HOME 国内

2023.12.11

3位の相澤晃 日本記録保持者の称号失うも成長に手応え「挑戦者として負けない」/日本選手権10000m
3位の相澤晃 日本記録保持者の称号失うも成長に手応え「挑戦者として負けない」/日本選手権10000m

23年日本選手権10000mで3位に入った相澤晃

◇第107回日本選手権10000m(12月10日/東京・国立競技場)

パリ五輪代表選考会を兼ねた第107回日本選手権10000mが行われ、男子は塩尻和也(富士通)が27分09秒80の日本新記録で優勝した。

広告の下にコンテンツが続きます

このレースの前まで日本記録(27分18秒75)を持っていた前回覇者の相澤晃(旭化成)は3位。自己ベストを塗り替える27分13分04をマークしたが、連覇はならなかった。

「暑い予報もありましたが、涼しくて、ちょっと寒いくらい。良い条件でペースメーカーについていくだけでした。調子の良い選手が前に行き、私にはまだ前で走る余裕がなかったですね」

1ヵ月前に体調を崩したことを明かした相澤。「あまり影響はなかった」と言いつつも「それが塩尻さんとの差」とも語った。

3年前の日本選手権では日本新を打ち立て、優勝した。「前の記録は出てしまった感じでした。今回はしっかり練習できました。そこが成長したところかな」。

広告の下にコンテンツが続きます

昨年夏に右足の後脛骨筋を痛めた影響で約1年半ぶりの10000mだった。その間にさまざまなトレーニングや調整、コンディションニング方法を取り入れてきたという。

大学時代はあまり練習量を落とさずにトラックレースに出てきたが、「チーム(旭化成)の先輩からアドバイスをもらって」、しっかりと調整してピークを合わせてきた。

他にはウエイトトレーニングにも本格着手。「腕振りもしっかり振れるようになりましたし、下半身も筋肉がつきました。重く感じることもありましたが、しっかり修正して臨めました」。

準備を整えて臨んだレースで自己ベストを更新。手応えはあった。だが、タイトルには届かず「塩尻さんとは間が空いて負けてしまったので、そこを埋めていきたいです。これまで日本記録保持者だったけど、今度は挑戦者。塩尻さんや、太田(智樹)さん、田澤(廉)君に負けないように、次の日本選手権に向けてあと5ヵ月、しっかり練習したい」と前を向く。

広告の下にコンテンツが続きます

自身の個人レースもあるが、次の大きな目標は元日の全日本実業団対抗駅伝。旭化成では、12月2日の日体大長距離競技会10000mで高卒1年目の長嶋幸宝が27分44秒86(U20日本歴代2位)を出すなど、勢いが出てきた。そういった後輩を頼もしく思いながらも、相澤は「エースとして走りたい」と力を込めた。

◇第107回日本選手権10000m(12月10日/東京・国立競技場) パリ五輪代表選考会を兼ねた第107回日本選手権10000mが行われ、男子は塩尻和也(富士通)が27分09秒80の日本新記録で優勝した。 このレースの前まで日本記録(27分18秒75)を持っていた前回覇者の相澤晃(旭化成)は3位。自己ベストを塗り替える27分13分04をマークしたが、連覇はならなかった。 「暑い予報もありましたが、涼しくて、ちょっと寒いくらい。良い条件でペースメーカーについていくだけでした。調子の良い選手が前に行き、私にはまだ前で走る余裕がなかったですね」 1ヵ月前に体調を崩したことを明かした相澤。「あまり影響はなかった」と言いつつも「それが塩尻さんとの差」とも語った。 3年前の日本選手権では日本新を打ち立て、優勝した。「前の記録は出てしまった感じでした。今回はしっかり練習できました。そこが成長したところかな」。 昨年夏に右足の後脛骨筋を痛めた影響で約1年半ぶりの10000mだった。その間にさまざまなトレーニングや調整、コンディションニング方法を取り入れてきたという。 大学時代はあまり練習量を落とさずにトラックレースに出てきたが、「チーム(旭化成)の先輩からアドバイスをもらって」、しっかりと調整してピークを合わせてきた。 他にはウエイトトレーニングにも本格着手。「腕振りもしっかり振れるようになりましたし、下半身も筋肉がつきました。重く感じることもありましたが、しっかり修正して臨めました」。 準備を整えて臨んだレースで自己ベストを更新。手応えはあった。だが、タイトルには届かず「塩尻さんとは間が空いて負けてしまったので、そこを埋めていきたいです。これまで日本記録保持者だったけど、今度は挑戦者。塩尻さんや、太田(智樹)さん、田澤(廉)君に負けないように、次の日本選手権に向けてあと5ヵ月、しっかり練習したい」と前を向く。 自身の個人レースもあるが、次の大きな目標は元日の全日本実業団対抗駅伝。旭化成では、12月2日の日体大長距離競技会10000mで高卒1年目の長嶋幸宝が27分44秒86(U20日本歴代2位)を出すなど、勢いが出てきた。そういった後輩を頼もしく思いながらも、相澤は「エースとして走りたい」と力を込めた。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.26

「ここが自分の最高地点じゃない」2時間6分18秒!衝撃の初マラソン初V飾った國學院大・平林清澄 世界へ意欲/大阪マラソン

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

NEWS パリ五輪代表・小山直城は日本歴代9位2時間6分33秒&経験の「収穫」と「反省」の3位「現状の力は出し切れた」/大阪マラソン

2024.02.26

パリ五輪代表・小山直城は日本歴代9位2時間6分33秒&経験の「収穫」と「反省」の3位「現状の力は出し切れた」/大阪マラソン

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

NEWS 山口智規が井川龍人との「早大対決」制す!先輩大迫傑と同じ大学2年生Vで「これをステップに」/日本選手権クロカン

2024.02.26

山口智規が井川龍人との「早大対決」制す!先輩大迫傑と同じ大学2年生Vで「これをステップに」/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われた。シニア男子 […]

NEWS 女子は酒井美玖が地元V!「世界で通用する選手になるためにもここで優勝したいと思っていた」/日本選手権クロカン

2024.02.26

女子は酒井美玖が地元V!「世界で通用する選手になるためにもここで優勝したいと思っていた」/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われ、49人が出走 […]

NEWS 衝撃の初マラソン初V!平林清澄の快走にを指導した國學院大・前田康弘監督「妥協しない。努力をしてきましたから」/大阪マラソン

2024.02.25

衝撃の初マラソン初V!平林清澄の快走にを指導した國學院大・前田康弘監督「妥協しない。努力をしてきましたから」/大阪マラソン

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top