HOME 編集部コラム

2024.01.26

編集部コラム「世代交代」
編集部コラム「世代交代」

2024年1月18日に監督交代記者会見に登壇した大後栄治前監督(右)と中野剛駅伝監督

毎週金曜日更新!?

★月陸編集部★

攻め(?)のアンダーハンド
リレーコラム🔥
毎週金曜日(できる限り!)、月刊陸上競技の編集部員がコラムをアップ!
陸上界への熱い想い、日頃抱いている独り言、取材の裏話、どーでもいいことetc…。
編集スタッフが週替りで綴って行きたいと思います。
暇つぶし程度にご覧ください!

第231回「世代交代(松永貴允)

学生選手の退寮や、トップアスリートの引退、進路発表のニュースが舞い込む季節となりました。

今のところ個人的な今年一番のニュースは、神奈川大を35年間率いた大後栄治監督の勇退です。

1991年生まれの私にとって、神奈川大は箱根駅伝を見始めた小学生の頃から「強豪校」でした。そんなチームをイチから強化し、就任3年目で18年ぶりの箱根駅伝出場、そして8年目で優勝という快挙を成し遂げた名将が、ついに「監督」の肩書きを外す――。

近年では、月陸Onlineでコラムを連載中の山梨学大・上田誠仁顧問が2019年より現場指導を飯島理彰駅伝監督に託し、昨年4月には駒大を28年間率いた大八木弘明総監督が教え子の藤田敦史監督にバトンタッチ。1990年代後半に学生駅伝界を沸かせた「YKK(※)」の指揮官がすべて「監督」の座から降りたことになります。
※山梨学院大学、神奈川大学、駒澤大学のイニシャルから取った愛称。富山県を拠点にした実業団チームのほうではない

大後氏は日体大時代にマネージャーながら「実質監督」としてチームを指揮した異色の経歴の持ち主。25歳という若さで神奈川大の指導者になると、大学院時代に学んだスポーツ医科学の知識を生かした泥臭い走り込みで、1996~97年度には2年連続で全日本大学駅伝&箱根駅伝の2冠という快挙を成し遂げました。

近年では箱根駅伝監督の若返りが進み、30歳代、40歳代の指導者が増えています。世代交代は陸上界の進歩を考えると歓迎すべきなのかもしれませんが、一時代を築いた名将の退任はちょっぴり寂しい気持ちになりますね……。重責を引き継いだ、元SGホールディングス監督で大後前監督の教え子でもある中野剛新監督の手腕にも注目です!

(ちなみに次に発売する月刊陸上競技3月号では大後前監督の特集があります! 内容はお楽しみに!)

若い指導者というと、今週には日体大時代に箱根駅伝でMVPに輝いた服部翔大さんが立正大の駅伝監督に就任するというニュースがありました。

服部新監督は日体大3年時の第89回箱根駅伝で5区区間賞に輝き、主将としてチームを26年ぶり総合優勝に導いた名選手でした。

私は同世代のため、彼のことは中学時代から一方的に知っていましたが、そんな人物が学生駅伝界の監督になるのは感慨深いものがあります。
(ちなみに皇學館大の寺田夏生監督も同世代です)

いまだ現役を続けている同じ1991年度生まれの設楽啓太&悠太兄弟(ともに西鉄)や大迫傑選手(Nike)、窪田忍選手(九電工)らも、いずれは指導者の道に進むのか、今から楽しみにしています。

松永貴允(まつなが・たかよし)
月刊陸上競技編集部
1991年生まれ。171cm、★kg、東京都三鷹市出身。小学生時代はプロを夢見る野球少年だったが、6年生の時に世界陸上パリ大会をテレビで観て陸上競技に興味を持ち、中学・高校と陸上部(長距離)に所属する。5000mの自己ベストは15分43秒67(2009年9月の日体大長距離競技会)。大学ではラクロス部の主将を務め、その後、紆余曲折を経て2015年からライターとして活動。2018年9月より月陸編集部員に転身した。飯塚翔太選手や大迫傑選手らと同い年の〝プラチナ世代〟でもある。

過去の編集部コラムはこちら

毎週金曜日更新!? ★月陸編集部★ 攻め(?)のアンダーハンド リレーコラム🔥 毎週金曜日(できる限り!)、月刊陸上競技の編集部員がコラムをアップ! 陸上界への熱い想い、日頃抱いている独り言、取材の裏話、どーでもいいことetc…。 編集スタッフが週替りで綴って行きたいと思います。 暇つぶし程度にご覧ください!

