HOME 駅伝

2023.11.19

3冠王者・駒大勢が好走!7ヵ月ぶりレース復帰の花尾恭輔が1時間2分39秒「まだまだ力不足」/上尾ハーフ
3冠王者・駒大勢が好走!7ヵ月ぶりレース復帰の花尾恭輔が1時間2分39秒「まだまだ力不足」/上尾ハーフ

23年上尾ハーフで7ヵ月ぶり復帰戦に臨んだ駒大の花尾恭輔

11月19日、第36回2023上尾シティハーフマラソンが開催され、学生駅伝で2年連続3冠に王手をかけている駒大勢が出場。1時間2分14秒で7位だった白鳥哲汰(4年)を筆頭に庭瀬俊輝(3年)、安原太陽(4年)ら5人が1時間2分台で駆け抜けた。

なかでも1年時から駅伝メンバーとして主力に君臨する花尾恭輔(4年)は1時間2分39秒で13位と奮闘。4月8日の世田谷競技会以来7ヵ月ぶりのレースとなり、「きつかったです。1時間2分台を目標にしていたのでひと安心ですが、まだまだ力不足だなとも思いました」と振り返った。

今季は4月に脛骨の疲労骨折、6月に練習を再開して1ヵ月後に仙骨の疲労骨折と、ケガに泣いたシーズンとなった。8月上旬からジョグを再開し、9月から強度の高い練習にも取り組んでいるものの、10月の出雲駅伝、11月の全日本大学駅伝は大事をとって欠場していた。

箱根駅伝に向けては「現状がわかったので、これから合宿などを経て調子を上げていきたい」と意気込んだ。花尾は同日の10000m記録挑戦競技会にもエントリーしていたが、こちらは欠場する予定だという。

他にも1年生の小山翔也が1時間2分59秒(22位)と健闘。ケガからの復帰戦となった唐澤拓海(4年)は1時間6分20秒で174位と苦しい結果となった。

11月19日、第36回2023上尾シティハーフマラソンが開催され、学生駅伝で2年連続3冠に王手をかけている駒大勢が出場。1時間2分14秒で7位だった白鳥哲汰(4年)を筆頭に庭瀬俊輝(3年)、安原太陽(4年)ら5人が1時間2分台で駆け抜けた。 なかでも1年時から駅伝メンバーとして主力に君臨する花尾恭輔(4年)は1時間2分39秒で13位と奮闘。4月8日の世田谷競技会以来7ヵ月ぶりのレースとなり、「きつかったです。1時間2分台を目標にしていたのでひと安心ですが、まだまだ力不足だなとも思いました」と振り返った。 今季は4月に脛骨の疲労骨折、6月に練習を再開して1ヵ月後に仙骨の疲労骨折と、ケガに泣いたシーズンとなった。8月上旬からジョグを再開し、9月から強度の高い練習にも取り組んでいるものの、10月の出雲駅伝、11月の全日本大学駅伝は大事をとって欠場していた。 箱根駅伝に向けては「現状がわかったので、これから合宿などを経て調子を上げていきたい」と意気込んだ。花尾は同日の10000m記録挑戦競技会にもエントリーしていたが、こちらは欠場する予定だという。 他にも1年生の小山翔也が1時間2分59秒(22位)と健闘。ケガからの復帰戦となった唐澤拓海(4年)は1時間6分20秒で174位と苦しい結果となった。

上尾ハーフ 学生上位成績をチェック!

ブライアン・キピエゴ(山梨学大)1.01.07 山口智規(早大)1.01.16 松永怜(法大)1.01.56 ピーター・ワンジル(大東大)1.02.00 高山豪起(國學院大)1.02.05 宮岡幸大(法大)1.02.07 白鳥哲汰(駒大)1.02.14 庭瀬俊輝(駒大)1.02.15 吉田蔵之介(國學院大)1.02.29 吉川響(明大)1.02.31 安原太陽(駒大)1.02.34 辻原輝(國學院大)1.02.38 花尾恭輔(駒大)1.02.39 ロホマン・シュモン(東海大)1.02.40 片川祐大(亜細亜大)1.02.40 児玉真輝(明大)1.02.42 稲見崚(中央学大)1.02.46 武田和馬(法大)1.02.48 鎌田匠馬(國學院大)1.02.49 大湊柊翔(明大)1.02.54

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.22

7/27開催 日本初上陸トラックイベント『On Track Nights: MDC』の観戦チケットが発売スタート!

スイスのスポーツブランド「On(オン)」が合同で開催する⽇本初上陸のトラックイベント「On Track Nights: MDC (オン トラック ナイツ: エムディーシー)」は7月27日に東京・世田谷区の大蔵運動公園陸上 […]

NEWS 関西王座を懸けて、関西ICきょう5/22開幕!注目は五輪代表・柳井綾音、前回MVP松井健斗、ブダペスト代表・山本亜美、甲南大ら

2024.05.22

関西王座を懸けて、関西ICきょう5/22開幕!注目は五輪代表・柳井綾音、前回MVP松井健斗、ブダペスト代表・山本亜美、甲南大ら

第101回関西インカレのT&Fの部は今日5月22日に開幕。25日までの4日間、京都市のたけびしスタジアム京都・東寺ハウジングフィールド西京極で行われる。 4月18日のハーフマラソンの部は大阪市のヤンマーフィール […]

NEWS 女子4×400mRは3位 3分35秒45でパリ五輪出場ラインには届かず/アジアリレー

2024.05.21

女子4×400mRは3位 3分35秒45でパリ五輪出場ラインには届かず/アジアリレー

第1回アジアリレー選手権が5月20、21日にタイ・バンコクで行われ、日本は女子4×400mリレーに出場し3分35秒45で3位だった。 日本は久保山晴菜(今村病院)、井戸アビゲイル風果(東邦銀行)、岩田優奈(スズキ)、森山 […]

NEWS ダイヤモンドリーグが中国の自動車ブランド「Zeekr」と公式モビリティパートナー締結

2024.05.21

ダイヤモンドリーグが中国の自動車ブランド「Zeekr」と公式モビリティパートナー締結

ダイヤモンドリーグは5月21日、​​電気自動車メーカーのZeekrと公式モビリティパートナーとして契約したと発表した。 「Zeekr(ジーカー)」は中国の吉利汽車が所有する電気自動車ブランドで2021年に設立。この後に控 […]

NEWS インターハイ都府県大会 週末は大阪で開催 東北、北信越、東海、中国、九州でも行われ一挙23府県で実施

2024.05.21

インターハイ都府県大会 週末は大阪で開催 東北、北信越、東海、中国、九州でも行われ一挙23府県で実施

福岡インターハイ(7月28日~8月1日/東平尾公園博多の森陸上競技場)を目指して、各地で行われているインターハイ都府県大会。明日5月22日の石川を皮切りに、来週前半までに23府県で開幕する。 北から順に、東北では青森、岩 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top