HOME 駅伝

2024.04.28

國學院大勢が日本人1~3位!後村光星が14分00秒の好走「前半今まで体験できないようなレースできた」/ADIZERO ROAD TO RECORDS
國學院大勢が日本人1~3位!後村光星が14分00秒の好走「前半今まで体験できないようなレースできた」/ADIZERO ROAD TO RECORDS

國學院大の後村光星(ADIZERO ROAD TO RECORDS 2024)

◇ADIZERO ROAD TO RECORDS 2024(4月27日/ドイツ・ヘルツォーゲンアウラッハ)

アディダス社主催のロードレース「ADIZERO ROAD TO RECORDS 2024」が行われ、男子5kmでは学生が世界トップランナーたちに挑戦。國學院大勢がその1~3番手と躍動した。

最も世界に近づいたのが2年生の後村光星。世界歴代2位の12分50秒を持つヨミフ・ケジェルチャ(エチオピア)が13分00秒で制したレースで、ちょうど1分差をつけられはしたが、目標だった「13分台」にあと一歩に迫る14分00秒の15位でフィニッシュした。16位だった1学年先輩の上原琉翔、17位だった同期の野中恒亨に30秒差をつける力走で、「後半耐えるレースでしたが、前半は今まで体験できないようなペースでいけたのでいい経験になりました」と笑顔で振り返った。

今大会への位置づけは「タイムや結果よりも経験を積むこと」。その中で、「もっといけそうだな、という手応えをつかむことができた」ことが何よりの収穫だった。

上原、野中も「世界トップレベルのレースを経験すること」を目指して臨んだ。「レース自体は粘りもできない走りになったけど、自分が今後世界で戦っていくためにはどうすればいいのかを考え直すいい経験ができました」(上原)、「恐れることなくとにかく挑戦するぞ、という気持ちで臨みました。後半は粘れず最後は上原さんに逆転されてしまいましたし、タイムも全然でしたが、それ以上の経験を得ることができました」(野中)と結果以上の成果が得られたようだ。

2年前に参加した現主将の平林清澄、山本歩夢(ともに4年)から、出国前にアドバイスをもらったという。

「ハーフに出場した平林さんは『あの試合を経て力がアップした』と言っていましたし、同じ5kmに出場した山本さんからは『海外選手のスピードについていく経験をすることは自分の力になる』と言われました」(上原)。

先輩たちから後輩たちへ、確実に引き継がれているものがある。それこそが、チームの今の勢いへとつながっているのだろう。

2月の大阪マラソンでは平林が日本歴代7位、初マラソン日本最高、学生新の2時間6分18秒で制し、3月の日本学生ハーフでは現3年の青木瑠郁が優勝した。その活躍に刺激を受け、今回の3人もそれぞれの力を示した。

大会3日前にドイツ入りしてから、世界トップランナーたちと生活をともにしている。彼らが試合前までどのように過ごし、どんな準備をし、どんな姿勢でレースに臨むのか。それを間近に見た3人がまた、チームへとフィードバックし、それが新たな力となる。國學院大の進化が、さらに加速しそうだ。

