HOME 大学

2023.11.15

早大競走部が新体制発表! 110代主将に110mHの池田海が就任 駅伝主将は伊藤大志、女子主将は鷺麻耶子
早大競走部が新体制発表! 110代主将に110mHの池田海が就任 駅伝主将は伊藤大志、女子主将は鷺麻耶子

早大の第110代幹部に就任した伊藤大志、池田海、鷺麻耶子

早大競走部は11月15日、ホームページを更新し、新しい学生幹部の発表を行い、第110代目となる新主将には男子110mハードルで今年の関東インカレを制した池田海が就任した。

池田は愛媛県出身。愛媛・松山北高時代から14秒07をマークするなど期待をされてきた逸材で、昨年には13秒71をマークすると、先述の関東インカレでは13秒66にまでタイムを縮めている。

池田はホームページで「臙脂を背負う覚悟の重さと早稲田大学競走部の代表である責任を強く感じています」とコメント。「競走部で学んだことを活かしてそれぞれが社会を牽引する存在になることを私は強く願っています。まずは自分自身が体現できるように精進いたします。」と決意を語った。

長距離主将には伊藤大志が就任。1年次から学生3大駅伝に出走し、箱根駅伝では2年連続で山上りの5区を担当し、今年2月の丸亀ハーフマラソンでは1時間1分50秒と快走した。今季の駅伝でも出雲、全日本で好走を続けており、箱根での活躍も期待されている。

また、女子主将は3年連続で関東インカレ100mに3年連続で入賞している鷺麻耶子が就いた。

このほかスタッフも発表され、大前祐介氏が引き続き監督としてチームを指導。花田勝彦氏が駅伝監督を務める。

早大競走部は大正3年(1914年)に創部。三段跳でオリンピック日本人初の金メダル獲得となった織田幹雄をはじめ、西田修平、南部忠平らが名門への礎を築いた。箱根駅伝にも第1回大会から出場。その後も種目を問わず日本陸上界の名選手を次々と輩出し、東京五輪にはマラソンの大迫傑、400mハードルの山内大夢、4×400mリレーの伊東利来也など早大出身者が出場している。

早大競走部は11月15日、ホームページを更新し、新しい学生幹部の発表を行い、第110代目となる新主将には男子110mハードルで今年の関東インカレを制した池田海が就任した。 池田は愛媛県出身。愛媛・松山北高時代から14秒07をマークするなど期待をされてきた逸材で、昨年には13秒71をマークすると、先述の関東インカレでは13秒66にまでタイムを縮めている。 池田はホームページで「臙脂を背負う覚悟の重さと早稲田大学競走部の代表である責任を強く感じています」とコメント。「競走部で学んだことを活かしてそれぞれが社会を牽引する存在になることを私は強く願っています。まずは自分自身が体現できるように精進いたします。」と決意を語った。 長距離主将には伊藤大志が就任。1年次から学生3大駅伝に出走し、箱根駅伝では2年連続で山上りの5区を担当し、今年2月の丸亀ハーフマラソンでは1時間1分50秒と快走した。今季の駅伝でも出雲、全日本で好走を続けており、箱根での活躍も期待されている。 また、女子主将は3年連続で関東インカレ100mに3年連続で入賞している鷺麻耶子が就いた。 このほかスタッフも発表され、大前祐介氏が引き続き監督としてチームを指導。花田勝彦氏が駅伝監督を務める。 早大競走部は大正3年(1914年)に創部。三段跳でオリンピック日本人初の金メダル獲得となった織田幹雄をはじめ、西田修平、南部忠平らが名門への礎を築いた。箱根駅伝にも第1回大会から出場。その後も種目を問わず日本陸上界の名選手を次々と輩出し、東京五輪にはマラソンの大迫傑、400mハードルの山内大夢、4×400mリレーの伊東利来也など早大出身者が出場している。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.20

エリヨン・ナイトンの暫定資格停止処分が解除 ドーピング検査陽性反応も「過失なし」で五輪選考会出場へ

6月19日、米国アンチドーピング機構(USADA)は、男子短距離のエリヨン・ナイトン(米国)の暫定資格停止処分を解除することを発表した。 20歳のナイトンは昨年のブダペスト世界選手権200m銀メダリスト。17歳だった21 […]

NEWS 五輪シーズンにキングとクイーンの座に就くのは!?丸山優真、山﨑有紀が連覇に挑む/日本選手権混成

2024.06.19

五輪シーズンにキングとクイーンの座に就くのは!?丸山優真、山﨑有紀が連覇に挑む/日本選手権混成

第108回日本選手権・混成競技が6月22、23日に岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行われる。パリ五輪代表選考会を兼ねた一戦の注目選手を見ていく。 男子十種競技の優勝候補は丸山優真(住友電工)。前回は7816点で初優勝 […]

NEWS マイケル・ジョンソン氏主催「グランドスラム・トラック」の詳細が発表! 1年間4試合のリーグ戦 賞金総額20億円のビッグイベント!

2024.06.19

マイケル・ジョンソン氏主催「グランドスラム・トラック」の詳細が発表! 1年間4試合のリーグ戦 賞金総額20億円のビッグイベント!

陸上界のレジェンドとして1990年代から2000年代に活躍したマイケル・ジョンソン氏(米国)の主催する陸上リーグの詳細が6月19日に発表された。「グランドスラム・トラック」と銘打たれ、25年に開始される予定となっている。 […]

NEWS 女子三段跳・森本麻里子が13m37w 右足首のケガから復帰戦は9位/WAコンチネンタルツアー

2024.06.19

女子三段跳・森本麻里子が13m37w 右足首のケガから復帰戦は9位/WAコンチネンタルツアー

6月18日、フィンランド・トゥルクで世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのパーヴォ・ヌルミ・ゲームズが開催され、森本麻里子(オリコ)が13m37(+2.5)で9位に入った。 昨年のブダペスト世界選手権代表の森本 […]

NEWS ジェイコブスが100m9秒92のサードベスト! やり投チョプラ85m97、110mHマクレオド13秒25でV/WAコンチネンタルツアー

2024.06.19

ジェイコブスが100m9秒92のサードベスト! やり投チョプラ85m97、110mHマクレオド13秒25でV/WAコンチネンタルツアー

6月18日、フィンランド・トゥルクで世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのパーヴォ・ヌルミ・ゲームズが開催され、男子100mでは東京五輪金メダルのL.M.ジェイコブス(イタリア)が9秒92(+1.5)で優勝した […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top