HOME 駅伝

2023.11.14

東海学生駅伝に女子・名城大らが登録 男子は連覇目指す皇學館大、全日本出場の名大など18校が登録
東海学生駅伝に女子・名城大らが登録 男子は連覇目指す皇學館大、全日本出場の名大など18校が登録

東海学生駅伝には女子の名城大や男子の皇學館大など前回優勝チームが登録

第85回東海学生駅伝出場校

皇學館大A
名大A
愛知工大
岐阜協立大
中京大
三重大
愛知教大
中部大
静岡大
名城大
南山大
愛知大
至学館大
名工大
日本福祉大
愛知学大
岐阜大
東海学園大

オープン参加
皇學館大B
名大B
皇學館大C
東海学連混成

広告の下にコンテンツが続きます

第17回東海学生女子駅伝出場校

名城大A
中京学大A
日本福祉大
中京大
静岡大
愛知教大
至学館大
静岡県立大
中部大

オープン参加
名城大B
中京学大B
名城大C
中京学院大C
東海学連混成

※11月15日に主催者より出場校の訂正がありました

東海学連は11月13日、第85回東海学生駅伝ならびに、第17回東海学生女子駅伝のエントリー校を発表した。 男子は前回まで6連覇を果たしている皇學館大がオープン参加のB、Cチームをあわせて3チームエントリー。11月の全日本大学駅伝で19位の名大のほか、愛知工大、岐阜協立大といったチームが登録された。 一方の女子は9校とオープン参加5チームの14チームが登録。第1回大会から優勝を続けている名城大や、全日本大学女子駅伝出場の中京学大、前回3位の日本福祉大なども出場を予定している。 大会は12月10日に愛知県知多半島を中心に行われ、男子は7区間63.5km、女子は5区間26.6kmのコースで争われる。また、男子の優勝校は来年度の出雲駅伝に東海学連代表校として推薦される予定となっている。

第85回東海学生駅伝出場校

皇學館大A 名大A 愛知工大 岐阜協立大 中京大 三重大 愛知教大 中部大 静岡大 名城大 南山大 愛知大 至学館大 名工大 日本福祉大 愛知学大 岐阜大 東海学園大 オープン参加 皇學館大B 名大B 皇學館大C 東海学連混成

第17回東海学生女子駅伝出場校

名城大A 中京学大A 日本福祉大 中京大 静岡大 愛知教大 至学館大 静岡県立大 中部大 オープン参加 名城大B 中京学大B 名城大C 中京学院大C 東海学連混成 ※11月15日に主催者より出場校の訂正がありました

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.22

Onがランナー向けのポップアップスペース「On Energy Hub」を日本橋兜町に3日間の期間限定でオープン!

「On Energy Hub」の詳細とタイムテーブル On Energy Hub ・開催日程:3月1日(金)7:30-21:30 / 3月2日(土)7:30-20:00 / 3月3日(日)9:30-16:00 ・開催場所 […]

NEWS ステップスポーツ神戸店 2月23日(金・祝)にグランドオープン!

2024.02.22

ステップスポーツ神戸店 2月23日(金・祝)にグランドオープン!

陸上競技用スパイクやシューズ、ウェアの販売でおなじみの「SteP SPORTS(ステップスポーツ)」が2月23日、兵庫県神戸市に「ステップスポーツ神戸店」をグランドオープンする。 同店は、1月14日までの営業となった「ス […]

NEWS 川嶋伸次氏が4月から創価大総監督に就任!東洋大強豪への礎築き、旭化成でも手腕 榎木監督と“師弟タッグ”

2024.02.21

川嶋伸次氏が4月から創価大総監督に就任!東洋大強豪への礎築き、旭化成でも手腕 榎木監督と“師弟タッグ”

創価大駅伝部は4月1日付で川嶋伸次氏が総監督に就任すると発表した。 川嶋氏は埼玉県出身の57歳。日体大時代に箱根駅伝6区区間賞など活躍したのち、1989年に旭化成入社。2000年3月のびわ湖毎日マラソンで2時間9分04秒 […]

NEWS 箱根駅伝“山の神” 今井正人が引退! 日本選手権クロカンでラストレース マラソンでも結果残す

2024.02.21

箱根駅伝“山の神” 今井正人が引退! 日本選手権クロカンでラストレース マラソンでも結果残す

トヨタ自動車九州は2月21日、所属する今井正人が2月25日の第107回日本選手権クロスカントリーを最後に現役を引退すると発表した。 今井は福島県小高町(現・南相馬市)出身の39歳。小学生の頃から野球少年だったが、小・中学 […]

NEWS 「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

2024.02.21

「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

東京2005世界陸上財団は2月21日、2025年9月に開催される東京世界選手権の大会ロゴデザイン選定委員会を開いた。 11月30日から1月15日までの応募期間で受け付けられた368作品から、要件確認を経て、予備選定会で絞 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top