月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【中距離】田中希実1500m予選を独走 決勝に向け「力のぶつかり合いのようなレースを」/日本選手権


◇第104回日本選手権(10月1日~3日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)
初日の女子1500m予選2組に、この種目の日本記録(4分05秒27)保持者である田中希実(豊田自動織機TC)が登場。序盤から独走して4分25秒22でトップ通過を果たした。

田中は1周目を67秒で通過すると、800m2分21秒と順調にラップを刻む。ラストは67秒3で難なくまとめた。「1周目である程度自分のペースで気持ちに余裕を作り、2周目以降は周囲の様子をみながらレースを進めました」と田中。日本記録樹立以降も「取り組みは大きく変えずに、スピードの質を高めることを意識してきた」と話す。自粛期間もあったことから、「ようやくきつい練習がこなせるようになってきた」と、まだまだ底知れない強さを秘める。先の記録会ではラストを上げる練習の一環で出場して60秒4~5と上がりのベストをマーク。翌日の決勝に向けては、「少しずつ自信を持てている一方、まだ(自信が)ない部分もある。勝負、駆け引きを大事にしつつ、“セコい”レースにをせず、力のぶつかり合いになるようなレースをしたい」と初優勝に向けて意気込みを語った。

決勝は10月2日、19:43にスタート予定。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com