HOME 駅伝

2024.04.26

九州実業団毎日駅伝の開催地が大分県佐伯市に変更 7区間約89kmの周回コースを予定
九州実業団毎日駅伝の開催地が大分県佐伯市に変更  7区間約89kmの周回コースを予定

23年九州実業団駅伝の様子

九州実業団連盟は4月26日、これまで福岡県北九州市で行われてきた九州実業団毎日駅伝を今年度から大分県佐伯市で行うことを発表した。

同大会は1964年に始まり、第1回大会は福岡県で開催。その後、大分市から臼杵市を折り返すコースに変更されたのち、1987年からは福岡市から筑豊地区を経て、北九州市でフィニッシュするコースとなった。2016年以降は北九州市内を周回するコースへと舞台が移ったが、交通事情などの悪化により連盟は移転先を探していたという。

新コースの詳細は検討中だが、佐伯中央病院競技場を発着点とする7区間約89kmを予定。選手の安全や警備を考慮して、周回コースで行うという。大会を迎える佐伯市は「スポーツツーリズムの推進を図るためスポーツ大会を誘致しており、大会を通じて多様な交流の機会を創出し、本市の更なる観光ブランド力の向上に努めたい」とコメントを発表している。

九州実業団毎日駅伝は正月の全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)の予選を兼ねて行われ、今年上位9チームが本選への出場権を獲得する。

九州実業団連盟は4月26日、これまで福岡県北九州市で行われてきた九州実業団毎日駅伝を今年度から大分県佐伯市で行うことを発表した。 同大会は1964年に始まり、第1回大会は福岡県で開催。その後、大分市から臼杵市を折り返すコースに変更されたのち、1987年からは福岡市から筑豊地区を経て、北九州市でフィニッシュするコースとなった。2016年以降は北九州市内を周回するコースへと舞台が移ったが、交通事情などの悪化により連盟は移転先を探していたという。 新コースの詳細は検討中だが、佐伯中央病院競技場を発着点とする7区間約89kmを予定。選手の安全や警備を考慮して、周回コースで行うという。大会を迎える佐伯市は「スポーツツーリズムの推進を図るためスポーツ大会を誘致しており、大会を通じて多様な交流の機会を創出し、本市の更なる観光ブランド力の向上に努めたい」とコメントを発表している。 九州実業団毎日駅伝は正月の全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)の予選を兼ねて行われ、今年上位9チームが本選への出場権を獲得する。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.29

弘前実が男子4×100mRで40秒58 1500m田中翔が3分52秒74の大会新V 野上源道は跳躍2種目制覇/IH青森県大会

7月の福岡インターハイに向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 青森県大会は5月24日~27日の4日間、青森市の新青森県総合総合運動公園競技場で行われた。 大会初日に行われた男 […]

NEWS インターハイ都府県大会は最終週 近畿5府県、四国3県、岡山、長崎、熊本で順次開幕 地区大会進出者が出そろう

2024.05.29

インターハイ都府県大会は最終週 近畿5府県、四国3県、岡山、長崎、熊本で順次開幕 地区大会進出者が出そろう

福岡インターハイ(7月28日~8月1日/東平尾公園博多の森陸上競技場)を目指して、明日5月30日から週明けにかけて11の府県大会が開催される。これで、今年度の都府県46大会が終わり、北海道地区の支部大会を含め、6月中旬に […]

NEWS 日本学生個人に栁田大輝、山本亜美ら登録!アツオビン、山形、米澤ら各地区からエントリー箱根駅伝Vの青学大勢も

2024.05.29

日本学生個人に栁田大輝、山本亜美ら登録!アツオビン、山形、米澤ら各地区からエントリー箱根駅伝Vの青学大勢も

日本学連は5月29日、2024日本学生個人選手権(6月14日~16日/神奈川・レモンガススタジアム平塚)のエントリー選手を発表した。 男子100mにブダペスト世界選手権代表の栁田大輝(東洋大)がエントリー。1年時には同大 […]

NEWS 高橋駿士が八種競技5643点の県高校新!円盤投・小野大輝45m70! 総合優勝は男女ともに日大東北/IH福島県大会

2024.05.29

高橋駿士が八種競技5643点の県高校新!円盤投・小野大輝45m70! 総合優勝は男女ともに日大東北/IH福島県大会

7月の福岡インターハイに向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 福島県大会は5月24日~27日の4日間、福島市のとうほうみんなのスタジアムで行われた。 男子では八種競技は3年前 […]

NEWS 喜久里彩吹3年連続3冠達成、三段跳12m35の県高校新 やり投は赤嶺勝永と上里将平が60mオーバー/IH沖縄県大会

2024.05.29

喜久里彩吹3年連続3冠達成、三段跳12m35の県高校新 やり投は赤嶺勝永と上里将平が60mオーバー/IH沖縄県大会

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)に向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 沖縄県大会は5月24日~27日の4日間、タピック県総ひやごんスタジアム(県総合運動公園陸上競技 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top