HOME 国内

2024.04.14

十種競技・森口諒也が7445点の自己新で初タイトル!日本選手権で「アジアの覇王倒す」/東京選手権混成
十種競技・森口諒也が7445点の自己新で初タイトル!日本選手権で「アジアの覇王倒す」/東京選手権混成

十種競技を制した森口諒也

◇東京選手権・混成競技(2024年4月13、14日/東京・駒沢陸上競技場)

日本グランプリシリーズのポイント対象大会となる東京選手権・混成競技が行われ、男子十種競技は森口諒也(オリコ)が7445点で優勝。昨年出した7374点のベストを更新し、うれしい主要大会初タイトルを手にした。

森口は砲丸投で13m43の自己新、棒高跳は4m40の自己タイ。100mでも追い風参考ながら10秒75をマークし、10秒72の自己記録に迫った。

今年からオリコ所属となった森口。「ここ2、3年は清水剛士さんにコーチをお願いして、『歩く』ところからはじめてきた」と言う。身長190cmを超える長身をさらに生かすため、食事面でも見直したという。

まだ「筋力トレーニングや走練習もほとんどしていない中で自己ベストなので、やってきたことが間違いじゃない。まだまだこれからだと思えました」と胸を張った。

東海大仰星高時代、同学年で同じ大阪の丸山優真(現・住友電工)としのぎを削ってきたライバル。その丸山は昨年、世界選手権にも出場し、アジア選手権でも優勝している。だが、ここにきてようやくこちらの大器も本格化の気配が漂う。

「今年は、縁起のいいところで7777点を出したい。日本選手権で“アジアの覇王”を倒したいです」と力強く、ライバルに宣戦布告した。

◇東京選手権・混成競技(2024年4月13、14日/東京・駒沢陸上競技場) 日本グランプリシリーズのポイント対象大会となる東京選手権・混成競技が行われ、男子十種競技は森口諒也(オリコ)が7445点で優勝。昨年出した7374点のベストを更新し、うれしい主要大会初タイトルを手にした。 森口は砲丸投で13m43の自己新、棒高跳は4m40の自己タイ。100mでも追い風参考ながら10秒75をマークし、10秒72の自己記録に迫った。 今年からオリコ所属となった森口。「ここ2、3年は清水剛士さんにコーチをお願いして、『歩く』ところからはじめてきた」と言う。身長190cmを超える長身をさらに生かすため、食事面でも見直したという。 まだ「筋力トレーニングや走練習もほとんどしていない中で自己ベストなので、やってきたことが間違いじゃない。まだまだこれからだと思えました」と胸を張った。 東海大仰星高時代、同学年で同じ大阪の丸山優真(現・住友電工)としのぎを削ってきたライバル。その丸山は昨年、世界選手権にも出場し、アジア選手権でも優勝している。だが、ここにきてようやくこちらの大器も本格化の気配が漂う。 「今年は、縁起のいいところで7777点を出したい。日本選手権で“アジアの覇王”を倒したいです」と力強く、ライバルに宣戦布告した。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.30

アディダスから新作ランニングシューズ「ADIZERO SL 2」が登場!日本の女子長距離界を牽引する新谷仁美も絶賛

アディダス ジャパンは30日、東京・世田谷区の駒沢オリンピック公園総合運動場でランニングシリーズ「ADIZERO(アディゼロ)」の最新作シューズ「ADIZERO SL 2(アディゼロ エスエル ツー)」の商品プレゼンテー […]

NEWS 【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」

2024.05.30

【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」

山梨学大の上田誠仁顧問の月陸Online特別連載コラム。これまでの経験や感じたこと、想いなど、心のままに綴っていただきます! 第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」 5月のコラムは関東 […]

NEWS 【高校生FOCUS】男子棒高跳・谷口海斗(中京大中京高)今年は全国4冠と父の現役ベスト越えに挑戦

2024.05.30

【高校生FOCUS】男子棒高跳・谷口海斗(中京大中京高)今年は全国4冠と父の現役ベスト越えに挑戦

FOCUS! 高校生INTERVIEW 谷口 海斗 Taniguchi kaito 中京大中京高3愛知 注目の高校アスリートをフォーカスして紹介するコーナー!今回は男子棒高跳の谷口海斗選手(中京大中京高3愛知)です。昨年 […]

NEWS 新谷仁美 マラソン日本新への思い変わらず「ごまかしながらでなく再構築」東京世界陸上はトラックでの可能性示唆

2024.05.30

新谷仁美 マラソン日本新への思い変わらず「ごまかしながらでなく再構築」東京世界陸上はトラックでの可能性示唆

女子10000m日本記録保持者でマラソン日本歴代3位の記録を持つ新谷仁美(積水化学)が、5月30日に都内で行われた契約するアディダスのシューズイベントに出席した。 今年3月の東京マラソンで2時間21分50秒をマークして日 […]

NEWS 宇野勝翔が200m20秒78で優勝!山路康太郎3位 女子200m鶴田玲美は23秒58で2位/WAコンチネンタルツアー

2024.05.30

宇野勝翔が200m20秒78で優勝!山路康太郎3位 女子200m鶴田玲美は23秒58で2位/WAコンチネンタルツアー

5月27日から29日かけ、中国・重慶市でWAコンチネンタルツアー・ブロンズの第2回一帯一路招待競技会が行われ、男子200mで宇野勝翔(オリコ)が20秒78(-0.5)で優勝を飾った。 宇野は昨年のアジア大会代表。3月に順 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top