HOME インフォ

2023.12.22

アローズラボ&ジムが1月6日、三越日本橋本店にオープン 「スポーツ科学で健康寿命を測る」がメインメニュー
アローズラボ&ジムが1月6日、三越日本橋本店にオープン 「スポーツ科学で健康寿命を測る」がメインメニュー

12月22日に行われたアローズラボ&ジム三越日本橋本店の記者発表会にて。左から株式会社スポーツ科学の原口朋大社長室室長、山下典秀社長、三越日本橋本店の丸井良太店長(株式会社三越伊勢丹 執行役員)、アローズスポーツ科学研究所の福永哲夫所長(東京大学名誉教授、鹿屋体育大学前学長)

最先端スポーツ科学による検査・分析・評価を行うスポーツ版人間ドッグ検査施設【アローズラボ】と、子供のためのスポーツ科学トレーニング塾【アローズジム】を全国で展開している株式会社スポーツ科学(本社:静岡県浜松市、代表取締役:山下典秀)は22日、同社20店舗目となる施設を三越日本橋本店(東京都中央区)に開設することを発表した。1月6日にオープンする。

新店舗は、既存のアローズジム&ラボとは異なり、日本で初となる「スポーツ科学で健康寿命を測る」がメインメニュー。超高齢化社会を迎える中、アローズラボが提供する「体力ドック」で身体組成、視力、筋力、持久力の4つの検査結果から科学的に“体力年齢”を算出。視力低下による自動車運転中の事故や日常生活での転倒リスク、筋力低下による肥満・生活習慣病・寝たきりのリスクなどの課題を早期発見していく。これらの「体力ドック」をきっかけに身体への投資に関心を持った方は、アローズラボでスポーツ科学の専門家から“貯筋運動”などについてのアドバイスが受けられる。

広告の下にコンテンツが続きます

オープンを控えた店舗内で記者発表会が行われ、同社の山下社長は「弊社の創業からこれまでの12年間で、子供たちを中心に延べ2万人の体力データを取ってきました。これを基に、今度は“健康メニュー”をここ日本橋から全国に発信していきたい。このようなすばらしい場所に新たな店舗を構えられることは大変意義があり、日本だけでなく世界も巻き込んでヘルスリテラシーの向上につなげていきたい」と力強く語った。

三越日本橋本店の丸井良太店長(株式会社三越伊勢丹 執行役員)は、「コロナ禍を経て、お客様の消費スタイルや生活スタイルが大きく変化している中、健康維持、体力増進といったコンテンツに対するニーズが非常に高まっていることを日々感じており、今年、創業350周年の節目を迎えた機会に、これまでの百貨店の枠にとらわれず、新しいサービスコンテンツとして『グッドヘルス&ウェルビーング』をキーワードに店舗内のライフソリューション型施設を再構築した」と説明し、その一つとして迎えられたのがアローズラボ&ジムに対して「新しいサービスコンテンツを提案することで、お客様の悩みや困りごとに対して革新的かつ具体的な提案ができるはず。お客様だけでなく、従業員も含めて健康寿命をますます向上させていきたい」と期待を寄せていた。

アローズラボ&ジム三越日本橋本店は、「体力ドック」に特化していくわけではなく、他店舗のように子供たちやトップアスリート、プロ選手も活用できるメニューも併設。このほか、世界初となる床を舞台に使用して身体だけで運動できる拡張現実(AR)を用いた未来型バーチャルフィットネスを導入し、安全かつ効率的に運動が実施できることも大きな特徴だ。最先端のスポーツ科学を駆使した日本初、世界初のサービスを提供していく。

