HOME 国内

2024.04.20

男子走高跳・真野友博が4位タイで五輪に前進 100mは和田遼が健闘5位、桐生祥秀7位/DL廈門
男子走高跳・真野友博が4位タイで五輪に前進 100mは和田遼が健闘5位、桐生祥秀7位/DL廈門

23年日本選手権男子走高跳3位の真野友博

【動画】和田が5位、桐生が7位 男子100mのレースをチェック

ダイヤモンドリーグ(DL)の24年開幕戦となる廈門大会(中国)が4月20日に行われ、男子走高跳では真野友博(九電工)が2m24で4位タイとなった。 昨年のブダペスト世界選手権代表の真野は、冬季に豪州やニュージーランドと南半球で合宿を行い、2月にはコンチネンタルツアーブロンズで優勝も飾っている。約1ヵ月ぶりの試合となった今大会では2m15で1回失敗したものの、2回目でクリア。2m20はミスなく跳ぶと、2m24も2度目の試技でバーを越えた。 真野は昨年のDLドーハ大会に続き、2度目のDL。前回は記録なしに終わったが、今回では世界のトップを相手に善戦し、ワールドランキングに必要なポイントを積み重ねることに成功した。4月20日時点ではパリ五輪出場圏内つけており、今回の結果により初の五輪出場に一歩近づいた。 また、男子100mには元日本記録保持者の桐生祥秀(日本生命)と、前日に急遽参戦が決まった和田遼(ミキハウス)が出場。世界選手権優勝経験のあるクリスチャン・コールマン(米国)とフレッド・カーリー(米国)らも出場するレースで、中盤まで競り合った。 最後は10秒13(-0.6)で優勝したコールマンに差をつけられたものの、和田が10秒31で5位と健闘。桐生は10秒38で7位でのフィニッシュとなった。 DLは今月27日に蘇州(中国)で第2戦が行われる。

【動画】和田が5位、桐生が7位 男子100mのレースをチェック

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

2024出雲全日本大学選抜駅伝出場校

出場チーム 北海道学連選抜   33回目 東北学連選抜    35回目 青山学院大学    14回目 駒澤大学      30回目 城西大学      6回目 東洋大学      24回目 國學院大學     7回目 法 […]

NEWS 2024全日本大学駅伝出場校

2024.06.14

2024全日本大学駅伝出場校

出場校 ■シード校(前回上位8校) 駒澤大学    29大会連続31回目 青山学院大学  12大会連続14回目 國學院大學   10大会連続12回目 中央大学     4大会連続31回目 城西大学     2大会連続11 […]

NEWS 2024全日本大学女子駅伝出場校

2024.06.14

2024全日本大学女子駅伝出場校

シード校(前回上位8校) 名城大学     26年連続26回目 大東文化大学   14年連続14回目 立命館大学    35年連続35回目 城西大学     30年連続31回目 日本体育大学   13年連続36回目 大阪 […]

NEWS 2025箱根駅伝出場チーム

2024.06.14

2025箱根駅伝出場チーム

出場校 青山学院大学   17年連続30回目 駒澤大学     59年連続59回目 城西大学     3年連続19回目 東洋大学     23年連続83回目 國學院大学    9年連続18回目 法政大学     10年連 […]

NEWS ハンマー投・福田翔大が73m91!! 日本歴代4位をさらに更新 女子円盤投の郡菜々佳が2位/アジア投てき選手権

2024.06.14

ハンマー投・福田翔大が73m91!! 日本歴代4位をさらに更新 女子円盤投の郡菜々佳が2位/アジア投てき選手権

【動画】福田翔大の自己新スローをチェック! 男子ハンマー投日本歴代10傑 84.86 室伏広治(ミズノ)    2003. 6.29 75.96 室伏重信(中京大教)   1984. 7.15 74.08 土井宏昭(ファ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top