◇ADIZERO ROAD TO RECORDS 2024(4月27日/ドイツ・ヘルツォーゲンアウラッハ) アディダス社主催のロードレース「ADIZERO ROAD TO RECORDS 2024」が行われ、男子5kmでは学生が世界トップランナーたちに挑戦。國學院大勢がその1~3番手と躍動した。 最も世界に近づいたのが2年生の後村光星。世界歴代2位の12分50秒を持つヨミフ・ケジェルチャ(エチオピア)が13分00秒で制したレースで、ちょうど1分差をつけられはしたが、目標だった「13分台」にあと一歩に迫る14分00秒の15位でフィニッシュした。16位だった1学年先輩の上原琉翔、17位だった同期の野中恒亨に30秒差をつける力走で、「後半耐えるレースでしたが、前半は今まで体験できないようなペースでいけたのでいい経験になりました」と笑顔で振り返った。 今大会への位置づけは「タイムや結果よりも経験を積むこと」。その中で、「もっといけそうだな、という手応えをつかむことができた」ことが何よりの収穫だった。 上原、野中も「世界トップレベルのレースを経験すること」を目指して臨んだ。「レース自体は粘りもできない走りになったけど、自分が今後世界で戦っていくためにはどうすればいいのかを考え直すいい経験ができました」(上原)、「恐れることなくとにかく挑戦するぞ、という気持ちで臨みました。後半は粘れず最後は上原さんに逆転されてしまいましたし、タイムも全然でしたが、それ以上の経験を得ることができました」(野中)と結果以上の成果が得られたようだ。 2年前に参加した現主将の平林清澄、山本歩夢(ともに4年)から、出国前にアドバイスをもらったという。 「ハーフに出場した平林さんは『あの試合を経て力がアップした』と言っていましたし、同じ5kmに出場した山本さんからは『海外選手のスピードについていく経験をすることは自分の力になる』と言われました」(上原)。 先輩たちから後輩たちへ、確実に引き継がれているものがある。それこそが、チームの今の勢いへとつながっているのだろう。 2月の大阪マラソンでは平林が日本歴代7位、初マラソン日本最高、学生新の2時間6分18秒で制し、3月の日本学生ハーフでは現3年の青木瑠郁が優勝した。その活躍に刺激を受け、今回の3人もそれぞれの力を示した。 大会3日前にドイツ入りしてから、世界トップランナーたちと生活をともにしている。彼らが試合前までどのように過ごし、どんな準備をし、どんな姿勢でレースに臨むのか。それを間近に見た3人がまた、チームへとフィードバックし、それが新たな力となる。國學院大の進化が、さらに加速しそうだ。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.30

アディダスから新作ランニングシューズ「ADIZERO SL 2」が登場!日本の女子長距離界を牽引する新谷仁美も絶賛

アディダス ジャパンは30日、東京・世田谷区の駒沢オリンピック公園総合運動場でランニングシリーズ「ADIZERO(アディゼロ)」の最新作シューズ「ADIZERO SL 2(アディゼロ エスエル ツー)」の商品プレゼンテー […]

NEWS 【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」

2024.05.30

【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」

山梨学大の上田誠仁顧問の月陸Online特別連載コラム。これまでの経験や感じたこと、想いなど、心のままに綴っていただきます! 第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」 5月のコラムは関東 […]

NEWS 【高校生FOCUS】男子棒高跳・谷口海斗(中京大中京高)今年は全国4冠と父の現役ベスト越えに挑戦

2024.05.30

【高校生FOCUS】男子棒高跳・谷口海斗(中京大中京高)今年は全国4冠と父の現役ベスト越えに挑戦

FOCUS! 高校生INTERVIEW 谷口 海斗 Taniguchi kaito 中京大中京高3愛知 注目の高校アスリートをフォーカスして紹介するコーナー!今回は男子棒高跳の谷口海斗選手(中京大中京高3愛知)です。昨年 […]

NEWS 新谷仁美 マラソン日本新への思い変わらず「ごまかしながらでなく再構築」東京世界陸上はトラックでの可能性示唆

2024.05.30

新谷仁美 マラソン日本新への思い変わらず「ごまかしながらでなく再構築」東京世界陸上はトラックでの可能性示唆

女子10000m日本記録保持者でマラソン日本歴代3位の記録を持つ新谷仁美(積水化学)が、5月30日に都内で行われた契約するアディダスのシューズイベントに出席した。 今年3月の東京マラソンで2時間21分50秒をマークして日 […]

NEWS 宇野勝翔が200m20秒78で優勝!山路康太郎3位 女子200m鶴田玲美は23秒58で2位/WAコンチネンタルツアー

2024.05.30

宇野勝翔が200m20秒78で優勝!山路康太郎3位 女子200m鶴田玲美は23秒58で2位/WAコンチネンタルツアー

5月27日から29日かけ、中国・重慶市でWAコンチネンタルツアー・ブロンズの第2回一帯一路招待競技会が行われ、男子200mで宇野勝翔(オリコ)が20秒78(-0.5)で優勝を飾った。 宇野は昨年のアジア大会代表。3月に順 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top