HOME 高校

2024.06.17

ルーキー髙城昊紀が110mH高1歴代最高14秒07 木原万里花スプリント4冠 熊本工4×400mR3分12秒58/IH南九州
ルーキー髙城昊紀が110mH高1歴代最高14秒07 木原万里花スプリント4冠 熊本工4×400mR3分12秒58/IH南九州

24年インターハイ南九州地区大会男子110mHで優勝した髙城昊紀

◇インターハイ南九州地区大会(6月13~16日/宮崎・県総合運動公園)4日目

福岡インターハイの出場権を懸けた南九州大会の4日目(最終日)が行われ、男子110mハードルは髙城昊紀(宮崎西1)が高1最高記録、大会新記録となる14秒07(+0.5)で優勝した。

宮崎県大会で14秒13の高1最高タイ記録をマークした髙城の勢いが止まらない。準決勝で再び14秒13(-0.4)を出して大会記録を塗り替えると、決勝ではさらに0.06秒更新した。昨年の全中を中学新記録で制したルーキーはその強さをまたも披露。2位には先輩の田村英大(3年)が自己ベストの14秒32で食い込み、宮崎西勢がワン・ツーフィニッシュを果たした。

また、女子100mハードルも1年生の楠田ゆうな(鹿児島女)が14秒41(-0.5)で優勝している。

女子200mは木原万里花(宮崎北3)が25秒16(-3.1)で1位。木原はアンカーを務めた4×400mリレーも3分50秒87で優勝に貢献し、2日目の100mと4×100mリレーと合わせてスプリント4冠を達成した。

男子4×400mリレーは、序盤からリードした熊本工(熊本)が3分12秒58でV。上位5人が45m以上をマークした男子円盤投は塚田駿輔(鹿児島南3)が48m92で制し、2位には後輩の濵田琉輝(鹿児島南2)が47m46で続いた。

女子走高跳では西川雛羽(鹿児島2)は1m67で2連覇。女子3000mは上柳凜(宮崎日大3)が9分26秒06で制した。

学校対抗総合は男子が93点を挙げた鹿児島南、女子は71点の鹿児島が優勝した。

全国インターハイは7月28日から8月1日に福岡・博多の森陸上競技場で開催。各地区大会上位6位までが出場する(※男女競歩は5位、女子棒高跳、女子三段跳、女子ハンマー投は4位まで、混成は3位+各地区4~6位の記録上位5名)。

◇インターハイ南九州地区大会(6月13~16日/宮崎・県総合運動公園)4日目 福岡インターハイの出場権を懸けた南九州大会の4日目(最終日)が行われ、男子110mハードルは髙城昊紀(宮崎西1)が高1最高記録、大会新記録となる14秒07(+0.5)で優勝した。 宮崎県大会で14秒13の高1最高タイ記録をマークした髙城の勢いが止まらない。準決勝で再び14秒13(-0.4)を出して大会記録を塗り替えると、決勝ではさらに0.06秒更新した。昨年の全中を中学新記録で制したルーキーはその強さをまたも披露。2位には先輩の田村英大(3年)が自己ベストの14秒32で食い込み、宮崎西勢がワン・ツーフィニッシュを果たした。 また、女子100mハードルも1年生の楠田ゆうな(鹿児島女)が14秒41(-0.5)で優勝している。 女子200mは木原万里花(宮崎北3)が25秒16(-3.1)で1位。木原はアンカーを務めた4×400mリレーも3分50秒87で優勝に貢献し、2日目の100mと4×100mリレーと合わせてスプリント4冠を達成した。 男子4×400mリレーは、序盤からリードした熊本工(熊本)が3分12秒58でV。上位5人が45m以上をマークした男子円盤投は塚田駿輔(鹿児島南3)が48m92で制し、2位には後輩の濵田琉輝(鹿児島南2)が47m46で続いた。 女子走高跳では西川雛羽(鹿児島2)は1m67で2連覇。女子3000mは上柳凜(宮崎日大3)が9分26秒06で制した。 学校対抗総合は男子が93点を挙げた鹿児島南、女子は71点の鹿児島が優勝した。 全国インターハイは7月28日から8月1日に福岡・博多の森陸上競技場で開催。各地区大会上位6位までが出場する(※男女競歩は5位、女子棒高跳、女子三段跳、女子ハンマー投は4位まで、混成は3位+各地区4~6位の記録上位5名)。

インターハイ南九州大会優勝者一覧をチェック!

