月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【マラソン】福岡国際が世界陸連ヘリテージプラーク受賞


世界陸連(WA)は、陸上界の歴史において多大なる貢献を果たした個人や団体に贈る『ヘリテージプラーク』を発表し、福岡国際マラソンを選出したと発表した。福岡国際マラソンは1947年に前身である「金栗賞朝日マラソン」として産声を上げ、国内有数の伝統ある大会として、国際大会の代表選考レースの一つとして数々の名勝負、名シーンが刻まれてきた。

ヘリテージプラークは、18年に創設。受賞カテゴリーは(1)都市、(2)大会、(3)レジェンド、(4)ランドマーク、(5)カルチャーによって構成され、これまで日本陸上界では、南部忠平、箱根駅伝、小出義雄、陸上競技マガジンが受賞している。

世界陸連 セバスチャン・コー会長のコメント(日本陸連発表)
「今回の受賞に際して、福岡国際マラソン選手権大会の全ての関係者の皆様に心からお祝いを申し上げます。同大会は 1947 年以降、その歴史に於いて、卓越した大会運営と価値を築きあげ、現在ではゴールドラベルのロードレースとしての高い地位を確立しています。1950 年代には国際的にも大変高い評価を受け、1967 年にはデレク・クレイトンが史上初の 2 時間 10 分を破るタイムで世界記録を樹立、1981 年にはロバード・ド・キャステラがその記録を 2 時間 8 分台で破り、同大会は名実ともにレジェンドとなりました。ここにその歴史と功績を称え、ワールドアスレティックス・ヘリテージプラークを授与致します」



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com