2月の日本室内陸上大阪大会ではU16の部の60mでU18室内アジア最高となる7秒42で優勝。4月には100mで自己新となる11秒79を出すと、6月末に行われた日本選手権では社会人や大学生を相手に予選を突破し、準決勝進出を果たしていた。 この日は予選で11秒60(+2.6)と追い風参考ながら土井の記録を上回るタイムを出し、風速が公認ぎりぎりの追い風2.0mに収まった決勝で快挙を成し遂げた。 この結果により、三好は8月に福井全中の標準記録を突破。まだ手にしていない中学のタイトルを目指していく。

女子100m中学歴代10傑

11.57 2.0 三好美羽(神辺西3広島)   2024. 7. 6 11.61 0.8 土井杏南(朝霞一3埼玉)   2010. 8.23 11.73 1.8 竹内彩華(御影3兵庫)    2005. 7.28 11.73 1.3 野林祐実(桜木3熊本)    2010.10. 2 11.77 0.9 ロス瑚花アディア(駒沢3東京)2021.10.22 11.79 1.1 金子朋未(大谷3埼玉)    1991. 8.21 11.79 0.7 鈴木くるみ(上富良野3北海道)2016.10.29 11.80 1.1 寺平祈愛(木祖3長野)    2022. 8. 3 11.82 1.1 鈴木咲子(七飯大中山3北海道)1991. 8.21 11.86 1.8 田路遥香(中大附3東京)   2016. 8.24 11.86 1.2 佐藤俐有(田原東部3愛知)  2021. 8. 7

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.13

編集部コラム「あの景色を忘れない」

毎週金曜日更新!? ★月陸編集部★ 攻め(?)のアンダーハンド リレーコラム🔥 毎週金曜日(できる限り!)、月刊陸上競技の編集部員がコラムをアップ! 陸上界への熱い想い、日頃抱いている独り言、取材の裏話、どーでもいいこと […]

NEWS 男子主将の飯塚翔太 意外にも人生初キャプテン「引っ張るより若手に交じって」

2024.07.12

男子主将の飯塚翔太 意外にも人生初キャプテン「引っ張るより若手に交じって」

パリ五輪を間近に控える7月12日、日本陸連がTEAM JAPAN結団式をオンラインで開き、男女の主将も発表。男子200mの飯塚翔太(ミズノ)、女子やり投の北口榛花(JAL)がそれぞれ選ばれた。 結団式を終え、飯塚が報道陣 […]

NEWS パリ五輪日本代表主将は男子・飯塚翔太、女子・北口榛花!総勢55名で世界に挑む

2024.07.12

パリ五輪日本代表主将は男子・飯塚翔太、女子・北口榛花!総勢55名で世界に挑む

パリ五輪を間近に控える7月12日、日本陸連がTEAM JAPAN結団式をオンラインで開いた。 冒頭で山崎一彦・強化委員長は「みなさんはしっかり準備をして全身全霊で競技をするだけ。われわれコーチ陣、スタッフは全力でサポート […]

NEWS “中学日本一決定戦” 福井全中のライブ配信が決定! 4日間の熱戦をYouTubeで

2024.07.12

“中学日本一決定戦” 福井全中のライブ配信が決定! 4日間の熱戦をYouTubeで

8月17日から21日に、福井市で行われる第51回全日本中学校選手権(全中)をYouTubeでライブ配信することを大会主催者が発表した。 全中は毎年8月に中学生の日本一を決定する大会として開催され、今年は福井市の福井県営陸 […]

NEWS 全中2027年大会から男子400mと男子3000mを廃止し、女子棒高跳や男女円盤投の実施を検討 ターゲットナンバー導入も

2024.07.12

全中2027年大会から男子400mと男子3000mを廃止し、女子棒高跳や男女円盤投の実施を検討 ターゲットナンバー導入も

毎年夏に開催される全中(全国中学校体育大会/全日本中学校陸上競技選手権大会)について、日本中学校体育連盟陸上競技部は2027年大会から実施種目を変更し、現行から男子400mと男子3000mを廃止するとともに、女子棒高跳と […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top