HOME 国内、海外

2024.03.04

“キング”キプチョゲと“女王”ハッサンが銀座に降臨!「マラソンは人生」トークイベントで哲学伝える
“キング”キプチョゲと“女王”ハッサンが銀座に降臨!「マラソンは人生」トークイベントで哲学伝える

イベントに出席したキプチョゲとハッサン

マラソン世界王者のエリウド・キプチョゲ(ケニア)と東京五輪5000m・10000m金メダリストのシファン・ハッサン(オランダ)という2人のレジェンドが銀座に降臨した。

前日に東京マラソンを終えた2人。契約するナイキの「⾛りを加速するインスピレーションとイノベーションでランナーをサポートするイベント『UNITE FAST』」のため、NIKE GINZAを訪れてトークセッションを行った。集まったランナーや学生たちに向けてアドバイスなどを送った。

広告の下にコンテンツが続きます

東京マラソンを終え、「最初から最後まで応援してくださって頑張れました。東京はランニングの街」とキプチョゲ。ハッサンも「正直、万全とはいかずかなり苦しみましたが、応援のお陰で最後は楽しんで走れました」と笑顔を見せる。

ともに優勝ならず、本来の力は発揮できなかった。それでも、「人間は機械ではない。100%のトレーニングができても結果が出ないこともある。それこそがスポーツ。大事なのは結果を受け入れること。そして止まらないことなのです」とキプチョゲ。まさにその姿勢を走りで伝えた。

レースに挑むにあたり大事にしていることについて、「自分を信じること。ターゲットに向けて楽しめたか。そうすればメンタルも準備も整う」(キプチョゲ)。ハッサンは「何でこんなつらい思いをして走っているんだろうと思うこともありますが」と笑いつつ、「しっかりトレーニングをすれば自信が持てます」と言う。

トークからは2人の“哲学”が垣間見え、「マラソンは人生。ランニングの素晴らしさ、情熱を伝えるのが私たちの仕事です」とキプチョゲが言えば、「若い頃は一喜一憂しましたが、大人になるにつれて『思ったようにことは進まない』と感じました。大事なのは毎日ベストを尽くすこと。そうすれば明日、新しい自分に会える」と語った。

広告の下にコンテンツが続きます

イベントには男子マラソンパリ五輪代表の小山直城(Honda)と女子10000m世界選手権7位の廣中璃梨佳(日本郵政グループ)もゲスト出演。小山は「一緒に走れるのは恐れ多いですが楽しみ。しっかり準備したい」と語り、廣中は「東京五輪で初めて一緒に走ってから、あんな景色を見たいと思っています。昨年の10000mで転倒されても相手を称えている姿を見て尊敬しています」と目を輝かせた。

今年1月には「ナイキ アルファフライ 3」が発売されるなど、進化の止まらないランニングシューズについても「未来は明るい。安心できるし、トレーニングをたくさんできるシューズをこれからも期待したい」(キプチョゲ)、「リカバリーができ、タイムも速くなる。これからのシューズの進化にも期待しています」(ハッサン)と語った。

