HOME 国内

2024.05.03

日本歴代4位27分17秒46で初Vの葛西潤「今日は一番拍手をしました」パリ五輪目指し「2週間後にもう1本」/日本選手権10000m
日本歴代4位27分17秒46で初Vの葛西潤「今日は一番拍手をしました」パリ五輪目指し「2週間後にもう1本」/日本選手権10000m

24年日本選手権10000mで初優勝を果たした葛西潤

◇第108回日本選手権10000m(5月3日/静岡・小笠山総合運動公園静岡スタジアム)

パリ五輪代表選考会となる第108回日本選手権10000mが5月3日に静岡・エコパで行われ、葛西潤(旭化成)が日本歴代4位の27分17秒46で初優勝を飾った。

狙いすましたような圧巻のスパートだった。27分22秒00設定の電子ペーサーと、外国人選手が引っ張る先頭集団が1周65~66秒で進むなか、序盤は中段、そこから徐々にポジションを上げる冷静な走りを見せる。

「これまでの練習から余裕を持っていけると思っていた」と葛西。日々「練習後に自分の拍手をする」という充実のトレーニングに裏づけされた自信を、残り1000mからぶつけた。

その時点で先頭集団にいたのは19歳の前田和摩(東農大)、太田智樹、鈴木芽吹(ともにトヨタ自動車)のみ。昨年12月の日本選手権を27分09秒80の日本新で制した塩尻和也(富士通)は6000m過ぎに後退し、同3位だった東京五輪代表・相澤晃(旭化成)は8000m手前で力尽きた。

最初のスパートでトヨタ自動車勢を突き放すが、少し間を開けて前田が食い下がる。葛西はモニターで後方の状況を確認。「追いかけられるのはしんどいですね」と振り返ったが、まだ余力があった。残り1周を過ぎてさらにギアを上げ、勝負を決めた。

これまでの自己ベストは、昨年11月の八王子ロングディスタンスで出した27分36秒75。それを20秒近く塗り替え、トラックレースの国内主要選手権では創価大4年だった22年の日本学生個人選手権10000m以来のタイトルを獲得。「本当にうれしい気持ちでいっぱいです。今日は一番拍手をしました」と笑顔が弾けた。

大阪・関西創価高時代に日本選手権クロカンU20を制し、大学では学生駅伝で活躍。最終学年では全日本大学駅伝2区で区間新・区間賞、箱根駅伝7区で区間賞を獲得している。

昨春に旭化成に入社後は10000mで躍進すると、今年正月のニューイヤー駅伝では5区で区間2位の力走でチームの2年ぶり3位復帰に貢献していた。

パリ五輪参加標準記録(27分00秒00)には届かず、ワールドランキングでもターゲットナンバー(出場枠)の27には届いていない。だが、「2週間後にもう1本レースに出る予定」だという。

