月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【駅伝】駿河台大・徳本監督「やりがいのある1年」 オンライン発表会で手応え明かす


「液体塩こうじを使った定番アスリートごはん」オンライン記者発表会に出席した駿河台大駅伝部の徳本一善監督(左)。右はハナマルキ取締役兼マーケティング部長の平田伸行氏

 味噌・醸造製品メーカーであるハナマルキは10月6日、同社ウェブサイトに「液体塩こうじを使った定番アスリートごはん」を公開。そのオンライン記者発表会に出席した駿河台大駅伝部の徳本一善監督は「『箱根(駅伝)に行くんだ』という思いが初めて選手の中から生まれた。監督としてはやりがいのある1年間だったなと思う」と11日後に迫った箱根駅伝予選会に向けての手応えを口にした。

 「液体塩こうじを使った定番アスリートごはん」は、徳本監督と管理栄養士である妻・梨江さんが監修し、スポーツをする人に向けた食事メニューとレシピを紹介。徳本監督は以前から塩こうじを愛用しており、箱根駅伝初出場を目指す駿河台大駅伝部にハナマルキが共感して企画が実現した。

 予選会を直前に控えて「内心、気が気ではない」と明かす徳本監督は「企業とのタイアップによって学生スポーツは盛り上がっていくと思う。さらに関係を築いてチームを強くしたい」と話し、現在のチームについては「選手が選手を怒れるようになった。それだけ『箱根に行きたい』という熱、目的意識がある。最終的にはウチがベストを尽くせるかカギだと思う」と悲願達成を誓った。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com