HOME 海外

2024.04.21

ジェプチルチル2時間16分16秒!アセファ2時間16分23秒、4位までが女子単独レース世界新の超高速バトル/ロンドン・マラソン
ジェプチルチル2時間16分16秒!アセファ2時間16分23秒、4位までが女子単独レース世界新の超高速バトル/ロンドン・マラソン

ケニアのジェプチルチル(21年東京五輪)

第44回ロンドン・マラソンが4月21日に行われ、女子はペレス・ジェプチルチル(ケニア)が2時間16分16秒で優勝。2017年のこの大会でメアリー・ケイタニー(ケニア)が作った女子単独レース世界記録(2時間17分01秒)を6年ぶりに塗り替え、史上初の2時間16分台突入を果たした。

また、2位に入った世界記録(2時間11分53秒)保持者のティギスト・アセファ(エチオピア)が2時間16分23秒、1秒差で3位のジョイシリン・ジェプコスゲイ(ケニア)、2時間16分34秒で4位のメゲルツ・アレム(エチオピア)までが従来の女子単独レース世界記録を上回った。

昨年9月のベルリンで、異次元の世界記録を打ち立てたアセファ、2年前の覇者ジェプコスゲイら豪華メンバーがそろった女子で、東京五輪女王がその力を誇示した。ジェプチルチルは最初の10kmまでを5kmごとに15分44秒、15分42秒という高速レースにも動じない。そこから5km16分前後のペースに落ち着き、中間点を1時間7分04秒で通過。25kmを過ぎてからは、先頭集団はジェプチルチル、アセファ、ジェプコスゲイ、アレムの4人に絞られた。

優勝を懸けてレースは膠着状態となり、記録よりも勝負に。30km以降は5km16分30秒を超えるペースとなっていく。そして、フィニッシュ地点のあるバッキンガム宮殿前のザ・マルで抜け出したのがジェプチルチルだった。20年のバレンシアで出した自己ベスト(2時間17分16秒)をちょうど1分更新し、4人が従来の女子単独レース世界記録を塗り替える超高速バトルを力強く制して歓喜のフィニッシュに飛び込んだ。

1993年9月27日生まれの30歳。ケニア代表選考はこれからになるが、出場すれば女子では史上初の五輪連覇に挑むことになる。この日の走りを見ると、その力、可能性は十分にあると言えるだろう。

第44回ロンドン・マラソンが4月21日に行われ、女子はペレス・ジェプチルチル(ケニア)が2時間16分16秒で優勝。2017年のこの大会でメアリー・ケイタニー(ケニア)が作った女子単独レース世界記録(2時間17分01秒)を6年ぶりに塗り替え、史上初の2時間16分台突入を果たした。 また、2位に入った世界記録(2時間11分53秒)保持者のティギスト・アセファ(エチオピア)が2時間16分23秒、1秒差で3位のジョイシリン・ジェプコスゲイ(ケニア)、2時間16分34秒で4位のメゲルツ・アレム(エチオピア)までが従来の女子単独レース世界記録を上回った。 昨年9月のベルリンで、異次元の世界記録を打ち立てたアセファ、2年前の覇者ジェプコスゲイら豪華メンバーがそろった女子で、東京五輪女王がその力を誇示した。ジェプチルチルは最初の10kmまでを5kmごとに15分44秒、15分42秒という高速レースにも動じない。そこから5km16分前後のペースに落ち着き、中間点を1時間7分04秒で通過。25kmを過ぎてからは、先頭集団はジェプチルチル、アセファ、ジェプコスゲイ、アレムの4人に絞られた。 優勝を懸けてレースは膠着状態となり、記録よりも勝負に。30km以降は5km16分30秒を超えるペースとなっていく。そして、フィニッシュ地点のあるバッキンガム宮殿前のザ・マルで抜け出したのがジェプチルチルだった。20年のバレンシアで出した自己ベスト(2時間17分16秒)をちょうど1分更新し、4人が従来の女子単独レース世界記録を塗り替える超高速バトルを力強く制して歓喜のフィニッシュに飛び込んだ。 1993年9月27日生まれの30歳。ケニア代表選考はこれからになるが、出場すれば女子では史上初の五輪連覇に挑むことになる。この日の走りを見ると、その力、可能性は十分にあると言えるだろう。

【動画】ジェプチルチル「世界新」への激走!

https://twitter.com/LondonMarathon/status/1781998630875840711

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.25

P-T-Sミーティング・女子走幅跳で秦澄美鈴が2位 男子200m西裕大が3位/WAコンチネンタルツアー

世界陸連(WA)コンチネンタルツアーシルバーのP-T-Sミーティングが5月24日、スロバキアのバンスカー・ビストリツァで行われ、女子走幅跳で秦澄美鈴(住友電工)が6m52(+0.3)で2位だった。 日本記録(6m97)保 […]

NEWS 女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

2024.05.25

女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

◇第101回関西インカレ(5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都) 関西インカレのT&Fの部最終日が行われ、競歩の男女混合リレーでパリ五輪代表に内定している柳井綾音(立命大3)が女子10000m競歩で44分21 […]

NEWS 米国留学の石井優吉が800mで1分46秒22! 日本人男子でサニブラウン以来の全米学生選手権へ

2024.05.25

米国留学の石井優吉が800mで1分46秒22! 日本人男子でサニブラウン以来の全米学生選手権へ

全米学生選手権出場を懸けた東部地区予選の男子800mに石井優吉(ペンシルベニア州立大)が出場し、3組行われた決勝ラウンドの1組目で1分46秒22の日本歴代7位タイをマークした。 各組3着までと記録上位3人がラウンドを通過 […]

NEWS 女子やり投・篠田佳奈が自己新V 57m63で堂々3連覇 「60m近くの感触があった」/関西IC

2024.05.25

女子やり投・篠田佳奈が自己新V 57m63で堂々3連覇 「60m近くの感触があった」/関西IC

◇第101回関西インカレ(5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都) 関西インカレのT&Fの部3日目が行われ、女子やり投で4年生の篠田佳奈(京大)が4投目に57m63の自己ベストを投げ大会3連覇を飾った。 昨年は […]

NEWS サニブラウン主催「DAWN GAMES」本格始動!小中高100m大会、6月に東西で予選

2024.05.24

サニブラウン主催「DAWN GAMES」本格始動!小中高100m大会、6月に東西で予選

男子100m2大会連続世界選手権ファイナリストのサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)と契約するマネジメント会社UDN SPORTSは、小中高生を対象とした100mの競技会「DAWN GAMES(ドーンゲームス)」を開 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top