HOME 国内

2024.03.10

安藤友香が自己ベストの2時間21分18秒でV パリ届かずもマラソン初優勝 前田穂南が五輪代表内定/名古屋ウィメンズマラソン
安藤友香が自己ベストの2時間21分18秒でV パリ届かずもマラソン初優勝 前田穂南が五輪代表内定/名古屋ウィメンズマラソン

名古屋ウィメンズマラソン2024に出場した安藤友香(ワコール)

◇名古屋ウィメンズマラソン(3月10日/バンテリンドーム ナゴヤ前スタート―名古屋市内―バンテリンドーム ナゴヤ前フィニッシュ)

パリ五輪MGCファイナルチャレンジを兼ねた名古屋ウィメンズマラソンが行われ、安藤友香(ワコール)が日本人トップの2時間21分18秒で優勝。日本歴代8位の自己ベスト2時間21分36秒を更新したものの、1月の大阪国際女子で前田穂南(天満屋)がマークした日本記録2時間18分59秒を上回ることでできず、前田が3人目のパリ五輪代表に内定した。

広告の下にコンテンツが続きます

スタートしてまもなく、先頭集団は海外勢に加え、日本人は安藤、加世田梨花(ダイハツ)、鈴木亜由子(日本郵政グループ)の3人に絞られた。

序盤は日本記録のペースに近いレースで展開されたが、10km前後から向かい風が災いし、ペースが伸びなかった。中間点を1時間9分56秒で通過した後も、ペースは上がらなかった。

25km過ぎで鈴木が後退すると26km過ぎで海外勢がペースアップ。日本人最上位を安藤と加世田で争ったが、33km過ぎで安藤が加世田を引き離した。

安藤は終盤、海外勢に迫り、39km過ぎに先頭を走るユニスチェビチー・チュンバ(バーレーン)に追いつく。残り700mでチュンバを振り切った。

広告の下にコンテンツが続きます

29歳の安藤は、17年名古屋で初マラソンながら当時の日本歴代4位の2時間21分36秒(初マラソン日本最高)をマーク。同年ロンドン世界選手権に出場している。21年の東京五輪はマラソンでの代表を逃し、10000mに出場。24年パリ五輪はマラソン代表を目指していた。

◇名古屋ウィメンズマラソン(3月10日/バンテリンドーム ナゴヤ前スタート―名古屋市内―バンテリンドーム ナゴヤ前フィニッシュ) パリ五輪MGCファイナルチャレンジを兼ねた名古屋ウィメンズマラソンが行われ、安藤友香(ワコール)が日本人トップの2時間21分18秒で優勝。日本歴代8位の自己ベスト2時間21分36秒を更新したものの、1月の大阪国際女子で前田穂南(天満屋)がマークした日本記録2時間18分59秒を上回ることでできず、前田が3人目のパリ五輪代表に内定した。 スタートしてまもなく、先頭集団は海外勢に加え、日本人は安藤、加世田梨花(ダイハツ)、鈴木亜由子(日本郵政グループ)の3人に絞られた。 序盤は日本記録のペースに近いレースで展開されたが、10km前後から向かい風が災いし、ペースが伸びなかった。中間点を1時間9分56秒で通過した後も、ペースは上がらなかった。 25km過ぎで鈴木が後退すると26km過ぎで海外勢がペースアップ。日本人最上位を安藤と加世田で争ったが、33km過ぎで安藤が加世田を引き離した。 安藤は終盤、海外勢に迫り、39km過ぎに先頭を走るユニスチェビチー・チュンバ(バーレーン)に追いつく。残り700mでチュンバを振り切った。 29歳の安藤は、17年名古屋で初マラソンながら当時の日本歴代4位の2時間21分36秒(初マラソン日本最高)をマーク。同年ロンドン世界選手権に出場している。21年の東京五輪はマラソンでの代表を逃し、10000mに出場。24年パリ五輪はマラソン代表を目指していた。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.13

学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

4月13日、第312回日体大長距離競技会が神奈川県の日体大健志台競技場で行われ、男子5000mの最終組で6着に入った増子陽太(学法石川高2福島)が高校歴代6位、高2歴代最高となる13分34秒60をマークした。 増子は鏡石 […]

NEWS 「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

2024.04.13

「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子5000mでは10000m日本記録保持者の塩尻和也(富士通)が13分24分57秒で日本 […]

NEWS パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

2024.04.13

パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、パリ五輪女子マラソン代表の鈴木優花(第一生命グループ)が10000mに出場し、33分21秒 […]

NEWS 社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

2024.04.13

社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子1500mではブダペスト世界選手権3000m障害6位の三浦龍司(SUBARU)が3分3 […]

NEWS 田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

2024.04.13

田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、女子1500mはツカラ・エスタ・ムソニ(ニトリ)が4分06秒54の大会新記録で優勝。日本人 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top