HOME 駅伝、箱根駅伝

2020.10.06

【駅伝】駿河台大・徳本監督「やりがいのある1年」 オンライン発表会で手応え明かす
【駅伝】駿河台大・徳本監督「やりがいのある1年」 オンライン発表会で手応え明かす


「液体塩こうじを使った定番アスリートごはん」オンライン記者発表会に出席した駿河台大駅伝部の徳本一善監督(左)。右はハナマルキ取締役兼マーケティング部長の平田伸行氏

 味噌・醸造製品メーカーであるハナマルキは10月6日、同社ウェブサイトに「液体塩こうじを使った定番アスリートごはん」を公開。そのオンライン記者発表会に出席した駿河台大駅伝部の徳本一善監督は「『箱根(駅伝)に行くんだ』という思いが初めて選手の中から生まれた。監督としてはやりがいのある1年間だったなと思う」と11日後に迫った箱根駅伝予選会に向けての手応えを口にした。

 「液体塩こうじを使った定番アスリートごはん」は、徳本監督と管理栄養士である妻・梨江さんが監修し、スポーツをする人に向けた食事メニューとレシピを紹介。徳本監督は以前から塩こうじを愛用しており、箱根駅伝初出場を目指す駿河台大駅伝部にハナマルキが共感して企画が実現した。

 予選会を直前に控えて「内心、気が気ではない」と明かす徳本監督は「企業とのタイアップによって学生スポーツは盛り上がっていくと思う。さらに関係を築いてチームを強くしたい」と話し、現在のチームについては「選手が選手を怒れるようになった。それだけ『箱根に行きたい』という熱、目的意識がある。最終的にはウチがベストを尽くせるかカギだと思う」と悲願達成を誓った。

「液体塩こうじを使った定番アスリートごはん」オンライン記者発表会に出席した駿河台大駅伝部の徳本一善監督(左)。右はハナマルキ取締役兼マーケティング部長の平田伸行氏  味噌・醸造製品メーカーであるハナマルキは10月6日、同社ウェブサイトに「液体塩こうじを使った定番アスリートごはん」を公開。そのオンライン記者発表会に出席した駿河台大駅伝部の徳本一善監督は「『箱根(駅伝)に行くんだ』という思いが初めて選手の中から生まれた。監督としてはやりがいのある1年間だったなと思う」と11日後に迫った箱根駅伝予選会に向けての手応えを口にした。  「液体塩こうじを使った定番アスリートごはん」は、徳本監督と管理栄養士である妻・梨江さんが監修し、スポーツをする人に向けた食事メニューとレシピを紹介。徳本監督は以前から塩こうじを愛用しており、箱根駅伝初出場を目指す駿河台大駅伝部にハナマルキが共感して企画が実現した。  予選会を直前に控えて「内心、気が気ではない」と明かす徳本監督は「企業とのタイアップによって学生スポーツは盛り上がっていくと思う。さらに関係を築いてチームを強くしたい」と話し、現在のチームについては「選手が選手を怒れるようになった。それだけ『箱根に行きたい』という熱、目的意識がある。最終的にはウチがベストを尽くせるかカギだと思う」と悲願達成を誓った。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.26

男子1部は関大がV2! MVP該当者なしも「総合力を発揮し連覇を果たせたことは次につながる」/関西IC

◇第101回関西インカレ(2024年5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都、東寺ハウジングフィールド西京極) 関西インカレのT&Fの部の最終日が行われ、最後まで大激戦となった男子1部は昨年54年ぶりに総合優勝に […]

NEWS 110mH泉谷駿介はバランス崩し13秒33の7位 100m初出場の栁田大輝は8位/DLユージン

2024.05.26

110mH泉谷駿介はバランス崩し13秒33の7位 100m初出場の栁田大輝は8位/DLユージン

世界最高峰のダイヤモンドリーグ(DL)ユージン大会(米国・オレゴン州)が5月26日に行われ、男子110mハードルの泉谷駿介(住友電工)は13秒33(-0.1)の7位だった。 日本記録(13秒04)保持者で、昨年のブダペス […]

NEWS 田中希実が5000mでパリ五輪内定!!自己4番目の14分47秒69で参加標準突破/DLユージン

2024.05.26

田中希実が5000mでパリ五輪内定!!自己4番目の14分47秒69で参加標準突破/DLユージン

世界最高峰のダイヤモンドリーグ(DL)ユージン大会(米国・オレゴン州)が5月26日に行われ、女子5000mに田中希実(New Balance)が出場し、パリ五輪の参加標準記録(14分50秒00)を突破する14分47秒69 […]

NEWS P-T-Sミーティング・女子走幅跳で秦澄美鈴が2位 男子200m西裕大が3位/WAコンチネンタルツアー

2024.05.25

P-T-Sミーティング・女子走幅跳で秦澄美鈴が2位 男子200m西裕大が3位/WAコンチネンタルツアー

世界陸連(WA)コンチネンタルツアーシルバーのP-T-Sミーティングが5月24日、スロバキアのバンスカー・ビストリツァで行われ、女子走幅跳で秦澄美鈴(住友電工)が6m52(+0.3)で2位だった。 日本記録(6m97)保 […]

NEWS 女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

2024.05.25

女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

◇第101回関西インカレ(5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都) 関西インカレのT&Fの部最終日が行われ、競歩の男女混合リレーでパリ五輪代表に内定している柳井綾音(立命大3)が女子10000m競歩で44分21 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top