HOME 学生長距離

2023.12.01

【Playback箱根駅伝】第4回/早大が2年連続V!往路2位から6区で逆転して制す 東農大が3位と健闘
【Playback箱根駅伝】第4回/早大が2年連続V!往路2位から6区で逆転して制す 東農大が3位と健闘

第4回箱根駅伝1区・川崎付近の様子

2024年に箱根駅伝は第100回大会を迎える。記念すべき100回に向けて、これまでの歴史を改めて振り返る『Playback箱根駅伝』を企画。第1回大会から第99回大会まで、大会の様子を刻んでいく。(所属などは当時のもの)

第4回(1923年/大正12年)
早大が復路で逆転!中大、東農大が2、3位と健闘

前回出場校の日本歯科医専が不出場となったため、第4回は9校で開催された。日比谷公園が消防の出初め式と時間帯が被ることがわかり、当日朝になって急きょ発着点を有楽町の旧報知新聞社前に変更。また、この大会から区間賞として表彰されることになった。

広告の下にコンテンツが続きます

先行したのは東京高師。1区の畠山勇三が2位の東農大に2分53秒差の大差をつけて区間賞を獲得する。2区の越智治成も区間4位ながら首位をキープ。1区で4分33秒差の6位と出遅れた早大は細川曽市が区間賞の走りを見せて22秒差の2位に浮上した。

3区では目まぐるしく順位が変わる。3位でスタートした中大は山崎岩男が区間2位の好走で首位に立つ。2区終了時で5位だった明大は八島健三が区間新記録の快走で中大と41秒差の2位に押し上げた。早大は3位、東京高師は4位にそれぞれ順位を落とす。

4区では明大の川上正蔵が追い上げ、中大と同タイムの首位で5区の下村広次にタスキを渡した。5区では下村が中大を引き離し、区間新記録の快走を見せて明大が往路優勝。2位には連覇を狙う早大が2分13秒差で続いた。

復路では6区で早大の三村二郎が塔ノ沢で明大を逆転する。その後も9区の縄田尚門が区間賞を獲得するなど安定した走りを見せて早大が2年連続優勝を達成。終わってみれば、2位に13分差の大差をつけていた。

広告の下にコンテンツが続きます

2位には往路4位から追い上げた中大。復路成績は早大に次ぐ2位と健闘した。3位は東農大、往路優勝の明大は復路5位と苦戦して4位に順位を落とした。

参考文献:箱根駅伝90回記念誌(関東学生連盟)

2024年に箱根駅伝は第100回大会を迎える。記念すべき100回に向けて、これまでの歴史を改めて振り返る『Playback箱根駅伝』を企画。第1回大会から第99回大会まで、大会の様子を刻んでいく。(所属などは当時のもの)

第4回(1923年/大正12年) 早大が復路で逆転!中大、東農大が2、3位と健闘

前回出場校の日本歯科医専が不出場となったため、第4回は9校で開催された。日比谷公園が消防の出初め式と時間帯が被ることがわかり、当日朝になって急きょ発着点を有楽町の旧報知新聞社前に変更。また、この大会から区間賞として表彰されることになった。 先行したのは東京高師。1区の畠山勇三が2位の東農大に2分53秒差の大差をつけて区間賞を獲得する。2区の越智治成も区間4位ながら首位をキープ。1区で4分33秒差の6位と出遅れた早大は細川曽市が区間賞の走りを見せて22秒差の2位に浮上した。 3区では目まぐるしく順位が変わる。3位でスタートした中大は山崎岩男が区間2位の好走で首位に立つ。2区終了時で5位だった明大は八島健三が区間新記録の快走で中大と41秒差の2位に押し上げた。早大は3位、東京高師は4位にそれぞれ順位を落とす。 4区では明大の川上正蔵が追い上げ、中大と同タイムの首位で5区の下村広次にタスキを渡した。5区では下村が中大を引き離し、区間新記録の快走を見せて明大が往路優勝。2位には連覇を狙う早大が2分13秒差で続いた。 復路では6区で早大の三村二郎が塔ノ沢で明大を逆転する。その後も9区の縄田尚門が区間賞を獲得するなど安定した走りを見せて早大が2年連続優勝を達成。終わってみれば、2位に13分差の大差をつけていた。 2位には往路4位から追い上げた中大。復路成績は早大に次ぐ2位と健闘した。3位は東農大、往路優勝の明大は復路5位と苦戦して4位に順位を落とした。 参考文献:箱根駅伝90回記念誌(関東学生連盟)

第4回箱根駅伝総合成績をチェック

●総合成績 1位 早大   14時間15分49秒8 2位 中大   14時間29分46秒 3位 東農大  14時間37分10秒6 4位 明大   14時間38分50秒4 5位 東京高師 14時間41分54秒6 6位 慶大   15時間14分30秒2 7位 法大   15時間24分52秒2 8位 東大農学実科 16時間14分54秒8 9位 日大   16時間52分04秒 ●区間賞 1区 畠山勇三(東京高師)1時間23分41秒 2区 細川曽市(早大)  1時間13分53秒 3区 八島健三(明大)  1時間19分20秒 4区 鴨脚十郎(慶大)  1時間22分33秒 5区 下村広次(明大) 1時間43分26秒 6区 矢ケ崎諫(東農大) 1時間31分20秒 7区 関谷忠男(中大) 1時間20分48秒 8区 西田長治郎(東京高師) 1時間19分00秒 9区 縄田尚門(早大)  1時間11分26秒 10区 佐藤秀三郎(東京高師) 1時間19分49秒2

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.20

3000m障害三浦龍司は8分21秒74で14位 DL2大会連続入賞ならず 王者・エル・バッカリがV /DLマラケシュ

ダイヤモンドリーグ(DL)第4戦マラケシュ大会が5月19日にモロッコで行われ、男子3000m障害に出場した三浦龍司(SUBARU)は8分21秒74で14位に入った。 10日のDLドーハからの連戦となったこの日は、スタート […]

NEWS 200mVの鵜澤飛羽はフィニッシュ後に転倒し救急車で搬送/セイコーGGP

2024.05.19

200mVの鵜澤飛羽はフィニッシュ後に転倒し救急車で搬送/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子200mは鵜澤飛羽(筑波大)が20秒40(-0.3)で優勝した。 […]

NEWS 走幅跳・橋岡優輝は「次につながる」7m97で4位 パリ五輪標準突破済み/セイコーGGP

2024.05.19

走幅跳・橋岡優輝は「次につながる」7m97で4位 パリ五輪標準突破済み/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子走幅跳は張溟鯤(中国)が8m13(+0.4)をマークして優勝した。 […]

NEWS 男子100m坂井隆一郎 ケイレンで最下位も大事には至らず「まだ身体がついてこなかった」/セイコーGGP

2024.05.19

男子100m坂井隆一郎 ケイレンで最下位も大事には至らず「まだ身体がついてこなかった」/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子100mで昨年の日本選手権覇者・坂井隆一郎(大阪ガス)は、スタート […]

NEWS 北口榛花 またラストで逆転Vで昨年から10連勝!!「まだちょっと足りない」3年前涙に暮れた国立で貫禄/セイコーGGP

2024.05.19

北口榛花 またラストで逆転Vで昨年から10連勝!!「まだちょっと足りない」3年前涙に暮れた国立で貫禄/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、女子やり投は北口榛花(JAL)が63m45のシーズンベストを投げて優勝 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top