HOME 国内

2024.01.28

「自信を持って臨めた」前田穂南 充実のトレーニングを経て目標の日本新達成/大阪国際女子マラソン
「自信を持って臨めた」前田穂南 充実のトレーニングを経て目標の日本新達成/大阪国際女子マラソン

日本新レースを振り返った前田穂南

◇第43回大阪国際女子マラソン(1月28日/大阪・ヤンマースタジアム長居発着42.195km)

MGCファイナルチャレンジを兼ねた大阪国際女子マラソンが行われ、前田穂南(天満屋)が19年ぶり日本新記録となる2時間18分59秒で2位に入った。

広告の下にコンテンツが続きます

準備を万全にして目標を達成した。「継続してしっかり練習をやってきたので、自信を持っていました」と前田。狙っていた野口みずきの日本記録(2時間19分12秒)の更新は、21年の東京五輪前あたりから意識していたという。

19年9月のMGCを制し、東京五輪代表を決めると、翌年2月の青梅マラソン30kmでは1時間38分35秒(男女混合レース)の日本最高記録をマーク。しかし、東京五輪(33位)のあと、故障や体調不良があり、思うような結果を出せなかった。

さらに、昨年3月の名古屋ウィメンズでは2時間22分32秒と自己ベストを更新したものの、10月のMGCでは7位と、パリ五輪代表を決められず、「力を出し切れなくて、悔しい思いをしました」。

もうこんな思いはしたくない。その一心で大阪に向けてトレーニングを重ねた。米国アルバカーキで30kmの変化走や40km走などで走り込み、武冨豊監督は「質も量もしっかり上げてきました。40kmは青梅で日本記録を出して時より5分近く速くなりました」と振り返る。

広告の下にコンテンツが続きます

充実した練習を経ての自信だった。「MGC前よりも良い練習ができました。2時間20分を切るのはかなりの確率で行けると思いました。リラックスもしていました」と武冨監督。だからこそ、五輪代表が懸かり、慎重さも必要となりそうなレースで、中間地点で先頭集団から飛び出す思い切った走りを披露した。前田は「飛び出しに不安はありませんでした」と語った。

中間点は1時間9分46秒だったが、後半は1時間9分13秒でカバー。後半は雨が降り、向かい風も吹くコンディションだったが、ペースアップして走り抜けた。「身体が動かしにくかったです。それがなければもうちょっと走れたと思います」。国内レースでは日本人女子初の2時間20分切り、そして、アジア系初の2時間19分切りを達成したが、まだまだ記録を短縮できそうな様子だ。

