HOME 国内

2024.05.19

1500m田中希実は4分07秒39で4位「絞り出すような力が今の私になかった」/セイコーGGP
1500m田中希実は4分07秒39で4位「絞り出すような力が今の私になかった」/セイコーGGP

24年セイコーGGP女子1500mで4位に入った田中希実

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場)

世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、女子1500mは田中希実(New Balance)が4分07秒39で4位に入った。

ペースメーカーのすぐ後ろにつけ、最初の400mを64秒で通過。「レース展開としては思い描いたとおり」だったが、次の400mで70秒を要してプランが崩れた。「すごく落ちたところで、前に出るかどうか迷った」とペースメーカーの横につくようなかたちに。

そして、ラスト700mで前に出て、残り1周に入る手前からスパート。力強く腕を振って先頭をひた走った。だが、残り100mでサラ・ブリングス、ジョージア・グリフィス(ともに豪州)、プリティ・チェプキルイ(ケニア)にかわされてフィニッシュラインを迎えた。

「ラストは思った以上に足が止まったし、後ろを確認したり、並ばれた時にさらに絞り出すような力が今の私にはなかった」とうつむき加減の田中。タイムも、4月の金栗記念、兵庫リレーカーニバルに続く4分07秒台にとどまるなど、「自分の武器が確立できていない」ことへの迷いがレース結果に出た形となった。

タイムは兵庫で出した4分07秒49を上回るシーズンベスト。トレーニングは「東京五輪よりもいい練習は詰めているので、4分を切る力はあるのではないか」と感じつつも、その時に持てていた「自分を信じる力」が今は持ち切れていない。その壁を突き抜けるべく、父の健智コーチとともに試行錯誤をしながら「かなりハマってきた」段階ではある。残るピースは今回は入り込めなかった「ゾーンに入る」状態になれるか。

今後はダイヤモンドリーグ(DL)を転戦する予定で、5月25日のユージン大会(米国)は5000m、6月2日のストックホルム(スウェーデン)は1500mを予定している。「今のままでは全部、勝負に絡んでいけるかどうかわからない」と危機感を募らせる田中。だが、世界トップランナーたちにチャレンジすることで、見える部分もあるだろう。

「タイムを出したり、勝ったりという経験」を積み重ねていった先に、光が見えてくる。

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、女子1500mは田中希実(New Balance)が4分07秒39で4位に入った。 ペースメーカーのすぐ後ろにつけ、最初の400mを64秒で通過。「レース展開としては思い描いたとおり」だったが、次の400mで70秒を要してプランが崩れた。「すごく落ちたところで、前に出るかどうか迷った」とペースメーカーの横につくようなかたちに。 そして、ラスト700mで前に出て、残り1周に入る手前からスパート。力強く腕を振って先頭をひた走った。だが、残り100mでサラ・ブリングス、ジョージア・グリフィス(ともに豪州)、プリティ・チェプキルイ(ケニア)にかわされてフィニッシュラインを迎えた。 「ラストは思った以上に足が止まったし、後ろを確認したり、並ばれた時にさらに絞り出すような力が今の私にはなかった」とうつむき加減の田中。タイムも、4月の金栗記念、兵庫リレーカーニバルに続く4分07秒台にとどまるなど、「自分の武器が確立できていない」ことへの迷いがレース結果に出た形となった。 タイムは兵庫で出した4分07秒49を上回るシーズンベスト。トレーニングは「東京五輪よりもいい練習は詰めているので、4分を切る力はあるのではないか」と感じつつも、その時に持てていた「自分を信じる力」が今は持ち切れていない。その壁を突き抜けるべく、父の健智コーチとともに試行錯誤をしながら「かなりハマってきた」段階ではある。残るピースは今回は入り込めなかった「ゾーンに入る」状態になれるか。 今後はダイヤモンドリーグ(DL)を転戦する予定で、5月25日のユージン大会(米国)は5000m、6月2日のストックホルム(スウェーデン)は1500mを予定している。「今のままでは全部、勝負に絡んでいけるかどうかわからない」と危機感を募らせる田中。だが、世界トップランナーたちにチャレンジすることで、見える部分もあるだろう。 「タイムを出したり、勝ったりという経験」を積み重ねていった先に、光が見えてくる。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

◇欧州選手権(6月7日~12日/イタリア・ローマ) 6月12日、欧州選手権の最終日が行われ、男子1500mでは東京五輪金メダルのヤコブ・インゲブリグトセン(ノルウェー)が3分31秒95で優勝した。 前回大会で自らが作った […]

NEWS 100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

2024.06.13

100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)2日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、男女短距離で好記録が誕生した。 男子100mは小澤斗維(北海道栄3)が向か […]

NEWS 【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

NEWS 【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

2024.06.13

【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「400mH」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu […]

NEWS 月刊陸上競技2024年7月号

2024.06.12

月刊陸上競技2024年7月号

Contents パリ五輪への道、最終局面 Route de Paris 2024 サニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ) ~世界一、速い男になるために 栁田大輝(東洋大) ~ 21歳の夏、輝く 岡田久美子(富士通)  […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top