月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【やり投】新井涼平が81m57で7連覇 ディーンとの投げ合い制す/日本選手権


◇第104回日本選手権(10月1日~3日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)初日

男子やり投は6回目に81m57を投げた新井涼平(スズキAC)が大逆転で7連覇を達成した。5回目にディーン元気(ミズノ)が80m07を投げてトップに立ったが、新井が逆転し、「試技順で後のほうが有利だった」と声をかけたという。

新井は近年、首の痛みなどと付き合いながらも昨年まで6連覇。今年は同い年のディーンが復活し、「実はケガもあって日本選手権に間に合うかどうかだったのですが、彼の84mがあったからできる限りの準備をしようと臨めた」と話す。一方、ディーンは「前半にあまり記録を伸ばせなかったのがよくなかったが、今までだったら悪いままで終わっていたところで立て直せた」と納得の表情。日本選手権での80m超え決着は、2012年のディーン、村上幸史による大会新の投げ合い以来8年ぶりとなる。新井は「久しぶりに本当に楽しめました。強い選手がいる中での7連覇は実になる」と語った。

来年の東京五輪に向け、日本やり投陣がさらにギアを上げそうだ。

■男子やり投決勝上位結果
新井涼平(スズキAC) 81m57
71m83-76m55-76m70-×-77m41-81m57
ディーン元気(ミズノ) 80m07
坂本 達哉(大体大院) 78m07



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com