第231回「世代交代(松永貴允)

学生選手の退寮や、トップアスリートの引退、進路発表のニュースが舞い込む季節となりました。 今のところ個人的な今年一番のニュースは、神奈川大を35年間率いた大後栄治監督の勇退です。 1991年生まれの私にとって、神奈川大は箱根駅伝を見始めた小学生の頃から「強豪校」でした。そんなチームをイチから強化し、就任3年目で18年ぶりの箱根駅伝出場、そして8年目で優勝という快挙を成し遂げた名将が、ついに「監督」の肩書きを外す――。 近年では、月陸Onlineでコラムを連載中の山梨学大・上田誠仁顧問が2019年より現場指導を飯島理彰駅伝監督に託し、昨年4月には駒大を28年間率いた大八木弘明総監督が教え子の藤田敦史監督にバトンタッチ。1990年代後半に学生駅伝界を沸かせた「YKK(※)」の指揮官がすべて「監督」の座から降りたことになります。 ※山梨学院大学、神奈川大学、駒澤大学のイニシャルから取った愛称。富山県を拠点にした実業団チームのほうではない 大後氏は日体大時代にマネージャーながら「実質監督」としてチームを指揮した異色の経歴の持ち主。25歳という若さで神奈川大の指導者になると、大学院時代に学んだスポーツ医科学の知識を生かした泥臭い走り込みで、1996~97年度には2年連続で全日本大学駅伝&箱根駅伝の2冠という快挙を成し遂げました。 近年では箱根駅伝監督の若返りが進み、30歳代、40歳代の指導者が増えています。世代交代は陸上界の進歩を考えると歓迎すべきなのかもしれませんが、一時代を築いた名将の退任はちょっぴり寂しい気持ちになりますね……。重責を引き継いだ、元SGホールディングス監督で大後前監督の教え子でもある中野剛新監督の手腕にも注目です! (ちなみに次に発売する月刊陸上競技3月号では大後前監督の特集があります! 内容はお楽しみに!) 若い指導者というと、今週には日体大時代に箱根駅伝でMVPに輝いた服部翔大さんが立正大の駅伝監督に就任するというニュースがありました。 服部新監督は日体大3年時の第89回箱根駅伝で5区区間賞に輝き、主将としてチームを26年ぶり総合優勝に導いた名選手でした。 私は同世代のため、彼のことは中学時代から一方的に知っていましたが、そんな人物が学生駅伝界の監督になるのは感慨深いものがあります。 (ちなみに皇學館大の寺田夏生監督も同世代です) いまだ現役を続けている同じ1991年度生まれの設楽啓太&悠太兄弟(ともに西鉄)や大迫傑選手(Nike)、窪田忍選手(九電工)らも、いずれは指導者の道に進むのか、今から楽しみにしています。
松永貴允(まつなが・たかよし) 月刊陸上競技編集部 1991年生まれ。171cm、★kg、東京都三鷹市出身。小学生時代はプロを夢見る野球少年だったが、6年生の時に世界陸上パリ大会をテレビで観て陸上競技に興味を持ち、中学・高校と陸上部(長距離)に所属する。5000mの自己ベストは15分43秒67(2009年9月の日体大長距離競技会)。大学ではラクロス部の主将を務め、その後、紆余曲折を経て2015年からライターとして活動。2018年9月より月陸編集部員に転身した。飯塚翔太選手や大迫傑選手らと同い年の〝プラチナ世代〟でもある。
過去の編集部コラムはこちら

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.15

女子800m衝撃の日本新1分59秒93!久保凛が激走振り返る「タイマーを見たら2分を切れそうだったので、最後は気持ちで走った」

日本の歴史と文化の発祥の地でもある橿原で歴史が動いた。日本女子中距離界の新時代突入を告げる衝撃のレースだった。 7月15日に行われた関西学連第1回長距離強化記録会の女子800mで、久保凛(東大阪大敬愛高2大阪)が快走。同 […]

NEWS 女子400mH・ボルが50秒95!史上2人目の50秒台突入、パリ五輪でのマクローリン・レヴロンとの対決に弾み

2024.07.15

女子400mH・ボルが50秒95!史上2人目の50秒台突入、パリ五輪でのマクローリン・レヴロンとの対決に弾み

7月14日、世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・チャレンジャー大会のレシスプリント国際がラ・ショー・ド・フォン(スイス)で開催され、女子400mハードルではオレゴン世界選手権金メダルのF.ボル(オランダ)が50秒95の […]

NEWS サニブラウンが10秒20!イタリアでチームメイトのジェイコブス、デグラス、謝震業とパリ五輪前調整レースに出場

2024.07.15

サニブラウンが10秒20!イタリアでチームメイトのジェイコブス、デグラス、謝震業とパリ五輪前調整レースに出場

7月14日、イタリア・リエティで行われた競技会の男子100mにサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が出場し、10秒20(+0.9)で4位だった。 同レースには練習拠点とするタンブルウィードTCのチームメイトとともに参 […]

NEWS 清水空跳が衝撃の10秒26!石川県国スポ予選で高1初の10秒2台、高校歴代9位、U18今季世界リスト2位

2024.07.15

清水空跳が衝撃の10秒26!石川県国スポ予選で高1初の10秒2台、高校歴代9位、U18今季世界リスト2位

7月15日に行われた石川県国三スポーツ大会予選会の男子少年B100mで、清水空跳(星稜高1)が10秒26(+1.9)で優勝した。高校1年生としては初の10秒2台に突入する快記録で、高校歴代でも9位にランクインした。 予選 […]

NEWS 久保凛1分59秒93の日本新!!女子800mで日本人初の1分台に突入!

2024.07.15

久保凛1分59秒93の日本新!!女子800mで日本人初の1分台に突入!

7月15日に行われた長距離強化記録会の女子800mで、久保凛(東大阪大敬愛2大阪)が快挙を達成。同種目日本人女子初の2分切りとなる1分59秒93をマークした。 従来の日本記録は杉森美保が2005年の日本選手権で作った2分 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top