HOME 国内、大学

2024.04.19

京産大・中村光稀が独走V2も「最低でも大会記録は更新しておきたかった」/関西ICハーフ
京産大・中村光稀が独走V2も「最低でも大会記録は更新しておきたかった」/関西ICハーフ

独走で2連覇した中村光稀(京産大)

◇第101回関西インカレ・ロードの部(4月18日・ヤンマーフィールド長居付設長距離走路)

男子1部は4年の中村光稀(京産大)が、大学の先輩・寺西雅俊が2016年にマークした大会記録に3秒と迫る1時間4分24秒で2連覇を果たした。

「最初からひとりで行こうと決めていました」と話す通り、スタート直後に飛び出した中村。その後も「1㎞・3分ペースで刻んで行こうと思っていました」と5㎞を14分53秒あたりで通過。早くも独走態勢を築いた。

10㎞までは30分11秒とペースを維持したが、「前半は思ったより余裕を持って入れましたが、少しずつ呼吸がきつくなってきました」。日差しが隠れるほどの黄砂の影響などもあり、徐々にペースダウンした。最後まで2位以下との差は縮まらなかったものの、「1時間3分切りが目標でした。最低でも大会記録は更新しておきたかったので、悔しさしかありません」と唇を噛んだ。

和歌山北高時代は中距離が主軸だったが、才能を買われ長距離の道へ。2年時に10000mで28分55秒22をマークし注目される存在となった。昨年は関西インカレハーフで優勝し、続く10000mでも2位。100回記念で関東以外の大学にも門戸が開かれた秋の箱根駅伝予選会でも66位(1時間3分36秒)と、チームの27位に貢献していた。

その後、貧血の症状が出るなどコンディションを崩していたが、年明けに復帰。「ここ1、2ヵ月はしっかり練習もできていたので、今季初戦でしたがタイムを出したかった。学生ラストシーズンなので、10000mで全カレに出場できるように早くA標準(28分45秒00)を切って、本番でも上位争いに絡めるよう力を付けていきたい。駅伝でもチームをしっかり引っ張り、実力をアピールしたい」と力を込めた。

1分26秒差の2位には後輩の桒田大樹が入り、京産大がワン・ツー。2秒差で立命大の中川柊太が続き、4、5位には関学大や関大などの強豪を抑えて武林悠天(大阪大院)、則岡颯太(神戸大)の国立大勢が入る健闘が光った。

男子2部は、終盤まで1部の第2集団とともにレースを進めた藤田剛史(摂南大)が大経大勢を抑えて1時間6分18秒で初優勝を果たした。

トラック&フィールドの部は、5月22日~25日にたけびしスタジアム京都・東寺ハウジングフィールド西京極で行われる。

文・写真/花木 雫

◇第101回関西インカレ・ロードの部(4月18日・ヤンマーフィールド長居付設長距離走路) 男子1部は4年の中村光稀(京産大)が、大学の先輩・寺西雅俊が2016年にマークした大会記録に3秒と迫る1時間4分24秒で2連覇を果たした。 「最初からひとりで行こうと決めていました」と話す通り、スタート直後に飛び出した中村。その後も「1㎞・3分ペースで刻んで行こうと思っていました」と5㎞を14分53秒あたりで通過。早くも独走態勢を築いた。 10㎞までは30分11秒とペースを維持したが、「前半は思ったより余裕を持って入れましたが、少しずつ呼吸がきつくなってきました」。日差しが隠れるほどの黄砂の影響などもあり、徐々にペースダウンした。最後まで2位以下との差は縮まらなかったものの、「1時間3分切りが目標でした。最低でも大会記録は更新しておきたかったので、悔しさしかありません」と唇を噛んだ。 和歌山北高時代は中距離が主軸だったが、才能を買われ長距離の道へ。2年時に10000mで28分55秒22をマークし注目される存在となった。昨年は関西インカレハーフで優勝し、続く10000mでも2位。100回記念で関東以外の大学にも門戸が開かれた秋の箱根駅伝予選会でも66位(1時間3分36秒)と、チームの27位に貢献していた。 その後、貧血の症状が出るなどコンディションを崩していたが、年明けに復帰。「ここ1、2ヵ月はしっかり練習もできていたので、今季初戦でしたがタイムを出したかった。学生ラストシーズンなので、10000mで全カレに出場できるように早くA標準(28分45秒00)を切って、本番でも上位争いに絡めるよう力を付けていきたい。駅伝でもチームをしっかり引っ張り、実力をアピールしたい」と力を込めた。 1分26秒差の2位には後輩の桒田大樹が入り、京産大がワン・ツー。2秒差で立命大の中川柊太が続き、4、5位には関学大や関大などの強豪を抑えて武林悠天(大阪大院)、則岡颯太(神戸大)の国立大勢が入る健闘が光った。 男子2部は、終盤まで1部の第2集団とともにレースを進めた藤田剛史(摂南大)が大経大勢を抑えて1時間6分18秒で初優勝を果たした。 トラック&フィールドの部は、5月22日~25日にたけびしスタジアム京都・東寺ハウジングフィールド西京極で行われる。 文・写真/花木 雫

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.25

P-T-Sミーティング・女子走幅跳で秦澄美鈴が2位 男子200m西裕大が3位/WAコンチネンタルツアー

世界陸連(WA)コンチネンタルツアーシルバーのP-T-Sミーティングが5月24日、スロバキアのバンスカー・ビストリツァで行われ、女子走幅跳で秦澄美鈴(住友電工)が6m52(+0.3)で2位だった。 日本記録(6m97)保 […]

NEWS 女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

2024.05.25

女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

◇第101回関西インカレ(5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都) 関西インカレのT&Fの部最終日が行われ、競歩の男女混合リレーでパリ五輪代表に内定している柳井綾音(立命大3)が女子10000m競歩で44分21 […]

NEWS 米国留学の石井優吉が800mで1分46秒22! 日本人男子でサニブラウン以来の全米学生選手権へ

2024.05.25

米国留学の石井優吉が800mで1分46秒22! 日本人男子でサニブラウン以来の全米学生選手権へ

全米学生選手権出場を懸けた東部地区予選の男子800mに石井優吉(ペンシルベニア州立大)が出場し、3組行われた決勝ラウンドの1組目で1分46秒22の日本歴代7位タイをマークした。 各組3着までと記録上位3人がラウンドを通過 […]

NEWS 女子やり投・篠田佳奈が自己新V 57m63で堂々3連覇 「60m近くの感触があった」/関西IC

2024.05.25

女子やり投・篠田佳奈が自己新V 57m63で堂々3連覇 「60m近くの感触があった」/関西IC

◇第101回関西インカレ(5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都) 関西インカレのT&Fの部3日目が行われ、女子やり投で4年生の篠田佳奈(京大)が4投目に57m63の自己ベストを投げ大会3連覇を飾った。 昨年は […]

NEWS サニブラウン主催「DAWN GAMES」本格始動!小中高100m大会、6月に東西で予選

2024.05.24

サニブラウン主催「DAWN GAMES」本格始動!小中高100m大会、6月に東西で予選

男子100m2大会連続世界選手権ファイナリストのサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)と契約するマネジメント会社UDN SPORTSは、小中高生を対象とした100mの競技会「DAWN GAMES(ドーンゲームス)」を開 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top