HOME 駅伝

2024.02.09

高校生No.1ランナー折田壮太が青学大へ!飯田翔大、遠藤大成ら新入部員の5000m上位5人平均は驚異の「13分46秒8」
高校生No.1ランナー折田壮太が青学大へ!飯田翔大、遠藤大成ら新入部員の5000m上位5人平均は驚異の「13分46秒8」

2024年春に青学大へ進学する折田壮太(須磨学園高、中央)、飯田翔大(出水中央高、左)、遠藤大成(佐久長聖高)

青学大長距離ブロックの2024年度新入部員がチームへの取材で判明した。5000mで高校歴代2位の13分28秒78を持つ折田壮太(須磨学園高・兵庫)や同歴代4位の13分34秒20を持つ飯田翔大(出水中央高・鹿児島)、3000m障害で同歴代4位の8分40秒71を持ちインターハイでは2位に入った黒田然(玉野光南高・岡山)らが、春から箱根駅伝優勝チームの仲間入りとなる。

折田は5000mで昨年度のインターハイ日本人トップ(5位)、国体少年A優勝といった実績を持ち、12月の全国高校駅伝では1区区間賞と、トラック・ロード問わず世代ナンバーワンの実力者。弊誌の取材では「大学でもトラックでは日本選手権、駅伝では箱根駅伝という目標に向かってがんばっていきたい」と意気込みを口にしていた。

広告の下にコンテンツが続きます

上記選手の他には、インターハイ3000m障害で黒田に次ぐ3位に入り、全国高校駅伝では2区でチームの優勝に貢献した遠藤大成(佐久長聖高・長野)、8月の東アジアユース大会クロスカントリー5kmで金メダルを獲得した佐々木大輝(花咲徳栄高・埼玉)、千葉・八千代松陰高の全国高校駅伝2年連続3位の立役者となった小河原陽琉など、全国の強豪選手がずらり。

5000m13分台は6人で、上位5人平均は驚異の「13分46秒80」となる。これは2021年度の青学大(13分55秒16)を8秒以上も上回る新入生の過去最速タイムだ。

青学大は2012年の出雲駅伝で学生三大駅伝初タイトル。箱根駅伝では今年1月の大会を10時間41分25秒の大会新記録で総合優勝を飾っており、15年の初優勝以降、10戦7勝と驚異の勝率を誇る。自慢の選手層に強力な新入生が加わり、新年度も学生駅伝界を牽引する存在となりそうだ。

青学大長距離ブロックの2024年度新入部員がチームへの取材で判明した。5000mで高校歴代2位の13分28秒78を持つ折田壮太(須磨学園高・兵庫)や同歴代4位の13分34秒20を持つ飯田翔大(出水中央高・鹿児島)、3000m障害で同歴代4位の8分40秒71を持ちインターハイでは2位に入った黒田然(玉野光南高・岡山)らが、春から箱根駅伝優勝チームの仲間入りとなる。 折田は5000mで昨年度のインターハイ日本人トップ(5位)、国体少年A優勝といった実績を持ち、12月の全国高校駅伝では1区区間賞と、トラック・ロード問わず世代ナンバーワンの実力者。弊誌の取材では「大学でもトラックでは日本選手権、駅伝では箱根駅伝という目標に向かってがんばっていきたい」と意気込みを口にしていた。 上記選手の他には、インターハイ3000m障害で黒田に次ぐ3位に入り、全国高校駅伝では2区でチームの優勝に貢献した遠藤大成(佐久長聖高・長野)、8月の東アジアユース大会クロスカントリー5kmで金メダルを獲得した佐々木大輝(花咲徳栄高・埼玉)、千葉・八千代松陰高の全国高校駅伝2年連続3位の立役者となった小河原陽琉など、全国の強豪選手がずらり。 5000m13分台は6人で、上位5人平均は驚異の「13分46秒80」となる。これは2021年度の青学大(13分55秒16)を8秒以上も上回る新入生の過去最速タイムだ。 青学大は2012年の出雲駅伝で学生三大駅伝初タイトル。箱根駅伝では今年1月の大会を10時間41分25秒の大会新記録で総合優勝を飾っており、15年の初優勝以降、10戦7勝と驚異の勝率を誇る。自慢の選手層に強力な新入生が加わり、新年度も学生駅伝界を牽引する存在となりそうだ。