残り1枠となるパリ五輪代表は、3月の名古屋ウィメンズの結果を受けて決まる。「どうなるかわからないけど、今の力を出しきれたのであとは待つのみです」と話していた。

◇第43回大阪国際女子マラソン(1月28日/大阪・ヤンマースタジアム長居発着42.195km) MGCファイナルチャレンジを兼ねた大阪国際女子マラソンが行われ、前田穂南(天満屋)が19年ぶり日本新記録となる2時間18分59秒で2位に入った。 準備を万全にして目標を達成した。「継続してしっかり練習をやってきたので、自信を持っていました」と前田。狙っていた野口みずきの日本記録(2時間19分12秒)の更新は、21年の東京五輪前あたりから意識していたという。 19年9月のMGCを制し、東京五輪代表を決めると、翌年2月の青梅マラソン30kmでは1時間38分35秒(男女混合レース)の日本最高記録をマーク。しかし、東京五輪(33位)のあと、故障や体調不良があり、思うような結果を出せなかった。 さらに、昨年3月の名古屋ウィメンズでは2時間22分32秒と自己ベストを更新したものの、10月のMGCでは7位と、パリ五輪代表を決められず、「力を出し切れなくて、悔しい思いをしました」。 もうこんな思いはしたくない。その一心で大阪に向けてトレーニングを重ねた。米国アルバカーキで30kmの変化走や40km走などで走り込み、武冨豊監督は「質も量もしっかり上げてきました。40kmは青梅で日本記録を出して時より5分近く速くなりました」と振り返る。 充実した練習を経ての自信だった。「MGC前よりも良い練習ができました。2時間20分を切るのはかなりの確率で行けると思いました。リラックスもしていました」と武冨監督。だからこそ、五輪代表が懸かり、慎重さも必要となりそうなレースで、中間地点で先頭集団から飛び出す思い切った走りを披露した。前田は「飛び出しに不安はありませんでした」と語った。 中間点は1時間9分46秒だったが、後半は1時間9分13秒でカバー。後半は雨が降り、向かい風も吹くコンディションだったが、ペースアップして走り抜けた。「身体が動かしにくかったです。それがなければもうちょっと走れたと思います」。国内レースでは日本人女子初の2時間20分切り、そして、アジア系初の2時間19分切りを達成したが、まだまだ記録を短縮できそうな様子だ。 残り1枠となるパリ五輪代表は、3月の名古屋ウィメンズの結果を受けて決まる。「どうなるかわからないけど、今の力を出しきれたのであとは待つのみです」と話していた。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.29

グラスゴー世界室内がいよいよ開幕!多田修平、田中希実らがファイナル目指す メダルなれば日本勢27年ぶり

3月1日から3日まで、英国・グラスゴーで世界室内選手権が開催される。日本からは男子4名、女子4名の8人が出場する。 男子60mには多田修平(住友電工)と東田旺洋(関彰商事)が出場。多田はアジア室内選手権の予選で6秒53の […]

NEWS パリ五輪マラソン代表3枠目は誰の手に!?最後の大一番・東京マラソンに鈴木健吾、服部勇馬、山下一貴らが挑む

2024.02.29

パリ五輪マラソン代表3枠目は誰の手に!?最後の大一番・東京マラソンに鈴木健吾、服部勇馬、山下一貴らが挑む

アボット・ワールドマラソンメジャーズの一つ、東京マラソン2024が3月3日に行われる。 JMCシリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャピオンシップ(MGC)ファイナルチャレンジの男子ラストレース。つまり、こ […]

NEWS 【学生長距離Close-upインタビュー】マラソンで花開いた早大・伊福陽太「早稲田の歴史に名前を残せてうれしい」

2024.02.29

【学生長距離Close-upインタビュー】マラソンで花開いた早大・伊福陽太「早稲田の歴史に名前を残せてうれしい」

学生長距離Close-upインタビュー 伊福陽太 Ifuku Yota 早稲田大学3年 「月陸Online」限定で大学長距離選手のインタビューをお届けする「学生長距離Close-upインタビュー」。36回目は、早大の伊福 […]

NEWS 【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~日体大~漆畑徳輝「古豪復活を絶対にできる」山口廉「必ず2区でリベンジ」

2024.02.29

【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~日体大~漆畑徳輝「古豪復活を絶対にできる」山口廉「必ず2区でリベンジ」

記念すべき第100回目の箱根駅伝に出場した23チームの、出走全230人にアンケートを実施。出走した選手たちの声を刻みます! 【アンケート項目】 (1)大会を終えての感想、コースの攻略法など (2)今だから話せる裏話 (3 […]

NEWS マラソンの川内 待望のGarminアンバサダーに就任! パリ五輪補欠の可能性は「ニュートラルな気持ちで待つ」

2024.02.29

マラソンの川内 待望のGarminアンバサダーに就任! パリ五輪補欠の可能性は「ニュートラルな気持ちで待つ」

プロランナーの川内優輝(あおいおニッセイ同和損保、36歳)が29日、都内で行われたイベントに参加し、近況などを語った。 脚の故障で前週の大阪マラソンなどを欠場しており、「10日間ほど休んでジョグは始めていますが、スピード […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top