HOME 国内

2024.02.17

第一人者・岡田久美子「感謝の気持ち」胸に3大会五輪へ 藤井菜々子「強い気持ちで」/日本選手権20km競歩
第一人者・岡田久美子「感謝の気持ち」胸に3大会五輪へ 藤井菜々子「強い気持ちで」/日本選手権20km競歩

会見に登壇した(左から)岡田久美子(富士通)、藤井菜々子(エディオン)、園田世玲奈(NTN)

◇第107回日本選手権20km競歩(2月18日/兵庫県神戸市・六甲アイランド)

パリ五輪代表選考会となる日本選手権20km競歩を前日に控え、有力選手が前日会見に臨んだ。女子会見には岡田久美子(富士通)、藤井菜々子(エディオン)、園田世玲奈(NTN)が登壇した。

広告の下にコンテンツが続きます

この種目の日本記録(1時間27分41秒)を持つ岡田は、リオ、東京に続いて3度目のオリンピックを狙う。

昨年のブダペスト世界選手権は35km競歩で代表入りしたものの、直前に腰を痛めて欠場。「今でも思い出すとつらい」とこぼすほど傷を負った。その後は11月中旬くらいまで状態が戻らず、引退も考えた。

それでも、「姿勢や身体のバランスを改善して、身体を柔らかく使うことを意識してきました。柔らかい筋肉をつけつつ強く、しなやかに歩けるように」と岡田。その成果から、元旦競歩では10kmで42分50秒の日本新樹立と結果も気持ちも上向いた。

初五輪のリオが16位、東京五輪は15位。「1個ずつしか上がらない厳しい戦い」なのがオリンピックだが、「3回目、今度こそという思いがあります」。度重なるケガなどを乗り越えて立つ選考レース。「支えてくれた方々への感謝の気持ちを持って、内定を取って恩返ししたい」と覚悟を語った。

広告の下にコンテンツが続きます

ドーハ、オレゴンと世界選手権2大会連続入賞していた藤井。昨年のブダペストは「序盤から速いペースになってついていけなかった」と14位に終わった。

「猛暑で設定通り行けなかったり、途中で止めてしまったり、速いペースの練習ができなかった反省があるので、秋から冬にかけてスピード練習を重点的にやってきました」と語る。その結果、「余裕度も出てきた」と手応えを感じている。2大会連続五輪へ「強い気持ちを持って臨みたい」と語った。

岡田、藤井とも、派遣設定記録切りのためには「前半は1km4分25秒くらいのイーブンペースで行き、後半どれだけペースアップできるか」をポイントに置く。

現時点で派遣設定記録1時間28分30秒、参加標準記録1時間29分20秒の突破者はいない。派遣設定記録を切って優勝すれば即時内定。今大会でどこをクリアしてパリ切符をつかめるか。

広告の下にコンテンツが続きます

昨年のブダペストは35km競歩で7位入賞を果たした園田。その後は「1ヵ月後くらいに疲労が来た」ことと、「坐骨神経痛」により「思うような練習ができなかった」と明かす。

歩けない時期もあったが、その間は「身体の各パパーツを丁寧に強化を図り、動きのバランスや歩型を改善する意識で取り組んできました」と言う。

遅咲きのウォーカーとして、世界選手権2度出場して結果を残してきたが、「オリンピックは特別なものというのは海外のレースで伝わってきましたし、私もずっとあこがれてきた舞台」。まずは参加標準記録を目指し、「最後まであきらめない」気持ちで歩ききる構えだ。

