月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【海外】アリソン・フェリックスが「世界で最も影響力のある100人」に


米国の雑誌、『TIME』が2020年の「世界で最も影響力のある100人」を発表し、A.フェリックス(米国)がそのひとりとして選ばれた。

フェリックスは2012年のロンドン五輪女子200m金メダルを筆頭に、リレーも含めれば五輪で6つの金メダル、3つの銀メダル、世界選手権では合計11の優勝を果たしているなど、女子短距離界の傑出した選手。18年に娘を出産する際、当時のスポンサーであったナイキに支払額をそれまでよりも減額した契約を提示され、それについて非難の声を上げた。その後、ナイキは出産前後の女性アスリートの給与を保護する方針を更新。出産の権利を推進したことが「世界で最も影響力のある100人」選出に際して評価された。

過去の「世界で最も影響力のある100人」に、陸上界からは、16年にU.ボルト(ジャマイカ)、19年にC.セメンヤ(南アフリカ)などが選出されている。

全文はこちらから読むことができる(英文)

 



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com