HOME 駅伝

2023.12.30

名城大 1区から先頭譲らず完封V 増渕祐香「集大成の走りができました」/富士山女子駅伝
名城大 1区から先頭譲らず完封V 増渕祐香「集大成の走りができました」/富士山女子駅伝

23年富士山女子駅伝でフィニッシュテープを切る名城大・原田紗希

◇2023全日本大学女子選抜駅伝(富士山女子駅伝、2023年12月30日/静岡・富士山本宮浅間大社前~富士総合運動公園陸上競技場:7区間43.4km)

10月の全日本大学女子駅伝で7連覇を果たした名城大が、年末の富士山麓でも圧倒的なタスキリレーを見せた。

広告の下にコンテンツが続きます

2年連続で1区を務めた柳樂あずみ(2年)は「なんとか勢いをつけたかった」と話すように、スローペースとなったレースで終盤に抜けだし、前回に続き区間賞に輝く。すると、2区の米澤奈々香(2年)もその勢いを引き継ぎ、2位との差をじりじりと広げていった。

3区では1年生の山田未唯が先輩たちの作った流れに乗り、悠々とトップを快走。「練習の成果を発揮できた」と初の学生駅伝ながら殊勲の区間賞で、2位・立命大に対して20秒のリードをつけた。さらに4区の石松愛朱加(2年)も区間賞とライバルにつけいるすきを与えない。

最長区間の5区を任された谷本七星(3年)は7km付近で苦しい表情も見せるも、トップは譲らず。区間賞こそ大東大のサラ・ワンジル(大東大1)に奪われたが、この時点で2位の大東大に1分以上の差となり、優勝をほぼ決定づけた。

6区は全日本でメンバーから外れた4年生の増渕祐香。「今年1年、チームとしても個人としても苦しい時期もありました。それでも、支えてくださった方の顔を思い浮かべながら走りました」と感謝の走りを披露。19分27秒の区間新記録で駆け抜け、「集大成の走りができました」と笑顔を浮かべた。

広告の下にコンテンツが続きます

セーフティーリードをもらった原田紗希(2年)も区間5位でまとめ、2時間22分42秒で6連覇を達成。終わってみれば2位の日体大に1分22秒の大差をつけ、女王の貫禄を見せつけた。

米田勝朗監督は「10月の仙台では主将(増渕)を外すというオーダーを組んで、増渕につらい思いもさせました。それでも、『4年生たちを優勝させて卒業させよう』という後輩たちの走りが、1区からつながったと思います」とそれぞれの頑張りを称えた。

これで、名城大は6年連続で全日本と富士山を制覇。4年生は卒業するが、下級生たちも女王らしい走りを披露した。今回は走れなかった全日本優勝メンバーの力丸楓、藪谷奈瑠と強力な1年生も控えており、さらに勢いを加速させていく。

◇2023全日本大学女子選抜駅伝(富士山女子駅伝、2023年12月30日/静岡・富士山本宮浅間大社前~富士総合運動公園陸上競技場:7区間43.4km) 10月の全日本大学女子駅伝で7連覇を果たした名城大が、年末の富士山麓でも圧倒的なタスキリレーを見せた。 2年連続で1区を務めた柳樂あずみ(2年)は「なんとか勢いをつけたかった」と話すように、スローペースとなったレースで終盤に抜けだし、前回に続き区間賞に輝く。すると、2区の米澤奈々香(2年)もその勢いを引き継ぎ、2位との差をじりじりと広げていった。 3区では1年生の山田未唯が先輩たちの作った流れに乗り、悠々とトップを快走。「練習の成果を発揮できた」と初の学生駅伝ながら殊勲の区間賞で、2位・立命大に対して20秒のリードをつけた。さらに4区の石松愛朱加(2年)も区間賞とライバルにつけいるすきを与えない。 最長区間の5区を任された谷本七星(3年)は7km付近で苦しい表情も見せるも、トップは譲らず。区間賞こそ大東大のサラ・ワンジル(大東大1)に奪われたが、この時点で2位の大東大に1分以上の差となり、優勝をほぼ決定づけた。 6区は全日本でメンバーから外れた4年生の増渕祐香。「今年1年、チームとしても個人としても苦しい時期もありました。それでも、支えてくださった方の顔を思い浮かべながら走りました」と感謝の走りを披露。19分27秒の区間新記録で駆け抜け、「集大成の走りができました」と笑顔を浮かべた。 セーフティーリードをもらった原田紗希(2年)も区間5位でまとめ、2時間22分42秒で6連覇を達成。終わってみれば2位の日体大に1分22秒の大差をつけ、女王の貫禄を見せつけた。 米田勝朗監督は「10月の仙台では主将(増渕)を外すというオーダーを組んで、増渕につらい思いもさせました。それでも、『4年生たちを優勝させて卒業させよう』という後輩たちの走りが、1区からつながったと思います」とそれぞれの頑張りを称えた。 これで、名城大は6年連続で全日本と富士山を制覇。4年生は卒業するが、下級生たちも女王らしい走りを披露した。今回は走れなかった全日本優勝メンバーの力丸楓、藪谷奈瑠と強力な1年生も控えており、さらに勢いを加速させていく。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.22

ステップスポーツ神戸店 2月23日(金・祝)にグランドオープン!

陸上競技用スパイクやシューズ、ウェアの販売でおなじみの「SteP SPORTS(ステップスポーツ)」が2月23日、兵庫県神戸市に「ステップスポーツ神戸店」をグランドオープンする。 同店は、1月14日までの営業となった「ス […]

NEWS 川嶋伸次氏が4月から創価大総監督に就任!東洋大強豪への礎築き、旭化成でも手腕 榎木監督と“師弟タッグ”

2024.02.21

川嶋伸次氏が4月から創価大総監督に就任!東洋大強豪への礎築き、旭化成でも手腕 榎木監督と“師弟タッグ”

創価大駅伝部は4月1日付で川嶋伸次氏が総監督に就任すると発表した。 川嶋氏は埼玉県出身の57歳。日体大時代に箱根駅伝6区区間賞など活躍したのち、1989年に旭化成入社。2000年3月のびわ湖毎日マラソンで2時間9分04秒 […]

NEWS 箱根駅伝“山の神” 今井正人が引退! 日本選手権クロカンでラストレース マラソンでも結果残す

2024.02.21

箱根駅伝“山の神” 今井正人が引退! 日本選手権クロカンでラストレース マラソンでも結果残す

トヨタ自動車九州は2月21日、所属する今井正人が2月25日の第107回日本選手権クロスカントリーを最後に現役を引退すると発表した。 今井は福島県小高町(現・南相馬市)出身の39歳。小学生の頃から野球少年だったが、小・中学 […]

NEWS 「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

2024.02.21

「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

東京2005世界陸上財団は2月21日、2025年9月に開催される東京世界選手権の大会ロゴデザイン選定委員会を開いた。 11月30日から1月15日までの応募期間で受け付けられた368作品から、要件確認を経て、予備選定会で絞 […]

NEWS 走幅跳の“実測”ルール変更検討に対しカール・ルイス「私たちとは違うジャンプ」23年世界女王「アスリートの意見尊重を」

2024.02.21

走幅跳の“実測”ルール変更検討に対しカール・ルイス「私たちとは違うジャンプ」23年世界女王「アスリートの意見尊重を」

世界陸連(WA)が走幅跳のルール変更について検討していることについて、さまざまな声が上がっている。 現行ルールは、踏み切り板20cmと10cmの粘土板が敷かれ、踏み切り板と粘土板の境目から計測される。粘土板に跡がついた場 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top