HOME 駅伝

2024.01.01

トヨタ自動車は前半から主導権握り他を圧倒 3連覇を目指したHondaは2位 旭化成が2年ぶりの3位/ニューイヤー駅伝
トヨタ自動車は前半から主導権握り他を圧倒 3連覇を目指したHondaは2位 旭化成が2年ぶりの3位/ニューイヤー駅伝

トヨタ自動車は1区大石港与(中央)が4位でスタートし、レースの流れに乗せた

◇第68回全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝/1月1日、群馬県庁発着・7区間100km)

ニューイヤー駅伝が行われ、トヨタ自動車が4時間49分02秒で8年ぶり歴代3位となる4度の優勝を果たした。トップと4秒差の4位でタスキを受けた2区の太田智樹が区間賞で首位に浮上。2位に34秒差をつけると、3区の田澤廉も58秒とリードを拡大した。4区では40秒差まで詰まったものの、5区の田中秀幸、6区の西山雄介が連続区間賞。アンカーの服部勇馬が2位に2分09秒差をつけて悠々とフィニッシュした。

広告の下にコンテンツが続きます

距離変更となり最長区間となった2区(21.9km)に日本選手権10000m2位の太田、続く3区に同4位の田澤という強力ランナーを前半に配置。強い向かい風が吹いた後半は、田中、西山、服部とベテランがしっかりとまとめ、強さをアピールした。

2位は前回大会まで2連覇を遂げていたHonda。史上4チーム目の3連覇こそ逃したが、5年連続の入賞。2区の中山顕が区間3位と好走し、そのままの流れで上位を走った。3位には、前回16位に終わった旭化成が入り、2年ぶりのトップ3入り。5区を務めたルーキーの葛西潤が区間2位、アンカーの市田孝が区間賞を獲得している

4位の黒崎播磨も2年ぶりの入賞。2区の細谷恭平が17人抜きを見せると、4区のシトニック・キプルトと7区の土井大輔がいずれも区間2位と好走した。5位の三菱重工は4年連続入賞。8位でタスキを受けたアンカーの的野遼大が3つ順位を上げた。6位のKaoはカネボウ時代だった2019年以来5年ぶりの入賞。2区ではアジア大会マラソン代表の池田耀平が区間2位で6人抜きを見せた。

7位に入ったNTT西日本は1999年NTT中国時代以来25年ぶりの入賞。1区の服部弾馬が2位と好発進すると、2区で23位まで順位を落としたが、3区の小林歩が区間賞で16人抜きで盛り返した。8位はGMOインターネットグループ。6区に入った大迫傑(Nike)が区間2位で3つ順位を上げて、4位に進出するなど見せ場を作った。

広告の下にコンテンツが続きます

なお、東日本実業団駅伝を4連覇し、今大会も優勝候補の一角とされた富士通は9位。1区25位のあと、2区の浦野雄平が10人を抜いたが3区で18位に後退するなど前半で苦戦した。

今大会から2区~4区の距離がそれぞれ変更(2区8.3km→21.9km、3区13.6km→15.4km、4区22.4km→7.8km)され、外国籍選手(インターナショナル)区間は2区から4区に。区間賞では優勝したトヨタ自動車が2区、5区、6区と3つ獲得した。

