HOME 国内、大学

2024.05.24

米国留学の小林歩未が13秒33!!100mH高校記録の自己記録を6年ぶりに0.01秒更新の大きな一歩
米国留学の小林歩未が13秒33!!100mH高校記録の自己記録を6年ぶりに0.01秒更新の大きな一歩

100mH高校記録保持者の小林歩未(※筑波大時代)

全米学生選手権出場を懸けた西部地区予選の女子100mハードルに、小林歩未(テキサス大サンアントニオ校)が出場し、13秒33(+1.0)をマークしてラウンドを突破し、3組行われる決勝ラウンドに進出した。

この記録は小林が市船橋高(千葉)時代の2018年に作った高校記録13秒34の自己記録を6年ぶりに0.01秒更新するもの。小林は自身のSNSで、チームのSNSを引用し「6年間、長かった」「ほんの0.01だけど、やっと」とつづっている。

小林は三重インターハイで高校記録を樹立し、ダイヤモンドアスリートにも選ばれた。高校卒業後は筑波大に進んで、2019年の日本インカレ3位。その後、米国陸上留学サポートを活用して2022年12月にテキサス大サンアントニオ校の編入試験に合格した。

今年1月には米ケンタッキー州ルイビルで1月19日に開催された室内競技会、ベラーマイン・オープン女子60mハードルに出場し、8秒71の大会新記録で優勝している。自ら選択し、道を切り開き、過去の自分を超えた。その姿に勇気づけられ刺激を受ける選手も多いだろう。

同大会の東部地区予選には男子800mに石井優吉(ペンシルベニア州立大)や、女子3000m障害にリンジィー・ヘレナ芽衣(ジョージア工科大M1)も出場している。

全米学生選手権出場を懸けた西部地区予選の女子100mハードルに、小林歩未(テキサス大サンアントニオ校)が出場し、13秒33(+1.0)をマークしてラウンドを突破し、3組行われる決勝ラウンドに進出した。 この記録は小林が市船橋高(千葉)時代の2018年に作った高校記録13秒34の自己記録を6年ぶりに0.01秒更新するもの。小林は自身のSNSで、チームのSNSを引用し「6年間、長かった」「ほんの0.01だけど、やっと」とつづっている。 小林は三重インターハイで高校記録を樹立し、ダイヤモンドアスリートにも選ばれた。高校卒業後は筑波大に進んで、2019年の日本インカレ3位。その後、米国陸上留学サポートを活用して2022年12月にテキサス大サンアントニオ校の編入試験に合格した。 今年1月には米ケンタッキー州ルイビルで1月19日に開催された室内競技会、ベラーマイン・オープン女子60mハードルに出場し、8秒71の大会新記録で優勝している。自ら選択し、道を切り開き、過去の自分を超えた。その姿に勇気づけられ刺激を受ける選手も多いだろう。 同大会の東部地区予選には男子800mに石井優吉(ペンシルベニア州立大)や、女子3000m障害にリンジィー・ヘレナ芽衣(ジョージア工科大M1)も出場している。

【写真】テキサス大サンアントニオ校のユニフォームでハードルを跳ぶ小林歩未

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

NEWS 【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

2024.06.13

【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「400mH」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu […]

NEWS 月刊陸上競技2024年7月号

2024.06.12

月刊陸上競技2024年7月号

Contents パリ五輪への道、最終局面 Route de Paris 2024 サニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ) ~世界一、速い男になるために 栁田大輝(東洋大) ~ 21歳の夏、輝く 岡田久美子(富士通)  […]

NEWS 男子中長距離は佐久長聖勢が充実 200mは佐藤克樹、砲丸投は田村凪に注目 女子スプリントは秋澤理沙、100mHは神園弥優が軸/IH北信越

2024.06.12

男子中長距離は佐久長聖勢が充実 200mは佐藤克樹、砲丸投は田村凪に注目 女子スプリントは秋澤理沙、100mHは神園弥優が軸/IH北信越

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)を懸けた地区大会が6月に各地で行われる。 インターハイ北信越地区大会(新潟、長野、富山、石川、福井)は6月13日から16日までの4日間、新潟市の新潟スタジアム(デンカビッグスワンス […]

NEWS 八種競技全国4位の三森咲大朗やルーキー髙城昊紀の110mHに好記録の予感 女子長距離は神村学園 男子投てきは高レベルの争い/IH南九州

2024.06.12

八種競技全国4位の三森咲大朗やルーキー髙城昊紀の110mHに好記録の予感 女子長距離は神村学園 男子投てきは高レベルの争い/IH南九州

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)を懸けた地区大会が6月に各地で行われる。 インターハイ南九州地区大会(熊本、宮崎、鹿児島、沖縄)は6月13日から16日までの4日間、宮崎市の宮崎県総合運動公園ひなた陸上競技場で開か […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top