月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【長距離】10000m服部勇馬が27分47秒55で日本人トップ/全日本実業団


全日本実業団(熊谷)2日目、男子10000mが行われ、東京五輪男子マラソン代表の服部勇馬(トヨタ自動車)が27分47秒55の自己新、今季日本最高で日本人トップの7位、服部に続いた鈴木健吾(富士通)も27分台(27分49秒16)だった。

7月のホクレン・ディスタンスチャレンジ10000m以来のレースとなった服部は、その時にマークした27分56秒32の自己記録をさらに更新。

なお、レースは、リチャード・キムニャン(日立物流)が27分01秒42で優勝、2位ベナード・コエチ(九電工)27分02秒39、3位ビダン・カロキ(トヨタ自動車)27分02秒80で、ここまで今季世界リストの1~3位というレベルだった。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com