HOME 学生長距離

2023.11.28

【Playback箱根駅伝】第1回/金栗四三の思い形に1920年に産声 東京高師が大逆転で初代王者に輝く!
【Playback箱根駅伝】第1回/金栗四三の思い形に1920年に産声 東京高師が大逆転で初代王者に輝く!

第1回箱根駅伝10区の茂木善作(東京高師)

2024年に箱根駅伝は第100回大会を迎える。記念すべき100回に向けて、これまでの歴史を改めて振り返る『Playback箱根駅伝』を企画。第1回大会から第99回大会まで、大会の様子を刻んでいく。(所属などは当時のもの)

第1回(1920年/大正9年)
東京高師が10区の大逆転で初代王者となる

箱根駅伝は日本が初めて参加したオリンピックのストックホルム大会(1912年)でマラソンに出場した金栗四三(当時・東京高師在学中)が無念の途中棄権になったことがきっかけで誕生した。

広告の下にコンテンツが続きます

金栗は周囲と相談しながら「世界と対抗するには多くの長距離選手を一度に強化できるようなレースを創設するのが早道」という思いを持つ。1917年4月に行われた“初”の駅伝「東京奠都五十年奉祝・東海道駅伝徒歩競走」にも出場していた金栗は、駅伝大会の創設を考案。いずれはアメリカ大陸を横断する構想もあり、その選考会を開こうと思い立った。大会創設の企画を報知新聞社に持ち込み、各大学の代表者と協議して大会開催にこぎつけた。

1920年2月14日、15日に「四大専門学校対抗駅伝競走」として第1回が開催。東京高師(現・筑波大)、早大、慶大、明大の4チームが出場した。

午後1時にスタートしたレースは東京高師と明大が先頭争いを繰り広げ、早大と慶大が追いかける展開。小田原の辺りで日が暮れるようになり、5区の選手たちは夜の箱根山中を松明(たいまつ)の明かりを頼りに走ったという。明大の沢田英一が往路優勝のゴールテープを切った時の時刻は午後8時半を回っていた。

往路で2位の東京高師に8分27秒差をつけた明大は復路でも首位を独走。9区を終えた時点で11分差をつけていた。ところが、明大の10区・西岡吉平が失速。一方、東京高師の茂木善作が快調なペースで走り抜けると、新橋でついに西岡をかわす。

広告の下にコンテンツが続きます

雪の舞う中で茂木は有楽町の旧報知新聞社前にゴールして、東京高師が初代優勝校に輝いた。2位は25秒差で明大、3位が早大、4位が慶大という結果に終わった。

復路で逆転した8分27秒差は今でも最大差の逆転劇として記録に残っている。また、1位と2位の25秒差は第47回に日体大と順大の23秒差決着に抜かれるまで史上最少のタイム差として残っていて、現在でも歴代3位の僅少差決着だ。

1人のオリンピアンと関係者、学生たちの情熱で始まった箱根駅伝は、この後、長い歴史を刻んでいくことになる。

参考文献:箱根駅伝90回記念誌(関東学生連盟)

広告の下にコンテンツが続きます
2024年に箱根駅伝は第100回大会を迎える。記念すべき100回に向けて、これまでの歴史を改めて振り返る『Playback箱根駅伝』を企画。第1回大会から第99回大会まで、大会の様子を刻んでいく。(所属などは当時のもの)

第1回(1920年/大正9年) 東京高師が10区の大逆転で初代王者となる

箱根駅伝は日本が初めて参加したオリンピックのストックホルム大会(1912年)でマラソンに出場した金栗四三(当時・東京高師在学中)が無念の途中棄権になったことがきっかけで誕生した。 金栗は周囲と相談しながら「世界と対抗するには多くの長距離選手を一度に強化できるようなレースを創設するのが早道」という思いを持つ。1917年4月に行われた“初”の駅伝「東京奠都五十年奉祝・東海道駅伝徒歩競走」にも出場していた金栗は、駅伝大会の創設を考案。いずれはアメリカ大陸を横断する構想もあり、その選考会を開こうと思い立った。大会創設の企画を報知新聞社に持ち込み、各大学の代表者と協議して大会開催にこぎつけた。 1920年2月14日、15日に「四大専門学校対抗駅伝競走」として第1回が開催。東京高師(現・筑波大)、早大、慶大、明大の4チームが出場した。 午後1時にスタートしたレースは東京高師と明大が先頭争いを繰り広げ、早大と慶大が追いかける展開。小田原の辺りで日が暮れるようになり、5区の選手たちは夜の箱根山中を松明(たいまつ)の明かりを頼りに走ったという。明大の沢田英一が往路優勝のゴールテープを切った時の時刻は午後8時半を回っていた。 往路で2位の東京高師に8分27秒差をつけた明大は復路でも首位を独走。9区を終えた時点で11分差をつけていた。ところが、明大の10区・西岡吉平が失速。一方、東京高師の茂木善作が快調なペースで走り抜けると、新橋でついに西岡をかわす。 雪の舞う中で茂木は有楽町の旧報知新聞社前にゴールして、東京高師が初代優勝校に輝いた。2位は25秒差で明大、3位が早大、4位が慶大という結果に終わった。 復路で逆転した8分27秒差は今でも最大差の逆転劇として記録に残っている。また、1位と2位の25秒差は第47回に日体大と順大の23秒差決着に抜かれるまで史上最少のタイム差として残っていて、現在でも歴代3位の僅少差決着だ。 1人のオリンピアンと関係者、学生たちの情熱で始まった箱根駅伝は、この後、長い歴史を刻んでいくことになる。 参考文献:箱根駅伝90回記念誌(関東学生連盟)