最先端スポーツ科学による検査・分析・評価を行うスポーツ版人間ドッグ検査施設【アローズラボ】と、子供のためのスポーツ科学トレーニング塾【アローズジム】を全国で展開している株式会社スポーツ科学(本社:静岡県浜松市、代表取締役:山下典秀)は22日、同社20店舗目となる施設を三越日本橋本店(東京都中央区)に開設することを発表した。1月6日にオープンする。 新店舗は、既存のアローズジム&ラボとは異なり、日本で初となる「スポーツ科学で健康寿命を測る」がメインメニュー。超高齢化社会を迎える中、アローズラボが提供する「体力ドック」で身体組成、視力、筋力、持久力の4つの検査結果から科学的に“体力年齢”を算出。視力低下による自動車運転中の事故や日常生活での転倒リスク、筋力低下による肥満・生活習慣病・寝たきりのリスクなどの課題を早期発見していく。これらの「体力ドック」をきっかけに身体への投資に関心を持った方は、アローズラボでスポーツ科学の専門家から“貯筋運動”などについてのアドバイスが受けられる。 オープンを控えた店舗内で記者発表会が行われ、同社の山下社長は「弊社の創業からこれまでの12年間で、子供たちを中心に延べ2万人の体力データを取ってきました。これを基に、今度は“健康メニュー”をここ日本橋から全国に発信していきたい。このようなすばらしい場所に新たな店舗を構えられることは大変意義があり、日本だけでなく世界も巻き込んでヘルスリテラシーの向上につなげていきたい」と力強く語った。 三越日本橋本店の丸井良太店長(株式会社三越伊勢丹 執行役員)は、「コロナ禍を経て、お客様の消費スタイルや生活スタイルが大きく変化している中、健康維持、体力増進といったコンテンツに対するニーズが非常に高まっていることを日々感じており、今年、創業350周年の節目を迎えた機会に、これまでの百貨店の枠にとらわれず、新しいサービスコンテンツとして『グッドヘルス&ウェルビーング』をキーワードに店舗内のライフソリューション型施設を再構築した」と説明し、その一つとして迎えられたのがアローズラボ&ジムに対して「新しいサービスコンテンツを提案することで、お客様の悩みや困りごとに対して革新的かつ具体的な提案ができるはず。お客様だけでなく、従業員も含めて健康寿命をますます向上させていきたい」と期待を寄せていた。 アローズラボ&ジム三越日本橋本店は、「体力ドック」に特化していくわけではなく、他店舗のように子供たちやトップアスリート、プロ選手も活用できるメニューも併設。このほか、世界初となる床を舞台に使用して身体だけで運動できる拡張現実(AR)を用いた未来型バーチャルフィットネスを導入し、安全かつ効率的に運動が実施できることも大きな特徴だ。最先端のスポーツ科学を駆使した日本初、世界初のサービスを提供していく。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.20

3000m障害三浦龍司は8分21秒74で14位 DL2大会連続入賞ならず 王者・エルバッカリがV /DLマラケシュ

ダイヤモンドリーグ(DL)第4戦マラケシュ大会が5月19日にモロッコで行われ、男子3000m障害に出場した三浦龍司(SUBARU)は8分21秒74で14位に入った。 10日のDLドーハからの連戦となったこの日は、スタート […]

NEWS 200mVの鵜澤飛羽はフィニッシュ後に転倒し救急車で搬送/セイコーGGP

2024.05.19

200mVの鵜澤飛羽はフィニッシュ後に転倒し救急車で搬送/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子200mは鵜澤飛羽(筑波大)が20秒40(-0.3)で優勝した。 […]

NEWS 走幅跳・橋岡優輝は「次につながる」7m97で4位 パリ五輪標準突破済み/セイコーGGP

2024.05.19

走幅跳・橋岡優輝は「次につながる」7m97で4位 パリ五輪標準突破済み/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子走幅跳は張溟鯤(中国)が8m13(+0.4)をマークして優勝した。 […]

NEWS 男子100m坂井隆一郎 ケイレンで最下位も大事には至らず「まだ身体がついてこなかった」/セイコーGGP

2024.05.19

男子100m坂井隆一郎 ケイレンで最下位も大事には至らず「まだ身体がついてこなかった」/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子100mで昨年の日本選手権覇者・坂井隆一郎(大阪ガス)は、スタート […]

NEWS 北口榛花 またラストで逆転Vで昨年から10連勝!!「まだちょっと足りない」3年前涙に暮れた国立で貫禄/セイコーGGP

2024.05.19

北口榛花 またラストで逆転Vで昨年から10連勝!!「まだちょっと足りない」3年前涙に暮れた国立で貫禄/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、女子やり投は北口榛花(JAL)が63m45のシーズンベストを投げて優勝 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top