マラソン世界王者のエリウド・キプチョゲ(ケニア)と東京五輪5000m・10000m金メダリストのシファン・ハッサン(オランダ)という2人のレジェンドが銀座に降臨した。 前日に東京マラソンを終えた2人。契約するナイキの「⾛りを加速するインスピレーションとイノベーションでランナーをサポートするイベント『UNITE FAST』」のため、NIKE GINZAを訪れてトークセッションを行った。集まったランナーや学生たちに向けてアドバイスなどを送った。 東京マラソンを終え、「最初から最後まで応援してくださって頑張れました。東京はランニングの街」とキプチョゲ。ハッサンも「正直、万全とはいかずかなり苦しみましたが、応援のお陰で最後は楽しんで走れました」と笑顔を見せる。 ともに優勝ならず、本来の力は発揮できなかった。それでも、「人間は機械ではない。100%のトレーニングができても結果が出ないこともある。それこそがスポーツ。大事なのは結果を受け入れること。そして止まらないことなのです」とキプチョゲ。まさにその姿勢を走りで伝えた。 レースに挑むにあたり大事にしていることについて、「自分を信じること。ターゲットに向けて楽しめたか。そうすればメンタルも準備も整う」(キプチョゲ)。ハッサンは「何でこんなつらい思いをして走っているんだろうと思うこともありますが」と笑いつつ、「しっかりトレーニングをすれば自信が持てます」と言う。 トークからは2人の“哲学”が垣間見え、「マラソンは人生。ランニングの素晴らしさ、情熱を伝えるのが私たちの仕事です」とキプチョゲが言えば、「若い頃は一喜一憂しましたが、大人になるにつれて『思ったようにことは進まない』と感じました。大事なのは毎日ベストを尽くすこと。そうすれば明日、新しい自分に会える」と語った。 イベントには男子マラソンパリ五輪代表の小山直城(Honda)と女子10000m世界選手権7位の廣中璃梨佳(日本郵政グループ)もゲスト出演。小山は「一緒に走れるのは恐れ多いですが楽しみ。しっかり準備したい」と語り、廣中は「東京五輪で初めて一緒に走ってから、あんな景色を見たいと思っています。昨年の10000mで転倒されても相手を称えている姿を見て尊敬しています」と目を輝かせた。 今年1月には「ナイキ アルファフライ 3」が発売されるなど、進化の止まらないランニングシューズについても「未来は明るい。安心できるし、トレーニングをたくさんできるシューズをこれからも期待したい」(キプチョゲ)、「リカバリーができ、タイムも速くなる。これからのシューズの進化にも期待しています」(ハッサン)と語った。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.21

日本がマラソンリレーパリ五輪出場権を2枠獲得!池田向希&岡田久美子が銀メダル! 髙橋&渕瀬が17位で滑り込み/世界競歩チーム選手権

◇第30回世界競歩チーム選手権(4月21日/トルコ・アンタルヤ) 世界競歩チーム選手権が行われ、パリ五輪出場権を懸けた男女混合マラソンリレーで池田向希(旭化成)・岡田久美子(富士通)チームが2時間57分04秒で銀メダルを […]

NEWS カツバーグが84m38!男子ハンマー投で世界歴代9位の快投 ベドナレク9秒91、リンジーが好調テボゴ下す19秒71/WAコンチネンタルツアー

2024.04.21

カツバーグが84m38!男子ハンマー投で世界歴代9位の快投 ベドナレク9秒91、リンジーが好調テボゴ下す19秒71/WAコンチネンタルツアー

4月20日、ケニアで世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのキプケイノ・クラシックが開催され、男子ハンマー投ではブダペスト世界選手権金メダルのE.カツバーグ(カナダ)が世界歴代9位の84m38で優勝した。 現在2 […]

NEWS 王者デュプランティスがいきなり6m24世界新!女子1500mはツェガイ快勝 バルシム、リチャードソン破れる波乱/DL廈門

2024.04.21

王者デュプランティスがいきなり6m24世界新!女子1500mはツェガイ快勝 バルシム、リチャードソン破れる波乱/DL廈門

4月20日、ダイヤモンドリーグ(DL)の初戦が中国・廈門で開催され、男子棒高跳ではA.デュプランティス(スウェーデン)が自身の持つ世界記録を1cm更新するの6m24で優勝した。 デュプランティスは東京五輪、オレゴン、ブダ […]

NEWS ジェプチルチル2時間16分16秒!アセファ2時間16分23秒、4位までが女子単独レース世界新の超高速バトル/ロンドン・マラソン

2024.04.21

ジェプチルチル2時間16分16秒!アセファ2時間16分23秒、4位までが女子単独レース世界新の超高速バトル/ロンドン・マラソン

第44回ロンドン・マラソンが4月21日に行われ、女子はペレス・ジェプチルチル(ケニア)が2時間16分16秒で優勝。2017年のこの大会でメアリー・ケイタニー(ケニア)が作った女子単独レース世界記録(2時間17分01秒)を […]

NEWS やり投・北口榛花のビッグスローと笑顔に再び脚光 ダイヤモンドリーグ公式が過去の投てきを紹介

2024.04.21

やり投・北口榛花のビッグスローと笑顔に再び脚光 ダイヤモンドリーグ公式が過去の投てきを紹介

いよいよ開幕した世界最高峰のダイヤモンドリーグだが、シーズンのスタートに先駆けて、公式YouTubeチャンネルで過去のパフォーマンスを紹介した。 男子棒高跳世界記録保持者のアルマンド・デュプランティス(スウェーデン)や、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top