●男子 100m 山田蒼士(加治木2鹿児島)  10秒51(+3.1) 200m 狩集徠羽(鹿児島南3鹿児島) 21秒65(-1.9) 400m 金城篤哉(鹿児島南3鹿児島) 48秒16 800m 永田悠大(球磨工3熊本) 1分55秒38 1500m 藤井雄大(宮崎日大1宮崎) 4分01秒42 5000m 椙山一颯(九州学院3熊本) 14分17秒32 110mH 髙城昊紀(宮崎西1宮崎)  14秒07=大会新 400mH 平松希叶(鹿児島2鹿児島) 51秒98 3000m障害 城間大空(小林3宮崎) 9分07秒26 5000m競歩 楠岡史朗(慶誠3宮崎) 22分15秒86 4×100mR 鹿児島南(鹿児島)    40秒56 4×400mR 熊本工(熊本)       3分12秒58 走高跳 畝地雄大(鹿児島南2鹿児島) 1m99 走幅跳 藤森駿(都城泉ヶ丘2宮崎) 7m10(+2.2) 三段跳 有薗優乃介(宮崎工3宮崎) 14m25(+0.6) 棒高跳 結城咲翔(宮崎第一3宮崎) 4m60 砲丸投 奥間政和(那覇西3沖縄)  15m04 円盤投 塚田駿輔(鹿児島南3鹿児島) 48m92 ハンマー投 安達航琉(宮崎工3宮崎) 57m34 やり投 赤嶺勝永(那覇西3沖縄)  63m54 八種競技 三森咲大朗(宮崎工3宮崎) 5441点(追い風参考) 男子総合 鹿児島南(鹿児島) 93点 [adinserter block="4"] ●女子 100m 木原万里花(宮崎北3宮崎)   11秒81(+2.9) 200m 木原万里花(宮崎北3宮崎)   25秒16(-3.1) 400m 牛島未來(熊本商1熊本)    56秒10 800m 野口紗喜音(神村学園2鹿児島) 2分13秒93 1500m 野口紗喜音(神村学園2鹿児島) 4分24秒51 3000m 上柳凜(宮崎日大3宮崎)    9分26秒06 100mH 楠田ゆうな(鹿児島女1鹿児島) 14秒41(-0.5) 400mH 佃華月(鹿児島南3鹿児島)   60秒76 5000m競歩 東里穂(鹿児島3鹿児島) 25分18秒14 4×100mR 宮崎北(宮崎)       47秒02 4×400mR 宮崎北(宮崎)       3分50秒87 走高跳 西川雛羽(鹿児島3鹿児島)  1m67 棒高跳 志賀日向子(阿蘇中央3熊本) 3m60=大会新 走幅跳 喜久里彩吹(那覇国際3沖縄) 5m74(+0.4) 三段跳 喜久里彩吹(那覇国際3沖縄) 12m39(+1.3) 砲丸投 持永彩那(都城商3宮崎)   12m53 円盤投 松元美春(出水2鹿児島) 37m51 ハンマー投 椎葉七海(熊本国府3熊本)47m14 やり投 根間結花(那覇西3沖縄)   48m18 七種競技 吉澤菜々美(熊本商2熊本) 4103点 女子総合 鹿児島(鹿児島) 71点

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.18

お詫びと訂正(月刊陸上競技2024年8月号付録 福岡インターハイ完全ガイド)

月刊陸上競技2024年8月号別冊付録、福岡インターハイ完全ガイドの内容に一部誤りがございました。 ●5ページに掲載した久保凛選手(東大阪大敬愛2)の種目で、男子800mとなっていますが、正しくは女子800mです。以下に正 […]

NEWS 株式会社メディカル・コンシェルジュが東京世界陸上とスポンサー契約締結 医療で大会サポートへ

2024.07.18

株式会社メディカル・コンシェルジュが東京世界陸上とスポンサー契約締結 医療で大会サポートへ

東京2025世界陸上財団は7月18日、株式会社メディカル・コンシェルジュ(東京都)とスポンサー契約を結んだと発表した。契約期間は25年12月21日までで、プリンシパルサポーターとサポーターの2区分からなる「東京2025世 […]

NEWS U20世界選手権代表が決定!久保凛、落合晃、ドルーリー朱瑛里、西岡尚輝ら男女40名が選出

2024.07.18

U20世界選手権代表が決定!久保凛、落合晃、ドルーリー朱瑛里、西岡尚輝ら男女40名が選出

日本陸連は7月18日、ペルー・リマで開催されるU20世界選手権の日本代表選手を発表。女子800mで1分59秒93の日本新記録を樹立した久保凛(東大阪大敬愛高2)、男子800m日本選手権覇者の落合晃(滋賀学園高3)ら男子2 […]

NEWS 110mH村竹ラシッド パリ五輪の決勝で勝負!DLなど経験し「実力を発揮できるようになってきた」

2024.07.18

110mH村竹ラシッド パリ五輪の決勝で勝負!DLなど経験し「実力を発揮できるようになってきた」

男子110mハードルの日本記録保持者でパリ五輪代表の村竹ラシッド(JAL)が、練習拠点としている母校・順大で練習を公開した。 日本選手権を初優勝して初五輪を決めた村竹。その後はダイヤモンドリーグ(DL)パリ大会に出場し、 […]

NEWS 三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

2024.07.18

三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

夏の北海道を舞台とする中長距離のレースシリーズ、ホクレン・ディスタンスチャレンジ(DC)の第4戦深川大会が7月17日に開催され、男子3000m障害の日本記録(8分09秒91)保持者でパリ五輪代表の三浦龍司(SUBARU) […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top