大きな飛躍を遂げた社会人2年目の23歳。パリ五輪切符は、まだあきらめていない。

◇第108回日本選手権10000m(5月3日/静岡・小笠山総合運動公園静岡スタジアム) パリ五輪代表選考会となる第108回日本選手権10000mが5月3日に静岡・エコパで行われ、葛西潤(旭化成)が日本歴代4位の27分17秒46で初優勝を飾った。 狙いすましたような圧巻のスパートだった。27分22秒00設定の電子ペーサーと、外国人選手が引っ張る先頭集団が1周65~66秒で進むなか、序盤は中段、そこから徐々にポジションを上げる冷静な走りを見せる。 「これまでの練習から余裕を持っていけると思っていた」と葛西。日々「練習後に自分の拍手をする」という充実のトレーニングに裏づけされた自信を、残り1000mからぶつけた。 その時点で先頭集団にいたのは19歳の前田和摩(東農大)、太田智樹、鈴木芽吹(ともにトヨタ自動車)のみ。昨年12月の日本選手権を27分09秒80の日本新で制した塩尻和也(富士通)は6000m過ぎに後退し、同3位だった東京五輪代表・相澤晃(旭化成)は8000m手前で力尽きた。 最初のスパートでトヨタ自動車勢を突き放すが、少し間を開けて前田が食い下がる。葛西はモニターで後方の状況を確認。「追いかけられるのはしんどいですね」と振り返ったが、まだ余力があった。残り1周を過ぎてさらにギアを上げ、勝負を決めた。 これまでの自己ベストは、昨年11月の八王子ロングディスタンスで出した27分36秒75。それを20秒近く塗り替え、トラックレースの国内主要選手権では創価大4年だった22年の日本学生個人選手権10000m以来のタイトルを獲得。「本当にうれしい気持ちでいっぱいです。今日は一番拍手をしました」と笑顔が弾けた。 大阪・関西創価高時代に日本選手権クロカンU20を制し、大学では学生駅伝で活躍。最終学年では全日本大学駅伝2区で区間新・区間賞、箱根駅伝7区で区間賞を獲得している。 昨春に旭化成に入社後は10000mで躍進すると、今年正月のニューイヤー駅伝では5区で区間2位の力走でチームの2年ぶり3位復帰に貢献していた。 パリ五輪参加標準記録(27分00秒00)には届かず、ワールドランキングでもターゲットナンバー(出場枠)の27には届いていない。だが、「2週間後にもう1本レースに出る予定」だという。 大きな飛躍を遂げた社会人2年目の23歳。パリ五輪切符は、まだあきらめていない。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.30

2024年インターハイ地区大会情報

各地区で行われるインターハイ地区大会。全11地区分の大会関連ページ、結果ページです! インターハイ出場への道 ・各地区大会上位6位までがインターハイ出場 ※男女競歩は5位、女子棒高跳、女子三段跳、女子ハンマー投は4位まで […]

NEWS アディダスから新作ランニングシューズ「ADIZERO SL 2」が登場!日本の女子長距離界を牽引する新谷仁美も絶賛

2024.05.30

アディダスから新作ランニングシューズ「ADIZERO SL 2」が登場!日本の女子長距離界を牽引する新谷仁美も絶賛

アディダス ジャパンは30日、東京・世田谷区の駒沢オリンピック公園総合運動場でランニングシリーズ「ADIZERO(アディゼロ)」の最新作シューズ「ADIZERO SL 2(アディゼロ エスエル ツー)」の商品プレゼンテー […]

NEWS 【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」

2024.05.30

【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」

山梨学大の上田誠仁顧問の月陸Online特別連載コラム。これまでの経験や感じたこと、想いなど、心のままに綴っていただきます! 第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」 5月のコラムは関東 […]

NEWS 【高校生FOCUS】男子棒高跳・谷口海斗(中京大中京高)今年は全国4冠と父の現役ベスト越えに挑戦

2024.05.30

【高校生FOCUS】男子棒高跳・谷口海斗(中京大中京高)今年は全国4冠と父の現役ベスト越えに挑戦

FOCUS! 高校生INTERVIEW 谷口 海斗 Taniguchi kaito 中京大中京高3愛知 注目の高校アスリートをフォーカスして紹介するコーナー!今回は男子棒高跳の谷口海斗選手(中京大中京高3愛知)です。昨年 […]

NEWS 新谷仁美 マラソン日本新への思い変わらず「ごまかしながらでなく再構築」東京世界陸上はトラックでの可能性示唆

2024.05.30

新谷仁美 マラソン日本新への思い変わらず「ごまかしながらでなく再構築」東京世界陸上はトラックでの可能性示唆

女子10000m日本記録保持者でマラソン日本歴代3位の記録を持つ新谷仁美(積水化学)が、5月30日に都内で行われた契約するアディダスのシューズイベントに出席した。 今年3月の東京マラソンで2時間21分50秒をマークして日 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top