月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【海外】2022年世界選手権ユージンの舞台となる競技場改修工事を終える


米国・オレゴン大学の競技場「ヘイワード・フィールド」の改修工事が完了し、現地時間の10月2日にお披露目となる。毎年、ダイヤモンドリーグ・ユージン大会が開催される同競技場。2014年には世界ジュニア選手権(現・U20世界選手権)が開催され、桐生祥秀(当時・東洋大)が男子100mで銅メダルを獲得した。2022年の世界選手権ユージン大会(本来は2021年開催だったが、新型コロナウイルスの影響で東京五輪の延期に伴い1年後ろ倒しに)の会場となるにあたり、手狭だったため改修が行われていた。世界選手権が米国で行われるのは初めてのこと。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com