HOME 国内

2024.03.03

ハーフは中電工・井上亮真が優勝 10kmは高校男子・谷本昂士郎、女子・菅田雅香が制す/玉名ハーフ
ハーフは中電工・井上亮真が優勝 10kmは高校男子・谷本昂士郎、女子・菅田雅香が制す/玉名ハーフ

24年丸亀ハーフに出場した井上亮真

3月3日、第75回金栗杯玉名ハーフマラソンが熊本県・玉名市役所前を発着点とするコースで行われ、ハーフマラソンの部は井上亮真(中電工)が1時間3分11秒で優勝を飾った。

レースは5kmで15分03秒、10kmは29分59秒のペースで推移。井上や住田優範(愛知製鋼)、学生の上原琉翔(國學院大)、末次海斗(帝京大)、が終盤まで競り合う展開となったが、フィニッシュ直前で抜け出た井上がトップでフィニッシュした。1秒差の2位には末次が続き、上原、住田までが同タイム着差ありで入線している。

広告の下にコンテンツが続きます

また、昨年のMGCで4位に入っている川内優輝(あいおいニッセイ同和損保)も出場。左脚のケガからの回復途上ということもあり、マイペースでレースを進め1時間13分35秒の36位でフィニッシュした。

このほか高校生が出場した男子10kmは谷本昂士郎(大牟田・福岡)が29分35秒で優勝。今村仁(鳥栖工・佐賀)が29分41秒で2位、梅田流磨(開新・熊本)が29秒43で3位に入った。女子10kmは菅田雅香(日本郵政グループ)が32分51秒で制している。

3月3日、第75回金栗杯玉名ハーフマラソンが熊本県・玉名市役所前を発着点とするコースで行われ、ハーフマラソンの部は井上亮真(中電工)が1時間3分11秒で優勝を飾った。 レースは5kmで15分03秒、10kmは29分59秒のペースで推移。井上や住田優範(愛知製鋼)、学生の上原琉翔(國學院大)、末次海斗(帝京大)、が終盤まで競り合う展開となったが、フィニッシュ直前で抜け出た井上がトップでフィニッシュした。1秒差の2位には末次が続き、上原、住田までが同タイム着差ありで入線している。 また、昨年のMGCで4位に入っている川内優輝(あいおいニッセイ同和損保)も出場。左脚のケガからの回復途上ということもあり、マイペースでレースを進め1時間13分35秒の36位でフィニッシュした。 このほか高校生が出場した男子10kmは谷本昂士郎(大牟田・福岡)が29分35秒で優勝。今村仁(鳥栖工・佐賀)が29分41秒で2位、梅田流磨(開新・熊本)が29秒43で3位に入った。女子10kmは菅田雅香(日本郵政グループ)が32分51秒で制している。

玉名ハーフマラソン上位成績

●ハーフマラソン 1位 井上亮真(中電工)  1時間3分11秒 2位 末次海斗(帝京大学) 1時間3分12秒 3位 上原琉翔(國學院大) 1時間3分12秒 4位 住田優範(愛知製鋼) 1時間3分12秒 5位 緒方貴典(トヨタ自動車九州) 1時間3分24秒 6位 佐藤俊輔(安川電機) 1時間3分42秒 7位 後村光星(國學院大) 1時間3分43秒 8位 西村翔太(日大)   1時間3分57秒 9位 伊藤秀虎(中央学大) 1時間4分12秒 10位 木付琳(九電工)   1時間4分29秒 ●男子10km 1位 谷本昂士郎(大牟田高・福岡) 29分35秒 2位 今村仁(鳥栖工業高・佐賀)  29分41秒 3位 梅田流磨(開新高・熊本)   29分43秒 4位 岩佐太陽(鳥栖工高・佐賀)  29分45秒 5位 山口翔輝(大牟田高・福岡)  29分46秒 6位 増永一心(開新高・熊本)   29分48秒 7位 蒲生悠(宮崎日大高・宮崎)  29分53秒 8位 久保茉潤(大牟田高・福岡)  29分54秒 9位 日高龍之助(宮崎日大高・宮崎)30分04秒 10位 椙山一颯(九州学院高・熊本) 30分05秒 ●女子10km 1位 菅田雅香(日本郵政グループ) 32分51秒 2位 逸木和香菜(九電工)     33分02秒 3位 牛佳慧(日本郵政グループ)  33分18秒 4位 池田こまち(京セラ)     33分21秒 5位 前田海音(資生堂)      33分38秒 6位 瀬戸口凜(神村学園高・鹿児島)33分45秒 7位 市原梨花(キヤノンAC九州) 33分46秒 8位 黒田澪(京セラ)       33分51秒 9位 小倉陽菜(神村学園高・鹿児島)33分51秒 10位 黒神璃菜(神村学園高・鹿児島)33分52秒

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.16

森井勇磨が初サブ10で8位入賞!パリ五輪代表・大迫傑に先着する殊勲 大迫は13位/ボストンマラソン

ワールドマラソンメジャーズの一つであるボストンマラソンが米国で行われ、S.レマ(エチオピア)が2時間6分17秒(以下、速報値)で優勝した。 東京五輪6位、そしてパリ五輪代表に内定している大迫傑(Nike)が出場。やや気温 […]

NEWS クローズアップ/豊田兼「4年間で一番の目標」ハードル2種目で世界へ 慶大96年ぶりと日本初の快挙に挑戦

2024.04.15

クローズアップ/豊田兼「4年間で一番の目標」ハードル2種目で世界へ 慶大96年ぶりと日本初の快挙に挑戦

パリ五輪に向けた戦いがいよいよスタートした。春のトラック&フィールドシーズンから注目の選手を紹介する。 異色のハードラーが2種目で五輪に挑戦 日本の110mハードルには、泉谷駿介(住友電工)や村竹ラシッド(JAL)、40 […]

NEWS 躍進著しい國學院大 「今季は駅伝で3つとも狙えるところにきている」(前田監督)
PR

2024.04.15

躍進著しい國學院大 「今季は駅伝で3つとも狙えるところにきている」(前田監督)

厳しいトレーニングを可能にするコンディショニングへのこだわり 近年の國學院大學は学生駅伝で毎回のように上位に名を連ね、その存在感を確かなものにしつつある。勢いの原動力は、日々の厳しいトレーニングとそれを可能にするコンディ […]

NEWS 男女混合競歩リレー出場予定の園田世玲奈が病気のため欠場 渕瀬真寿美が入れ替わり出場/世界競歩チーム選手権

2024.04.15

男女混合競歩リレー出場予定の園田世玲奈が病気のため欠場 渕瀬真寿美が入れ替わり出場/世界競歩チーム選手権

日本陸連は4月15日、世界競歩チーム選手権(トルコ・アンタルヤ)の男女混合競歩リレーに出場を予定していた女子の園田世玲奈(NTN)が慢性萎縮性胃炎のため出場を辞退すると発表した。同種目には女子20kmで代表入りしていた渕 […]

NEWS 織田記念のエントリー発表!男子100mは坂井隆一郎、山縣亮太らが激突!三浦龍司が3000m障害に登録、ハードル、やり投ら熱戦の予感

2024.04.15

織田記念のエントリー発表!男子100mは坂井隆一郎、山縣亮太らが激突!三浦龍司が3000m障害に登録、ハードル、やり投ら熱戦の予感

4月29日に行われる織田記念(広島広域公園競技場)のエントリーリストが主催者から発表され、看板種目の男子100mには昨年の日本選手権覇者・坂井隆一郎(大阪ガス)、3月の世界室内選手権60mファイナリストの多田修平(住友電 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top