第1回箱根駅伝総合成績をチェック

●総合成績 1位 東京高師 15時間05分16秒 2位 明大 15時間05分41秒 3位 早大 15時間15分31秒 4位 慶大 16時間50秒56秒 ●区間賞 1区 山下馬之助(東京高師) 1時間25分00秒 2区 下村広次(明大) 1時間13分00秒 3区 藤井嘉市(明大) 1時間25分09秒 4区 内田庄作(早大) 1時間18分00秒 5区 大浦留市(東京高師) 1時間57分28秒 6区 山口六郎次(明大) 1時間37分30秒 7区 得能末吉(明大) 1時間25分20秒 8区 赤塚勝次(東京高師) 1時間24分45秒 9区 麻生武治(早大) 1時間17分00秒 10区 茂木善作(東京高師) 1時間29分10秒

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.29

グラスゴー世界室内がいよいよ開幕!多田修平、田中希実らがファイナル目指す メダルなれば日本勢27年ぶり

3月1日から3日まで、英国・グラスゴーで世界室内選手権が開催される。日本からは男子4名、女子4名の8人が出場する。 男子60mには多田修平(住友電工)と東田旺洋(関彰商事)が出場。多田はアジア室内選手権の予選で6秒53の […]

NEWS パリ五輪マラソン代表3枠目は誰の手に!?最後の大一番・東京マラソンに鈴木健吾、服部勇馬、山下一貴らが挑む

2024.02.29

パリ五輪マラソン代表3枠目は誰の手に!?最後の大一番・東京マラソンに鈴木健吾、服部勇馬、山下一貴らが挑む

アボット・ワールドマラソンメジャーズの一つ、東京マラソン2024が3月3日に行われる。 JMCシリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャピオンシップ(MGC)ファイナルチャレンジの男子ラストレース。つまり、こ […]

NEWS 【学生長距離Close-upインタビュー】マラソンで花開いた早大・伊福陽太「早稲田の歴史に名前を残せてうれしい」

2024.02.29

【学生長距離Close-upインタビュー】マラソンで花開いた早大・伊福陽太「早稲田の歴史に名前を残せてうれしい」

学生長距離Close-upインタビュー 伊福陽太 Ifuku Yota 早稲田大学3年 「月陸Online」限定で大学長距離選手のインタビューをお届けする「学生長距離Close-upインタビュー」。36回目は、早大の伊福 […]

NEWS 【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~日体大~漆畑徳輝「古豪復活を絶対にできる」山口廉「必ず2区でリベンジ」

2024.02.29

【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~日体大~漆畑徳輝「古豪復活を絶対にできる」山口廉「必ず2区でリベンジ」

記念すべき第100回目の箱根駅伝に出場した23チームの、出走全230人にアンケートを実施。出走した選手たちの声を刻みます! 【アンケート項目】 (1)大会を終えての感想、コースの攻略法など (2)今だから話せる裏話 (3 […]

NEWS マラソンの川内 待望のGarminアンバサダーに就任! パリ五輪補欠の可能性は「ニュートラルな気持ちで待つ」

2024.02.29

マラソンの川内 待望のGarminアンバサダーに就任! パリ五輪補欠の可能性は「ニュートラルな気持ちで待つ」

プロランナーの川内優輝(あおいおニッセイ同和損保、36歳)が29日、都内で行われたイベントに参加し、近況などを語った。 脚の故障で前週の大阪マラソンなどを欠場しており、「10日間ほど休んでジョグは始めていますが、スピード […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top