青学大長距離ブロック 2024年度の新入部員一覧

安島莉玖(大垣日大高・岐阜)  5000m14.06.47 飯田翔大(出水中央高・鹿児島) 5000m13.34.20 植村真登(いわき秀英高・福島) 5000m14.03.62 遠藤大成(佐久長聖高・長野)  5000m13.58.03 小河原陽琉(八千代松陰高・千葉) 5000m13.58.96 折田壮太(須磨学園高・兵庫)  5000m13.28.78 黒田然(玉野光南高・岡山)   5000m14.19.13 佐々木大輝(花咲徳栄高・埼玉) 5000m13.55.85 [adinserter block=”4”] 佐藤愛斗(小林高・宮崎)    5000m13.57.15 徳本陽(東農大二高・群馬)   5000m14.06.64 橋本昊太(滋賀学園・滋賀)   5000m14.02.48 福富翔(須磨学園高・兵庫)   5000m14.09.05 船越碧(九州学院高・熊本)   5000m14.39.78 松田煌希(清風高・大阪)    5000m14.15.74 若林良樹(洛南高・京都)    5000m14.17.36

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.26

駒大・唐澤拓海が小森コーポレーションへ!チームが入寮報告 一線退く決意も一転、27分台ランナーが実業団へ

小森コーポレーションは2024年度から駒大の唐澤拓海が入社すると発表した。チームのSNSで2月26日に入寮した様子が公開されている。 唐澤は埼玉・花咲徳栄高出身。大学2年時の関東インカレ(2部)で5000mと10000m […]

NEWS EKIDEN GRAPHIC 2023-2024

2024.02.26

EKIDEN GRAPHIC 2023-2024

EKIDEN GRAPHIC 2023-2024の内容 多彩なグラフィックで学生駅伝を刻む「EKIDEN GRAPHIC」2023-2024シーズン編! 広告の下にコンテンツが続きます 出雲駅伝、全日本大学駅伝、そして第 […]

NEWS 中大・風間歩佳、益田東高・石田萌笑が4月から資生堂に入社 「感謝の気持ちを忘れず日々努力」

2024.02.26

中大・風間歩佳、益田東高・石田萌笑が4月から資生堂に入社 「感謝の気持ちを忘れず日々努力」

2月26日、資生堂は風間歩佳(中大)と石田萌笑(益田東高・島根)が今年4月1日付で入社することを発表した。 千葉県出身の風間は、船橋旭中時代から全中1500mで2年連続全国入賞するなど活躍。3年のジュニア五輪では3000 […]

NEWS グラスゴー世界室内 100mH日本記録保持者・福部真子が出場辞退 60mHで代表、追加招集はナシ

2024.02.26

グラスゴー世界室内 100mH日本記録保持者・福部真子が出場辞退 60mHで代表、追加招集はナシ

日本陸連は3月1日から3日まで英国・グラスゴーで行われる世界室内選手権の日本代表について、女子60mハードルで代表に選ばれていた福部真子(日本建設工業)が出場を辞退したと発表した。コンディション不良のためとしている。これ […]

NEWS 女子はアメバウが圧勝でツアー4勝目 男子はディクメナヨが最終戦を飾る/WAクロカンツアー

2024.02.26

女子はアメバウが圧勝でツアー4勝目 男子はディクメナヨが最終戦を飾る/WAクロカンツアー

2月25日、世界陸連(WA)クロスカントリーツアー・ゴールドの第47回アーモンド・ブロッサム国際クロカンがポルトガル・アルブフェイラが男女いずれも9.13kmのコースで行われ、男子はT.ディクメナヨ(スペイン)が27分1 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top