日本選手権20km競歩の女子は2月18日、朝10時35分に号砲が鳴る。

広告の下にコンテンツが続きます
◇第107回日本選手権20km競歩(2月18日/兵庫県神戸市・六甲アイランド) パリ五輪代表選考会となる日本選手権20km競歩を前日に控え、有力選手が前日会見に臨んだ。女子会見には岡田久美子(富士通)、藤井菜々子(エディオン)、園田世玲奈(NTN)が登壇した。 この種目の日本記録(1時間27分41秒)を持つ岡田は、リオ、東京に続いて3度目のオリンピックを狙う。 昨年のブダペスト世界選手権は35km競歩で代表入りしたものの、直前に腰を痛めて欠場。「今でも思い出すとつらい」とこぼすほど傷を負った。その後は11月中旬くらいまで状態が戻らず、引退も考えた。 それでも、「姿勢や身体のバランスを改善して、身体を柔らかく使うことを意識してきました。柔らかい筋肉をつけつつ強く、しなやかに歩けるように」と岡田。その成果から、元旦競歩では10kmで42分50秒の日本新樹立と結果も気持ちも上向いた。 初五輪のリオが16位、東京五輪は15位。「1個ずつしか上がらない厳しい戦い」なのがオリンピックだが、「3回目、今度こそという思いがあります」。度重なるケガなどを乗り越えて立つ選考レース。「支えてくれた方々への感謝の気持ちを持って、内定を取って恩返ししたい」と覚悟を語った。 ドーハ、オレゴンと世界選手権2大会連続入賞していた藤井。昨年のブダペストは「序盤から速いペースになってついていけなかった」と14位に終わった。 「猛暑で設定通り行けなかったり、途中で止めてしまったり、速いペースの練習ができなかった反省があるので、秋から冬にかけてスピード練習を重点的にやってきました」と語る。その結果、「余裕度も出てきた」と手応えを感じている。2大会連続五輪へ「強い気持ちを持って臨みたい」と語った。 岡田、藤井とも、派遣設定記録切りのためには「前半は1km4分25秒くらいのイーブンペースで行き、後半どれだけペースアップできるか」をポイントに置く。 現時点で派遣設定記録1時間28分30秒、参加標準記録1時間29分20秒の突破者はいない。派遣設定記録を切って優勝すれば即時内定。今大会でどこをクリアしてパリ切符をつかめるか。 昨年のブダペストは35km競歩で7位入賞を果たした園田。その後は「1ヵ月後くらいに疲労が来た」ことと、「坐骨神経痛」により「思うような練習ができなかった」と明かす。 歩けない時期もあったが、その間は「身体の各パパーツを丁寧に強化を図り、動きのバランスや歩型を改善する意識で取り組んできました」と言う。 遅咲きのウォーカーとして、世界選手権2度出場して結果を残してきたが、「オリンピックは特別なものというのは海外のレースで伝わってきましたし、私もずっとあこがれてきた舞台」。まずは参加標準記録を目指し、「最後まであきらめない」気持ちで歩ききる構えだ。 日本選手権20km競歩の女子は2月18日、朝10時35分に号砲が鳴る。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.24

木南記念・男子100mに坂井隆一郎、女子走幅跳に秦澄美鈴! 女子100mHは寺田明日香と田中佑美が出場

大阪陸協は4月24日、5月12日に開催される第11回木南記念(ヤンマースタジアム長居・ヤンマーフィールド長居)の主な出場選手4人を発表した。 男子100mで昨年の日本選手権で優勝を飾り、ブダペスト世界選手権に出場した坂井 […]

NEWS 【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

2024.04.24

【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

学生長距離Close-upインタビュー 近田陽路 Konda Hiro 中央学大3年 「月陸Online」限定で大学長距離選手のインタビューをお届けする「学生長距離Close-upインタビュー」。38回目は、中央学大の近 […]

NEWS セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

2024.04.24

セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

日本陸連は4月24日、セイコーゴールデングランプリ陸上2024東京(5月19日/東京・国立競技場)の男子5000mの追加出場選手15人を発表した。 2021年東京五輪、22年オレゴン世界選手権男子10000m代表で、昨年 […]

NEWS 新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

2024.04.24

新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

新潟アルビレックスランニングクラブは4月24日、地元(新潟市)に本社を置くサトウ食品とクラブ初のネーミングライツパートナー契約を締結したことを発表した。契約は3年としている。 同市内で行われた記者会見にはサトウ食品の佐藤 […]

NEWS 世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

2024.04.24

世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

バハマ・ナッソーで開催される世界リレー大会(5月4、5日)のエントリーリストが4月23日に発表された。 4×100mリレーは男子32チーム、女子30チームがエントリー。4×400mリレーは男子32チーム、女子27チーム、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top