HOME 国内、大学

2024.05.09

男子1部10000m平林樹が日本人トップ チームメイト留学生上回り「うれしいし、びっくり」/関東IC
男子1部10000m平林樹が日本人トップ チームメイト留学生上回り「うれしいし、びっくり」/関東IC

24年関東インカレ男子1部10000mで2位に入った平林樹

◇第103回関東インカレ(5月9~12日/東京・国立競技場)1日目

関東インカレの1日目が行われ、男子1部10000mはジェームス・ムトゥク(山梨学大)が28分02秒29で優勝し、平林樹(城西大)が28分03秒13で日本人トップの2位に入った。

今季は城西大の男子駅伝部で主将を務める平林が、鋭いスパートで日本人トップに立った。

「下位入賞を目指して、後ろから追っていけばいいと言われていました」と平林。無理をせずに日本人選手が形成した4位集団で冷静にレースを進めた。中盤で3位を走っていたヴィクター・キムタイ(城西大)、8200m過ぎにはムトゥクに食らいついていた2位の花岡寿哉(東海大)を吸収して大集団となった。

2位争いを続けて、残り1周。「ヴィクターがいつも200mから上げていくので、揺さぶりをかける狙いだった」と、250mから仕掛ける。悠々と独走していたムトゥクに迫るようなスパートで、2位を確保した。

チームメイトの留学生を上回り、「タイムも順位もそこまで考えていなかったので、うれしいし、びっくりしています」と驚きを隠さなかった。

城西大は今年1月の箱根駅伝で過去最高の総合3位。新主将は「やることは変わらないと思っています」と自然体を強調する。新チームの目標について問われても「去年は去年のチームなので」と冷静に捉えており、現状では学生三大駅伝で7位が目標だという。

東京・拓大一高では全国高校駅伝の出場はなかったが、大学ではケガなく練習を継続してきた。「しっかりスタミナがついてきているので、速いペースで押せるようになってきている」と成長を実感する4年生。「後半(の駅伝)シーズンではチームのエースとして、しっかりとエース区間で勝負していきたいです」と、力強いまなざしで語った。

◇第103回関東インカレ(5月9~12日/東京・国立競技場)1日目 関東インカレの1日目が行われ、男子1部10000mはジェームス・ムトゥク(山梨学大)が28分02秒29で優勝し、平林樹(城西大)が28分03秒13で日本人トップの2位に入った。 今季は城西大の男子駅伝部で主将を務める平林が、鋭いスパートで日本人トップに立った。 「下位入賞を目指して、後ろから追っていけばいいと言われていました」と平林。無理をせずに日本人選手が形成した4位集団で冷静にレースを進めた。中盤で3位を走っていたヴィクター・キムタイ(城西大)、8200m過ぎにはムトゥクに食らいついていた2位の花岡寿哉(東海大)を吸収して大集団となった。 2位争いを続けて、残り1周。「ヴィクターがいつも200mから上げていくので、揺さぶりをかける狙いだった」と、250mから仕掛ける。悠々と独走していたムトゥクに迫るようなスパートで、2位を確保した。 チームメイトの留学生を上回り、「タイムも順位もそこまで考えていなかったので、うれしいし、びっくりしています」と驚きを隠さなかった。 城西大は今年1月の箱根駅伝で過去最高の総合3位。新主将は「やることは変わらないと思っています」と自然体を強調する。新チームの目標について問われても「去年は去年のチームなので」と冷静に捉えており、現状では学生三大駅伝で7位が目標だという。 東京・拓大一高では全国高校駅伝の出場はなかったが、大学ではケガなく練習を継続してきた。「しっかりスタミナがついてきているので、速いペースで押せるようになってきている」と成長を実感する4年生。「後半(の駅伝)シーズンではチームのエースとして、しっかりとエース区間で勝負していきたいです」と、力強いまなざしで語った。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.30

女子総合は富山中部が初制覇! 松木愛結は100mH14秒14&4種目V 谷川晴香が砲丸投と七種競技制す/IH富山県大会

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)に向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 富山県大会は5月24日~27日の4日間、富山市の富山県総合運動公園競技場で開催された。 各種目 […]

NEWS 女子棒高跳・清水葵が県高校新! U18女子100m5位の前田さくらがスプリント2冠 伊澤健斗200m、400m自己新V/IH鳥取県大会

2024.05.30

女子棒高跳・清水葵が県高校新! U18女子100m5位の前田さくらがスプリント2冠 伊澤健斗200m、400m自己新V/IH鳥取県大会

福岡インターハイ(7月28~8月1日)に向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 鳥取県大会は5月25日~27日の3日間、鳥取市のヤマタスポーツパーク競技場で行われた。 女子では […]

NEWS 男子やり投・山本倖希が59m04 男子100m、200mは吉田謙心がV 神園弥優は個人3冠に輝く/IH福井県大会

2024.05.30

男子やり投・山本倖希が59m04 男子100m、200mは吉田謙心がV 神園弥優は個人3冠に輝く/IH福井県大会

福岡インターハイ(7月28~8月1日)に向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 福井県大会は5月25日~27日の3日間、福井市の福井県営陸上競技場で行われた。 男子やり投では山 […]

NEWS 弘前実が男子4×100mRで40秒58 1500m田中翔が3分52秒74の大会新V 野上源道は跳躍2種目制覇/IH青森県大会

2024.05.29

弘前実が男子4×100mRで40秒58 1500m田中翔が3分52秒74の大会新V 野上源道は跳躍2種目制覇/IH青森県大会

7月の福岡インターハイに向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 青森県大会は5月24日~27日の4日間、青森市の新青森県総合総合運動公園競技場で行われた。 大会初日に行われた男 […]

NEWS インターハイ都府県大会は最終週 近畿5府県、四国3県、岡山、長崎、熊本で順次開幕 地区大会進出者が出そろう

2024.05.29

インターハイ都府県大会は最終週 近畿5府県、四国3県、岡山、長崎、熊本で順次開幕 地区大会進出者が出そろう

福岡インターハイ(7月28日~8月1日/東平尾公園博多の森陸上競技場)を目指して、明日5月30日から週明けにかけて11の府県大会が開催される。これで、今年度の都府県46大会が終わり、北海道地区の支部大会を含め、6月中旬に […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top