◇第68回全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝/1月1日、群馬県庁発着・7区間100km) ニューイヤー駅伝が行われ、トヨタ自動車が4時間49分02秒で8年ぶり歴代3位となる4度の優勝を果たした。トップと4秒差の4位でタスキを受けた2区の太田智樹が区間賞で首位に浮上。2位に34秒差をつけると、3区の田澤廉も58秒とリードを拡大した。4区では40秒差まで詰まったものの、5区の田中秀幸、6区の西山雄介が連続区間賞。アンカーの服部勇馬が2位に2分09秒差をつけて悠々とフィニッシュした。 距離変更となり最長区間となった2区(21.9km)に日本選手権10000m2位の太田、続く3区に同4位の田澤という強力ランナーを前半に配置。強い向かい風が吹いた後半は、田中、西山、服部とベテランがしっかりとまとめ、強さをアピールした。 2位は前回大会まで2連覇を遂げていたHonda。史上4チーム目の3連覇こそ逃したが、5年連続の入賞。2区の中山顕が区間3位と好走し、そのままの流れで上位を走った。3位には、前回16位に終わった旭化成が入り、2年ぶりのトップ3入り。5区を務めたルーキーの葛西潤が区間2位、アンカーの市田孝が区間賞を獲得している 4位の黒崎播磨も2年ぶりの入賞。2区の細谷恭平が17人抜きを見せると、4区のシトニック・キプルトと7区の土井大輔がいずれも区間2位と好走した。5位の三菱重工は4年連続入賞。8位でタスキを受けたアンカーの的野遼大が3つ順位を上げた。6位のKaoはカネボウ時代だった2019年以来5年ぶりの入賞。2区ではアジア大会マラソン代表の池田耀平が区間2位で6人抜きを見せた。 7位に入ったNTT西日本は1999年NTT中国時代以来25年ぶりの入賞。1区の服部弾馬が2位と好発進すると、2区で23位まで順位を落としたが、3区の小林歩が区間賞で16人抜きで盛り返した。8位はGMOインターネットグループ。6区に入った大迫傑(Nike)が区間2位で3つ順位を上げて、4位に進出するなど見せ場を作った。 なお、東日本実業団駅伝を4連覇し、今大会も優勝候補の一角とされた富士通は9位。1区25位のあと、2区の浦野雄平が10人を抜いたが3区で18位に後退するなど前半で苦戦した。 今大会から2区~4区の距離がそれぞれ変更(2区8.3km→21.9km、3区13.6km→15.4km、4区22.4km→7.8km)され、外国籍選手(インターナショナル)区間は2区から4区に。区間賞では優勝したトヨタ自動車が2区、5区、6区と3つ獲得した。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.25

衝撃の初マラソン初V!平林清澄の快走にを指導した國學院大・前田康弘監督「妥協しない。努力をしてきましたから」/大阪マラソン

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

NEWS “初代山の神”今井正人 大歓声ラストランに「こんなに幸せなことはない」今後は「一緒に考え、悩み、悔しがれる」指導者に/日本選手権クロカン

2024.02.25

“初代山の神”今井正人 大歓声ラストランに「こんなに幸せなことはない」今後は「一緒に考え、悩み、悔しがれる」指導者に/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われ、男子(10k […]

NEWS 山形愛羽 室内日本最高の11秒77!あこがれの鶴田玲美を上回る「日本選手権でメダル取りたい」春から福岡大へ/JAG大崎

2024.02.25

山形愛羽 室内日本最高の11秒77!あこがれの鶴田玲美を上回る「日本選手権でメダル取りたい」春から福岡大へ/JAG大崎

◇2024Japan Athlete Games in Osaki(2月25日/鹿児島ジャパンアスリートトレーニングセンター大隅) 国内最大級の陸上競技専門の室内トレーニング施設を舞台に、国内唯一の室内100m公認レース […]

NEWS 豊田兼が60mHで7秒70!日本歴代9位タイでシーズンイン「ハードル2種目でパリを目指したい」/JAG大崎

2024.02.25

豊田兼が60mHで7秒70!日本歴代9位タイでシーズンイン「ハードル2種目でパリを目指したい」/JAG大崎

◇2024Japan Athlete Games in Osaki(2月25日/鹿児島ジャパンアスリートトレーニングセンター大隅) 国内最大級の陸上競技専門の室内トレーニング施設を舞台に、国内唯一の室内100m公認レース […]

NEWS 男子は山口智規が29分16秒で優勝!井川龍人との早大現役・OBラスト勝負を制す/日本選手権クロカン

2024.02.25

男子は山口智規が29分16秒で優勝!井川龍人との早大現役・OBラスト勝負を制す/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われ、男子(10k […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top