HOME 国内、高校

2024.05.03

800m高2の久保凛がGP連勝!高校歴代3位の2分03秒57!「今日は100点です」/静岡国際
800m高2の久保凛がGP連勝!高校歴代3位の2分03秒57!「今日は100点です」/静岡国際

24年静岡国際女子800mを制した久保凛

◇静岡国際陸上(5月3日/小笠山総合運動公園静岡スタジアム)

日本グランプリシリーズG1の静岡国際が5月3日に行われ、女子800mで久保凛(東大阪大敬愛高2)が優勝した。

広告の下にコンテンツが続きます

昨年のインターハイ女王で、金栗記念も制しているホープが静岡でも衝撃的な走りを見せる。ペースメーカーを目安に前のほうでレースを進めると、鮮烈なラストスパートを放ってラストの直線でシニア選手たちを置き去りにした。2分03秒57は高校歴代3位、U18日本新の好記録だった。

「優勝と自己ベスト(2分05秒13)を狙っていました」と笑顔を見せる久保。特に「ラスト150mのスパートの部分がうまく走れたので良かったです」と言い、「2分2秒台や高校記録も狙いつつでした。今日は100点です」と振り返った。

金栗記念では専門外だったとはいえ田中希実(New Balance)に先着し、「あこがれの選手に勝てたのは自信になりました」と言う。シニアと相対して2戦目で気持ち的にも緊張は「少し大丈夫でした」と落ち着いていた。

今季は6月の日本選手権でも「優勝を目指したい」と言い、夏のインターハイでも「連覇と総合優勝に貢献したいです」と力強い。高校記録(2分02秒57)についても「今年度中に出せれば」とさらなる飛躍を誓っていた。

広告の下にコンテンツが続きます
◇静岡国際陸上(5月3日/小笠山総合運動公園静岡スタジアム) 日本グランプリシリーズG1の静岡国際が5月3日に行われ、女子800mで久保凛(東大阪大敬愛高2)が優勝した。 昨年のインターハイ女王で、金栗記念も制しているホープが静岡でも衝撃的な走りを見せる。ペースメーカーを目安に前のほうでレースを進めると、鮮烈なラストスパートを放ってラストの直線でシニア選手たちを置き去りにした。2分03秒57は高校歴代3位、U18日本新の好記録だった。 「優勝と自己ベスト(2分05秒13)を狙っていました」と笑顔を見せる久保。特に「ラスト150mのスパートの部分がうまく走れたので良かったです」と言い、「2分2秒台や高校記録も狙いつつでした。今日は100点です」と振り返った。 金栗記念では専門外だったとはいえ田中希実(New Balance)に先着し、「あこがれの選手に勝てたのは自信になりました」と言う。シニアと相対して2戦目で気持ち的にも緊張は「少し大丈夫でした」と落ち着いていた。 今季は6月の日本選手権でも「優勝を目指したい」と言い、夏のインターハイでも「連覇と総合優勝に貢献したいです」と力強い。高校記録(2分02秒57)についても「今年度中に出せれば」とさらなる飛躍を誓っていた。

女子800m高校歴代10傑

2.02.57 塩見綾乃(京都文教3京都)  2017. 8. 1 2.02.74 川田朱夏(東大阪大敬愛3大阪)2017. 8. 1 2.03.57 久保凛(東大阪大敬愛2大阪) 2024. 5.3 2.04.00 西村美樹(東京3東京)    2000. 8. 5 2.04.15 西田有里(草津東3滋賀)   2023. 9.30 2.04.29 福田翔子(松江北3島根)   2016. 8. 1 2.04.44 久保瑠里子(広島井口3広島) 2006. 7. 2 2.04.73 ヒリアー紗璃苗(明星3東京) 2019. 6.29 2.04.82 新井文子(群馬女短大附3群馬)1985.10.23 2.04.85 池崎愛里(舟入3広島)    2016. 8. 1

女子800mU18歴代10傑

2.03.57 久保凛(東大阪大敬愛高2大阪) 2024. 5.3 2.04.44 久保瑠里子(広島井口高3広島) 2006. 7. 2 2.05.03 川田朱夏(東大阪大敬愛高2大阪)2016. 8. 1 2.05.16 平野綾子(横須賀高3神奈川)  2012. 8. 1 2.05.30 徳田由美子(埼玉栄高2埼玉)  1990. 9.28 2.05.36 塩見綾乃(京都文教高2京都)  2016. 8. 1 2.05.37 陣内綾子(佐賀西高3佐賀)   2004. 8. 5 2.05.69 竹澤涼子(鶴崎工高2大分)   1996.10.16 2.05.72 上田万葵(舟入高3広島)    2019. 6.30

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.20

【プレゼント】クレーマージャパンの 「2024全面昇華サマーウェア」半袖Tシャツ/2024年6月号

クレーマージャパンは、これから迎える本格的な夏シーズンに向けて「2024全面昇華サマーウェア」の半袖Tシャツおよびボタンダウンポロシャツの受注生産をオンラインショップでスタートした。 このウェアは、ランニングシャツなどに […]

NEWS 谷口海斗5m11で25年ぶり県高校記録更新 中村光希41年ぶり大会新 成田沙穂がやり投50m21 豊橋南リレー2種目V/IH愛知県大会

2024.05.20

谷口海斗5m11で25年ぶり県高校記録更新 中村光希41年ぶり大会新 成田沙穂がやり投50m21 豊橋南リレー2種目V/IH愛知県大会

福岡インターハイに向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 愛知県大会は5月17日~19日の3日間、岡崎市龍北総合運動場(マルヤス岡崎龍北スタジアム)で行われた。 広告の下にコン […]

NEWS ロス瑚花アディアが短距離3冠 近藤いおん都高校新の6m22 仮屋愛優100mH&七種で大会新 明大中野が男子リレー2冠/IH東京都大会

2024.05.20

ロス瑚花アディアが短距離3冠 近藤いおん都高校新の6m22 仮屋愛優100mH&七種で大会新 明大中野が男子リレー2冠/IH東京都大会

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)に向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 東京都大会は5月5日、11~12日、18~19日の5日間、駒沢陸上競技場(5日はハンマー投のみ […]

NEWS 東京五輪女子3000m障害銀メダリスト・フレリックスが膝前十字靭帯で今季絶望

2024.05.20

東京五輪女子3000m障害銀メダリスト・フレリックスが膝前十字靭帯で今季絶望

女子3000m障害東京五輪銀メダルのC.フレリックス(米国)が前十字靭帯と半月板の手術を受けたことを自身のSNSで報告した。 インスタグラムに手術後の自身の写真とともに文章を投稿し、水濠練習の際に膝前十字靭帯の完全断裂と […]

NEWS 川﨑光介110mH県高校新の14秒36で3連覇 U16大会覇者・柴田弥聖が200m24秒19 つくば秀英4継40秒26/IH茨城県大会

2024.05.20

川﨑光介110mH県高校新の14秒36で3連覇 U16大会覇者・柴田弥聖が200m24秒19 つくば秀英4継40秒26/IH茨城県大会

福岡インターハイに向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 茨城県大会は5月15日~18日の4日間、笠松運動公園陸上競技場(水戸信用金庫スタジアム)で行われた。 広告の下にコンテ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top