月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【マラソン】大迫傑と鈴木亜由子がイベントに登場 五輪延期「余裕を持てる期間」

【マラソン】
大迫傑と鈴木亜由子がナイキのオンラインイベントに登場
東京五輪延期は「余裕を持てる期間ができた」

ナイキが9月15日にオンラインで開催した「エア ズーム アルファフライ ネクスト%(以下、アルファフライ)新色発表会」に東京五輪マラソン代表の大迫傑(Nike)と鈴木亜由子(日本郵政グループ)が登場。自身が使用しているシューズや来年開催される東京五輪について語った。


ナイキのオンライン発表会に登場した東京五輪マラソン代表の大迫傑(Nike、上)と鈴木亜由子(日本郵政グループ)

今年3月の東京マラソンで2時間5分29秒と、自身の持つ日本記録を21秒短縮して東京五輪へのキップを手にした大迫。レース当日に履いていた厚底シューズ「アルファフライ」を「クッション性と反発がさらに増して、後半も脚が残っている。疲れてきてもしっかり踏み込める」と評価しながらも、事前の練習では「2回ぐらいしか履いていなかった。レースの時まで楽しみを取っておいた」と明かした。

鈴木は「目的に合わせてシューズを履き分けている」と言い、アルファフライについては「まだレースでは履いていませんが、反発はすごいなと感じる」と気に入っている様子だった。

延期となった東京五輪に向けては「MGC(昨年9月)、東京(今年3月)と走って8月に東京五輪というのはちょっときつかった。余裕を持てる期間ができた分、より強い自分を出したい」と大迫が言えば、鈴木も「MGCは課題の残る走りになった。それをモチベーションにして来年はしっかりマラソンを走りたい」と意気込んだ。

なお、大迫と鈴木は同学年で今年29歳。大迫は8月に少人数での選抜合宿を開催するなど将来的には指導者になる意向を示しており、鈴木は「まだ漠然としているけど、これまで培ったことを生かしてスポーツに携わっていきたい」とした。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com