HOME 国内、大学

2024.05.09

中大・溜池一太が日本人2番手の4位も「エースなら3位に入らないと」/関東IC
中大・溜池一太が日本人2番手の4位も「エースなら3位に入らないと」/関東IC

24年関東インカレ男子1部10000m4位の溜池一太

◇第103回関東インカレ(5月9~12日/東京・国立競技場)1日目

関東インカレの1日目が行われ、男子1部10000mはジェームス・ムトゥク(山梨学大)が28分02秒29で優勝した。2位に自己新(28分03秒13)を出した平林樹(城西大)が続き、ヴィクター・キムタイ(城西大)が3位。そして日本人2番の4位には中大の溜池一太が入った。

石田洸介(東洋大)らと3位集団を形成しながら前を追いかけるなど、力のあるところを見せた。28分07秒82は、これまでの自己記録(28分26秒77)を約19秒更新した。

箱根駅伝後は米国遠征し、レースも経験。「一度も練習を抜かずにでき、寝る時も低酸素室を使っていました」とコンディションを意識し、「良くても喜んだりせず、悪くても落ち込まずにしっかり練習しようと思って取り組めている」と話す。

ただ、順位については悔しさが募る。「エースならどういう状況でも優勝や、少なくとも3位に入らないといけない。まだエースと呼ばれるところまで行っていない」と反省する。ただ、その姿勢こそ、名門のエースになる覚悟と器の表れでもある。

「本当はパリ五輪を目指したかったのですが現在は厳しい。もう一年頑張って、トラックで東京世界選手権に出場できるように練習していきたい」

その視線はまっすぐに未来に向けられていた。

◇第103回関東インカレ(5月9~12日/東京・国立競技場)1日目 関東インカレの1日目が行われ、男子1部10000mはジェームス・ムトゥク(山梨学大)が28分02秒29で優勝した。2位に自己新(28分03秒13)を出した平林樹(城西大)が続き、ヴィクター・キムタイ(城西大)が3位。そして日本人2番の4位には中大の溜池一太が入った。 石田洸介(東洋大)らと3位集団を形成しながら前を追いかけるなど、力のあるところを見せた。28分07秒82は、これまでの自己記録(28分26秒77)を約19秒更新した。 箱根駅伝後は米国遠征し、レースも経験。「一度も練習を抜かずにでき、寝る時も低酸素室を使っていました」とコンディションを意識し、「良くても喜んだりせず、悪くても落ち込まずにしっかり練習しようと思って取り組めている」と話す。 ただ、順位については悔しさが募る。「エースならどういう状況でも優勝や、少なくとも3位に入らないといけない。まだエースと呼ばれるところまで行っていない」と反省する。ただ、その姿勢こそ、名門のエースになる覚悟と器の表れでもある。 「本当はパリ五輪を目指したかったのですが現在は厳しい。もう一年頑張って、トラックで東京世界選手権に出場できるように練習していきたい」 その視線はまっすぐに未来に向けられていた。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.30

アディダスから新作ランニングシューズ「ADIZERO SL 2」が登場!日本の女子長距離界を牽引する新谷仁美も絶賛

アディダス ジャパンは30日、東京・世田谷区の駒沢オリンピック公園総合運動場でランニングシリーズ「ADIZERO(アディゼロ)」の最新作シューズ「ADIZERO SL 2(アディゼロ エスエル ツー)」の商品プレゼンテー […]

NEWS 【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」

2024.05.30

【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」

山梨学大の上田誠仁顧問の月陸Online特別連載コラム。これまでの経験や感じたこと、想いなど、心のままに綴っていただきます! 第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」 5月のコラムは関東 […]

NEWS 【高校生FOCUS】男子棒高跳・谷口海斗(中京大中京高)今年は全国4冠と父の現役ベスト越えに挑戦

2024.05.30

【高校生FOCUS】男子棒高跳・谷口海斗(中京大中京高)今年は全国4冠と父の現役ベスト越えに挑戦

FOCUS! 高校生INTERVIEW 谷口 海斗 Taniguchi kaito 中京大中京高3愛知 注目の高校アスリートをフォーカスして紹介するコーナー!今回は男子棒高跳の谷口海斗選手(中京大中京高3愛知)です。昨年 […]

NEWS 新谷仁美 マラソン日本新への思い変わらず「ごまかしながらでなく再構築」東京世界陸上はトラックでの可能性示唆

2024.05.30

新谷仁美 マラソン日本新への思い変わらず「ごまかしながらでなく再構築」東京世界陸上はトラックでの可能性示唆

女子10000m日本記録保持者でマラソン日本歴代3位の記録を持つ新谷仁美(積水化学)が、5月30日に都内で行われた契約するアディダスのシューズイベントに出席した。 今年3月の東京マラソンで2時間21分50秒をマークして日 […]

NEWS 宇野勝翔が200m20秒78で優勝!山路康太郎3位 女子200m鶴田玲美は23秒58で2位/WAコンチネンタルツアー

2024.05.30

宇野勝翔が200m20秒78で優勝!山路康太郎3位 女子200m鶴田玲美は23秒58で2位/WAコンチネンタルツアー

5月27日から29日かけ、中国・重慶市でWAコンチネンタルツアー・ブロンズの第2回一帯一路招待競技会が行われ、男子200mで宇野勝翔(オリコ)が20秒78(-0.5)で優勝を飾った。 宇野は昨年のアジア大会代表。3月に順 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top