HOME ニュース、国内

2020.09.25

【TF】鹿児島国体2023年に開催、以降は1年ずつ後ろ倒しで開催 今年はコロナ禍で断念
【TF】鹿児島国体2023年に開催、以降は1年ずつ後ろ倒しで開催 今年はコロナ禍で断念


鹿児島国体は23年に開催されることで合意(写真は昨年の茨城国体)
新型コロナウイルスの影響で今年の開催を見送った鹿児島での国体と全国障害者スポーツ大会について、2023年に開催する方針と決まった。日本スポーツ協会や鹿児島県などの間で会談がもたれ、合意した。当初2023年に開催を予定していた佐賀は24年、24年開催予定だった滋賀を25年に、以降、青森、宮崎と1年ずつ後ろ倒しに延期される。10月の理事会で正式決定する。なお、来年は三重、22年は栃木での開催が予定されている。

国体は1946年にスタートし、各都道府県の持ち回りで毎年開催。本大会が延期や中止となるのは初めてのことだった。

鹿児島国体は23年に開催されることで合意(写真は昨年の茨城国体) 新型コロナウイルスの影響で今年の開催を見送った鹿児島での国体と全国障害者スポーツ大会について、2023年に開催する方針と決まった。日本スポーツ協会や鹿児島県などの間で会談がもたれ、合意した。当初2023年に開催を予定していた佐賀は24年、24年開催予定だった滋賀を25年に、以降、青森、宮崎と1年ずつ後ろ倒しに延期される。10月の理事会で正式決定する。なお、来年は三重、22年は栃木での開催が予定されている。 国体は1946年にスタートし、各都道府県の持ち回りで毎年開催。本大会が延期や中止となるのは初めてのことだった。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.26

男子1部は関大がV2! MVP該当者なしも「総合力を発揮し連覇を果たせたことは次につながる」/関西IC

◇第101回関西インカレ(2024年5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都、東寺ハウジングフィールド西京極) 関西インカレのT&Fの部の最終日が行われ、最後まで大激戦となった男子1部は昨年54年ぶりに総合優勝に […]

NEWS 110mH泉谷駿介はバランス崩し13秒33の7位 100m初出場の栁田大輝は8位/DLユージン

2024.05.26

110mH泉谷駿介はバランス崩し13秒33の7位 100m初出場の栁田大輝は8位/DLユージン

世界最高峰のダイヤモンドリーグ(DL)ユージン大会(米国・オレゴン州)が5月26日に行われ、男子110mハードルの泉谷駿介(住友電工)は13秒33(-0.1)の7位だった。 日本記録(13秒04)保持者で、昨年のブダペス […]

NEWS 田中希実が5000mでパリ五輪内定!!自己4番目の14分47秒69で参加標準突破/DLユージン

2024.05.26

田中希実が5000mでパリ五輪内定!!自己4番目の14分47秒69で参加標準突破/DLユージン

世界最高峰のダイヤモンドリーグ(DL)ユージン大会(米国・オレゴン州)が5月26日に行われ、女子5000mに田中希実(New Balance)が出場し、パリ五輪の参加標準記録(14分50秒00)を突破する14分47秒69 […]

NEWS P-T-Sミーティング・女子走幅跳で秦澄美鈴が2位 男子200m西裕大が3位/WAコンチネンタルツアー

2024.05.25

P-T-Sミーティング・女子走幅跳で秦澄美鈴が2位 男子200m西裕大が3位/WAコンチネンタルツアー

世界陸連(WA)コンチネンタルツアーシルバーのP-T-Sミーティングが5月24日、スロバキアのバンスカー・ビストリツァで行われ、女子走幅跳で秦澄美鈴(住友電工)が6m52(+0.3)で2位だった。 日本記録(6m97)保 […]

NEWS 女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

2024.05.25

女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

◇第101回関西インカレ(5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都) 関西インカレのT&Fの部最終日が行われ、競歩の男女混合リレーでパリ五輪代表に内定している柳井綾音(立命大3)が女子10000m競歩で44分21 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top