月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【今日は何の日?】中田有紀が七種競技で初の5800点超え(2001年)


気まぐれに陸上界の歴史を振り返る!
「今日はの日?」

2001年10月6日、7日に行われた日本選抜混成・女子七種競技で、中田有紀(当時・東海デカスロン、現・日本保育サービス)が5862点の日本新記録を樹立。日本女子初の5800点超え。その前年の6月に5642点の日本新を樹立。01年6月には佐藤かよ子(日本製作所土浦)に塗り替えられていたものを奪還した。実はその前年6月に痛めた左足首が剥離骨折しており、12月に手術。ケガ、リハビリを乗り越えて、10月に日本新だった。

中田は04年に日本記録を5962点まで更新し、アテネ五輪ではこの種目初のオリンピアンになった。それから19年経った現在、歴代10傑には5800点以上が中田を含め4人に。43歳になった中田は、今も日本が誇る「クイーン」として現役を続けている。(写真は2018年日本選手権)



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com