HOME 箱根駅伝

2024.01.02

当日変更で駒大1区は篠原倖太朗!中大は湯浅仁を4区、青学大は2区、3区に黒田、太田を投入/箱根駅伝
当日変更で駒大1区は篠原倖太朗!中大は湯浅仁を4区、青学大は2区、3区に黒田、太田を投入/箱根駅伝

23年出雲駅伝1区で区間賞を獲得した篠原倖太朗

◇第100回箱根駅伝・往路(東京・大手町~神奈川・箱根町/5区間107.5km)

1月2日、3日に行われる第100回箱根駅伝の当日区間変更が発表された。

広告の下にコンテンツが続きます

王者・駒大は1区、4区、5区が代わり、篠原倖太朗、鈴木芽吹、佐藤圭汰、山川拓馬、金子伊吹というオーダーで史上初の2年連続学生駅伝2冠へ攻めに行く。

2年ぶり王座返り咲きを狙う青学大は、2区と3区が代わり、荒巻朋照、黒田朝日、太田蒼生、佐藤一世、若林宏樹というオーダーで臨む。

前回2位の中大は駅伝主将の湯浅仁(4年)を4区に入れ、1区から3区は前回と同じ溜池一太、吉居大和、中野翔太というオーダーで28年ぶり総合Vへ挑む。同4位の國學院大は主将の伊地知賢造(4年)が1区に入り、主力の山本歩夢(3年)は補欠登録のままとなった。

予選会日本人トップを飾った東農大のスーパールーキー・前田和摩は補欠登録のままで、往路での出走はなくなった。

広告の下にコンテンツが続きます

激戦予想の往路を制するのはどの大学か。スタートは午前8時だ。

◇第100回箱根駅伝・往路(東京・大手町~神奈川・箱根町/5区間107.5km) 1月2日、3日に行われる第100回箱根駅伝の当日区間変更が発表された。 王者・駒大は1区、4区、5区が代わり、篠原倖太朗、鈴木芽吹、佐藤圭汰、山川拓馬、金子伊吹というオーダーで史上初の2年連続学生駅伝2冠へ攻めに行く。 2年ぶり王座返り咲きを狙う青学大は、2区と3区が代わり、荒巻朋照、黒田朝日、太田蒼生、佐藤一世、若林宏樹というオーダーで臨む。 前回2位の中大は駅伝主将の湯浅仁(4年)を4区に入れ、1区から3区は前回と同じ溜池一太、吉居大和、中野翔太というオーダーで28年ぶり総合Vへ挑む。同4位の國學院大は主将の伊地知賢造(4年)が1区に入り、主力の山本歩夢(3年)は補欠登録のままとなった。 予選会日本人トップを飾った東農大のスーパールーキー・前田和摩は補欠登録のままで、往路での出走はなくなった。 激戦予想の往路を制するのはどの大学か。スタートは午前8時だ。

往路出走メンバー(前回上位校)

●駒大 篠原倖太朗、鈴木芽吹、佐藤圭汰、山川拓馬、金子伊吹 ●中大 溜池一太、吉居大和、中野翔太、吉居駿恭、山﨑草太 ●青学大 荒巻朋照、黒田朝日、太田蒼生、佐藤一世、若林宏樹 ●國學院大 伊地知賢造、平林清澄、青木瑠郁、辻原輝、上原琉翔 ●順大 三浦龍司、浅井皓貴、海老澤憲伸、吉岡大翔、石井一希 ●早大 間瀬田純平、山口智規、辻文哉、石塚陽士、工藤慎作 ●法大 宮岡幸大、松永伶、野田晶斗、小泉樹、細迫海気 ●創価大 桑田大輔、スティーブン・ムチーニ、山森龍暁、野沢悠真、吉田響 ●城西大 野村颯斗、斎藤将也、ヴィクター・キムタイ、山中秀真、山本唯翔 ●東洋大 九嶋恵舜、梅崎蓮、小林亮太、松山和希、緒方方澪那斗

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.20

女王・北口榛花が渡欧前に弾みの逆転V!「余力が残っている状態で勝てた」パリに向かって“チーム一丸”/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、女子やり投は北口榛花(JAL)が63m45のシーズンベストを投げて優勝 […]

NEWS 遠藤日向が復活!今季初戦で13分20秒28 初五輪へ「最低限良かった」/セイコーGGP

2024.05.20

遠藤日向が復活!今季初戦で13分20秒28 初五輪へ「最低限良かった」/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子5000mはイマニエル・マル(トヨタ紡織)が13分18秒94で優勝 […]

NEWS 400mH豊田兼が日本歴代5位の48秒36 波乱の100mは栁田V サニブラウン、坂井はアクシデント/セイコーGGP

2024.05.20

400mH豊田兼が日本歴代5位の48秒36 波乱の100mは栁田V サニブラウン、坂井はアクシデント/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われた。 広告の下にコンテンツが続きます 男子400mハードルで好記録が誕生 […]

NEWS 400mH山本竜大が49秒96でV 200mは山路康太郎が20秒63で快勝/東日本実業団

2024.05.20

400mH山本竜大が49秒96でV 200mは山路康太郎が20秒63で快勝/東日本実業団

◇第66回東日本実業団選手権(5月18日~19日/埼玉・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場) 5月20日、東日本実業団選手権の最終日が行われ、男子400mハードルは山本竜大(SEKI A.C.)が49秒96で優勝を飾った。 […]

NEWS 【高平慎士の視点】日本スプリントを背負い始めた栁田大輝の覚悟 サニブラウン、坂井隆一郎は存在感と課題

2024.05.20

【高平慎士の視点】日本スプリントを背負い始めた栁田大輝の覚悟 サニブラウン、坂井隆一郎は存在感と課題

国立競技場で開催されたセイコーゴールデングランプリ(5月19日)の男子100mは、昨年のブダペスト世界陸上代表のサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)、坂井隆一郎(大阪ガス)、栁田大輝(東洋大)がそろい踏みしたなか、栁 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top