HOME 駅伝

2024.01.21

長野 圧勝で3連覇!アンカー鈴木芽吹が攻めの走り「絶対に大会新で決めようと思った」/都道府県男子駅伝
長野 圧勝で3連覇!アンカー鈴木芽吹が攻めの走り「絶対に大会新で決めようと思った」/都道府県男子駅伝

2024年都道府県男子駅伝で長野県チームの7区で優勝テープを切った鈴木芽吹

◇第29回全国都道府県男子駅伝(1月21日/広島・平和記念公園前発着:7区間48km)

第29回全国都道府県男子駅伝が行われ、長野が2時間17分00秒の大会新で3連覇を飾った。

特に、昨年末の全国高校駅伝を大会新(2時間1分00秒)で制した佐久長聖高勢の快走が光った。1区の濵口大和(2年)が先頭から7秒差の4位で好スタートを切ると、4位でタスキを受け取った永原颯磨(3年)が「自分の区間でトップに立つことが役割だと思っていた」という積極的な走りで首位に浮上する。昨年の大会でチームメイトの山口竣平(現3年)が樹立した区間記録に1秒届かず「まだまだ」と反省点も口にしたが、「自分の役割を果たして5区の山口にタスキを渡せたので良かった」と安堵の表情を浮かべた。

その山口は今回も区間賞の走りで首位を疾走。後続との差を55秒まで広げる。こうなればあとは逃げ切るだけ。6区の滝澤秀斗(赤穂中)は区間9位と危なげない走りでつなぐと、最後はアンカーの鈴木芽吹(駒大)が締めくくる。

無理しなくても悠々と逃げ切れるだけの大差だったが、「6区までの選手のお陰で大会記録が狙えると思ったので、絶対に(大会新を)決めようと思って走りました」と、最後まで攻め込む。13kmを36分52秒で走り切り、従来の区間記録を17秒更新して笑顔でフィニッシュテープを切った。

チームを率いた高見澤勝監督(佐久長聖高教)は、「今日は風が強かったので、タイムよりも確実に勝つことを意識していました。大会新は選手のがんばりのお陰。鈴木は攻める走りをしてくれて立派だと思いました」と、高校時代の教え子を称えた。

鈴木は佐久長聖高1年時に全国高校駅伝優勝メンバーに名を連ねるほどの逸材だったが、意外にも長野県チームでの出場経験はなし(※中学時代は静岡県代表として出場)。「高校時代からは1回も走ることができなかった。なんとか学生のうちに走りたいと思っていた。最後に走れてうれしいです」と笑顔を見せた。

これで長野は史上最多10度目の優勝。「中学生から強化を進め、大学生・社会人になった選手たちがふるさとに帰ってくれる。それが強さの秘訣だと思います」と高見澤監督は誇らしげに語った。

◇第29回全国都道府県男子駅伝(1月21日/広島・平和記念公園前発着:7区間48km) 第29回全国都道府県男子駅伝が行われ、長野が2時間17分00秒の大会新で3連覇を飾った。 特に、昨年末の全国高校駅伝を大会新(2時間1分00秒)で制した佐久長聖高勢の快走が光った。1区の濵口大和(2年)が先頭から7秒差の4位で好スタートを切ると、4位でタスキを受け取った永原颯磨(3年)が「自分の区間でトップに立つことが役割だと思っていた」という積極的な走りで首位に浮上する。昨年の大会でチームメイトの山口竣平(現3年)が樹立した区間記録に1秒届かず「まだまだ」と反省点も口にしたが、「自分の役割を果たして5区の山口にタスキを渡せたので良かった」と安堵の表情を浮かべた。 その山口は今回も区間賞の走りで首位を疾走。後続との差を55秒まで広げる。こうなればあとは逃げ切るだけ。6区の滝澤秀斗(赤穂中)は区間9位と危なげない走りでつなぐと、最後はアンカーの鈴木芽吹(駒大)が締めくくる。 無理しなくても悠々と逃げ切れるだけの大差だったが、「6区までの選手のお陰で大会記録が狙えると思ったので、絶対に(大会新を)決めようと思って走りました」と、最後まで攻め込む。13kmを36分52秒で走り切り、従来の区間記録を17秒更新して笑顔でフィニッシュテープを切った。 チームを率いた高見澤勝監督(佐久長聖高教)は、「今日は風が強かったので、タイムよりも確実に勝つことを意識していました。大会新は選手のがんばりのお陰。鈴木は攻める走りをしてくれて立派だと思いました」と、高校時代の教え子を称えた。 鈴木は佐久長聖高1年時に全国高校駅伝優勝メンバーに名を連ねるほどの逸材だったが、意外にも長野県チームでの出場経験はなし(※中学時代は静岡県代表として出場)。「高校時代からは1回も走ることができなかった。なんとか学生のうちに走りたいと思っていた。最後に走れてうれしいです」と笑顔を見せた。 これで長野は史上最多10度目の優勝。「中学生から強化を進め、大学生・社会人になった選手たちがふるさとに帰ってくれる。それが強さの秘訣だと思います」と高見澤監督は誇らしげに語った。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.18

110mH村竹ラシッド パリ五輪の決勝で勝負!DLなど経験し「実力を発揮できるようになってきた」

男子110mハードルの日本記録保持者でパリ五輪代表の村竹ラシッド(JAL)が、練習拠点としている母校・順大で練習を公開した。 日本選手権を初優勝して初五輪を決めた村竹。その後はダイヤモンドリーグ(DL)パリ大会に出場し、 […]

NEWS 三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

2024.07.18

三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

夏の北海道を舞台とする中長距離のレースシリーズ、ホクレン・ディスタンスチャレンジ(DC)の第4戦深川大会が7月17日に開催され、男子3000m障害の日本記録(8分09秒91)保持者でパリ五輪代表の三浦龍司(SUBARU) […]

NEWS 西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

2024.07.17

西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、男子10000mA組はオレゴン世界選手権マラソン代表の西山雄介(トヨタ自動車)が28分08秒53で日本人最上位の4位でフィニッシュした。 3月 […]

NEWS 国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

2024.07.17

国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

日本スポーツ協会は7月17日、都内で理事会を開き、2027年(令和9年)の第81回国民スポーツ大会の開催地を宮崎県とすることを決定した。また、29年(令和11年)の第83回大会の開催地が群馬県に内定した。 今年度より、名 […]

NEWS 【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

2024.07.17

【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

独自の「周波数加工®」…「ハーツ加工®」で体内の周波数を整えるハーツ&ハーツクリニックは、同社製品の基本であり最高峰の「メタリックネックレス」から、新たに「メタリックネックレス Ⅱ 2024」、「メタリックネックレス Ⅱ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top