月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【海外】10.4ロンドンマラソン賞金総額が半減に ファラーがPM予定


英国・ガーディアンの報道によれば、10月4日に開催されるロンドンマラソンでは、新型コロナウイルスの流行による財政的打撃によりレースの賞金をほぼ半分に削減する予定だという。

2019年大会では主催者はエリートアスリートに総額313,000ドルの賞金、さらに850,000ドルのタイムボーナスを授与していたが、現在の財政状況では優勝者の獲得する額は例年の55,000ドルを大幅に下回ると考えられている。一方で、イギリス人選手のうち上位成績者には別の賞金プールが準備されており、これは初の試みだ。

ロンドンマラソンは当初4月24日に予定されていたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で10月4日に延期となり、史上初めてエリートランナーのみで開催される。M.ファラーがペースメーカーを務め、2時間11分30秒のオリンピック参加標準記録突破を目指す選手の助力となるとみられる。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com