HOME 国内

2024.02.04

初マラソンの岸本大紀が3位「下田さんに負けて悔しい。次は絶対勝ちます」/別府大分毎日マラソン
初マラソンの岸本大紀が3位「下田さんに負けて悔しい。次は絶対勝ちます」/別府大分毎日マラソン

岸本大紀(GMOインターネットグループ)

◇第72回別府大分毎日マラソン(2月4日/大分・高崎山うみたまご前スタート~ジェイリーススタジアムフィニッシュの42.195km)

来年9月の東京世界選手権の代表選考につながるジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズⅣの第72回別府大分毎日マラソン大会が行われ、下田裕太(GMOインターネットグループ)が日本人トップの2時間8分24秒(速報値)の2位。下田のチームメイトで一般参加の岸本大紀が初マラソンに挑み、2時間8分38秒で3位に入った。

序盤は先頭集団の後方で待機していた岸本。しかし、中間点を1時間3分31秒で過ぎたあたりから徐々に前に上がり、25kmではペースメーカーのほぼ後ろでレースを進めた。

「不安だったけど、余裕を持って行けました」。30kmで下田が先導するかたちになり、その背後にピタリついた。初マラソンで優勝も狙えそうだったが、青学大の5年先輩にあたる下田のスパートで、先頭集団からは脱落。それでも並走していたベン・プライスナー(カナダ)には先行し、日本人2番手でフィニッシュした。

中学時代(新潟・分水中)から全国大会に出場。青学大では1年時にいきなり花の2区を務めて、トップで中継し、チームの総合優勝にも貢献した。その後、3年時にも優勝を経験。その時の7区と4年時の9区で区間賞を奪っている。昨年の別大で2時間7分47秒の学生新記録を打ち立てた横田俊吾(青学大/現・JR東日本)とは同じ新潟出身として中学時代から争い、大学では同期だ。

1年前の横田に続いて、終盤まで存在感を見せた岸本。ただ結果として、優勝も日本人トップも届かなかった。「下田さんに負けたのは悔しい。次は絶対勝ちます」と前を向いた。

◇第72回別府大分毎日マラソン(2月4日/大分・高崎山うみたまご前スタート~ジェイリーススタジアムフィニッシュの42.195km) 来年9月の東京世界選手権の代表選考につながるジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズⅣの第72回別府大分毎日マラソン大会が行われ、下田裕太(GMOインターネットグループ)が日本人トップの2時間8分24秒(速報値)の2位。下田のチームメイトで一般参加の岸本大紀が初マラソンに挑み、2時間8分38秒で3位に入った。 序盤は先頭集団の後方で待機していた岸本。しかし、中間点を1時間3分31秒で過ぎたあたりから徐々に前に上がり、25kmではペースメーカーのほぼ後ろでレースを進めた。 「不安だったけど、余裕を持って行けました」。30kmで下田が先導するかたちになり、その背後にピタリついた。初マラソンで優勝も狙えそうだったが、青学大の5年先輩にあたる下田のスパートで、先頭集団からは脱落。それでも並走していたベン・プライスナー(カナダ)には先行し、日本人2番手でフィニッシュした。 中学時代(新潟・分水中)から全国大会に出場。青学大では1年時にいきなり花の2区を務めて、トップで中継し、チームの総合優勝にも貢献した。その後、3年時にも優勝を経験。その時の7区と4年時の9区で区間賞を奪っている。昨年の別大で2時間7分47秒の学生新記録を打ち立てた横田俊吾(青学大/現・JR東日本)とは同じ新潟出身として中学時代から争い、大学では同期だ。 1年前の横田に続いて、終盤まで存在感を見せた岸本。ただ結果として、優勝も日本人トップも届かなかった。「下田さんに負けたのは悔しい。次は絶対勝ちます」と前を向いた。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.20

エリヨン・ナイトンの暫定資格停止処分が解除 ドーピング検査陽性反応も「過失なし」で五輪選考会出場へ

6月19日、米国アンチドーピング機構(USADA)は、男子短距離のエリヨン・ナイトン(米国)の暫定資格停止処分を解除することを発表した。 20歳のナイトンは昨年のブダペスト世界選手権200m銀メダリスト。17歳だった21 […]

NEWS 五輪シーズンにキングとクイーンの座に就くのは!?丸山優真、山﨑有紀が連覇に挑む/日本選手権混成

2024.06.19

五輪シーズンにキングとクイーンの座に就くのは!?丸山優真、山﨑有紀が連覇に挑む/日本選手権混成

第108回日本選手権・混成競技が6月22、23日に岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行われる。パリ五輪代表選考会を兼ねた一戦の注目選手を見ていく。 男子十種競技の優勝候補は丸山優真(住友電工)。前回は7816点で初優勝 […]

NEWS マイケル・ジョンソン氏主催「グランドスラム・トラック」の詳細が発表! 1年間4試合のリーグ戦 賞金総額20億円のビッグイベント!

2024.06.19

マイケル・ジョンソン氏主催「グランドスラム・トラック」の詳細が発表! 1年間4試合のリーグ戦 賞金総額20億円のビッグイベント!

陸上界のレジェンドとして1990年代から2000年代に活躍したマイケル・ジョンソン氏(米国)の主催する陸上リーグの詳細が6月19日に発表された。「グランドスラム・トラック」と銘打たれ、25年に開始される予定となっている。 […]

NEWS 女子三段跳・森本麻里子が13m37w 右足首のケガから復帰戦は9位/WAコンチネンタルツアー

2024.06.19

女子三段跳・森本麻里子が13m37w 右足首のケガから復帰戦は9位/WAコンチネンタルツアー

6月18日、フィンランド・トゥルクで世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのパーヴォ・ヌルミ・ゲームズが開催され、森本麻里子(オリコ)が13m37(+2.5)で9位に入った。 昨年のブダペスト世界選手権代表の森本 […]

NEWS ジェイコブスが100m9秒92のサードベスト! やり投チョプラ85m97、110mHマクレオド13秒25でV/WAコンチネンタルツアー

2024.06.19

ジェイコブスが100m9秒92のサードベスト! やり投チョプラ85m97、110mHマクレオド13秒25でV/WAコンチネンタルツアー

6月18日、フィンランド・トゥルクで世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのパーヴォ・ヌルミ・ゲームズが開催され、男子100mでは東京五輪金メダルのL.M.ジェイコブス(イタリア)が9秒92(+1.5)で優勝した […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top